茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高垣彩陽さんのコンサートに参加してきました。

relation of colors 大阪公演です。





追記から
セットリストは次のとおり。


1.overture
2.ソプラノ
3.光のフィルメント
4.Be with you
5.月のなみだ
6.The Sound of Music
7.Think of Me(ミュージカル「オペラ座の怪人」より)
8.遠き山に日は落ちて
9.Bright
10.Sound of Mind
11.Meteor Light
12.共鳴のうた
13.Brand New Smile
14.わたしだけの空
15.たからもの
16.君がいる場所
en1.消えないで…(TVアニメ「D.C.II S.S. ~ダ・カーポII セカンドシーズン~」12話ED)
en2.足並み揃ってselfish open heart!(TVアニメ「夜桜四重奏」館林水奈キャラクターソング)
en3.夢のとなり


全19曲。
overtureを除けば18曲。

意外だったのは。

NEWアルバムの曲ばっかりかと思ってたら。
ミュージカルの曲、キャラソンも歌ったこと。

サウンド・オブ・ミュージックは、何度も映画見た世代なので懐かしさたっぷりw
Think of meは始めて聴いたけど、最後の高音から低音まで一気に下るところはお見事でした。
遠き山に日は落ちては、エンディングのような安らぎで満たされて、ちょっと涙が・・・

キャラソンは初めて聴いた曲ばかりでしたが。
消えないで・・・は、ストーリーが全部浮かんでくるような、せつない曲でした。(アニメ見たことないけどw)
足並み揃ってselfish open heart!は、かなり好きな感じのハードなロックw
黒須さんのベースが効いてました!
この曲の作曲が、夢のとなりと同じく田淵さん!だったのは意外でしたが。
ただ、この後で歌う夢のとなりは、かなりきつかっただろうな・・・
でも、しっかり歌いきってましたけどねw


全体的な印象としては。

高音と低音の発声の切り替えが、CDよりもイイ感じになってた気がする。(特にアルバムの新曲が)
これが上手くいかないと、高音が裏声に「逃げた」みたいになっちゃうけど、違和感なく繋げられてたと思う。
コンサートに向けてイッパイ練習したんだろうか。
あるいは、CDが高音部を上手く録音出来てなかったのか?
いずれにしても、今回のライブの方が、CDよりも良かったです。

とにかく声が気持ちいい。
彩陽の声が、私の頭蓋骨のてっぺんから上下の奥歯の間までを震わせているような。
この声の気持ちよさは、ライブで体験してもらわないと絶対にわからない。
もしかすると、CDで聴くときも高級オーディオシステムで聴けば体感できるのかもしれませんがw

ダンスは、前回のコンサートよりもカッコよくなってましたね。
君がいる場所とか、とっても洗練されたと感じました。
もしかすると、ミュージカルを経験したことが関係しているのかな?

客席側はとっても落ち着いていて。
聴くときは座ってしっかり聴くし、盛り上がるときは立ち上がってペンライト振って盛り上がるし。
最前列付近の一部の人たちだけがやたら元気で、「これがスフィア界隈の盛り上がり方か・・・」と、ちょっとビビってしまいましたが。
基本、みなさん落ち着いた鑑賞態度でした。
むしろ、私の周囲は大人しすぎるっていうか、ペンライト持ってる人がいなくて!
コンサート開始からしばらくは、ペンライト振るのが憚られる状態でしたw


約2時間30分のコンサートは、ちょっと短い気もしたけど。
みのりんの3時間半とか4時間オーバーとかのライブを基準にするのが間違いか?w

声の気持ちよさに感動して、ちょっとウルッとしてしまうこともあったりして。
このコンサートに参加できた私は、絶対得をしてると思う。

ホントとにかく、高垣彩陽はライブで聴いてほしい!






追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2013/05/05 19:07】 | 高垣彩陽
トラックバック(0) |
通販で頼んで発売日には入手してましたが。
やっと聞けました。

1.overture
2.ソプラノ
3.Meteor Light
4.光のフィルメント
5.共鳴のうた
6.Be with you
7.Brand New Smile
8.月のなみだ
9.Sound Of Mind
10.君がいる場所
11.Bright
12.夢のとなり
13.たからもの
14.わたしだけの空

全14曲ですが、1のovertureを除くと13曲。
内、新曲は2、5、9、11、12の5曲。
後の8曲は、これまでのシングル曲&カップリング曲。

2曲目がアルバムリード曲で、石川 智晶の作品。
オリエンタルな曲調がらしいですが、なるほど、こういう彩陽もありですね。

一番お気に入りなのは、12曲目。
良いよっていうのは前にも書きましたが。
何度聞いても感動。
何にかっていうと、多分声に。
単純に声に感情を揺さぶられる。

他の曲を聴いててもそうだけど。
久々にオーディオルームが欲しいと思いました。
この声に包まれるような音響があればな、我が家に。

そんなアルバムです。

ただ。
もっと新曲聴きたかったな。

いや、損だとかそういうことじゃなくてね。

歌手 高垣彩陽の可能性を、もっと聴きたかった。
いろんな曲調、いろんな声の活かし方がもっと出来るんじゃないかと。

もっともっと聴かせてほしい。



まあ、今はとにかく、この声をライブで堪能したいです。






【2013/04/22 23:16】 | 高垣彩陽
トラックバック(0) |
休日にしかブログ書けないって(:_;)



ミューコミを聴きました。

彩陽が出てました。

で、Newアルバムから1曲聴かせてくれたのですが。

タイトルは「夢のとなり」

これは凄いですね。


UNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんが曲を提供してくれたそうですが。
この方が、彩陽の大ファンらしく。
いかにも彩陽の魅力と実力を知ってる人が書いた曲です。
と同時に、アーティストとして、高性能な素材を与えられて思う存分遊んでるw
そんな曲です。



これは、是非ライブで聴かなきゃね!





【2013/04/13 18:13】 | 高垣彩陽
トラックバック(0) |
イープラスさんからメールが届きました。

************************************
e+(イープラス)をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
○○○○様にお申込みいただいたチケットを下記の内容にてご用意いたしました。

公演名:高垣彩陽 2ndコンサートツアー2013~relation of colors~
会場名:グランキューブ大阪(大阪国際会議場)メインホール
席種枚数
<第1希望>
 抽選結果 当選
 公演日時:2013/05/04(土・祝) 17:00開場 18:00開演
************************************


ということで。

あやひ2ndツアー・大阪公演のチケットを確保しました!

この時期、みのりんのライブと重ならないか心配でしたが。
残念ながら?重ならないようだなと思って。


このブログでは何度も言ってますが。
私、好きなアーティストでもライブに行くことはなかなか無いです。
みのりんだけが特別なのです。

でも。

あやひだけは例外ですね。
別にみのりんと仲がイイからじゃないですよw

あの歌はライブで聴きたいと思うのです。
一昨年の12月、年末の慌ただしいスケジュールの中、がんばって1stライブに参加したのが懐かしいです。

待ってましたよ、2ndツアー!
さて、アルバムも買わなくちゃね~






【2013/03/02 23:51】 | 高垣彩陽
トラックバック(0) |
それでは感想を。

1 君がいる場所
 高垣彩陽さんをソロシンガーとして初めて知ったこの曲からスタート。みのりんが出演するオカルト学院のOPでした。昨年の某イベントで歌っていた映像を見たことがありますが、その時はかなり「堅いな」って思ったけど。今回は違いましたね。経験を積んだってことなのか。やっぱり来てよかったって思わせてくれる立ちあがり。

2 Be with you
 ファルセットとそうじゃない声(地声?)の切り替えが大変そう。難曲ぞろいのカバー曲と同じぐらい難しそうな曲ですが。彩陽の実力あっての曲。ライブでもファルセットが美しく響いてました。
 
3 光のフィルメント
 この曲はアニメ見たことなくて。でも彩陽の歌だから曲は聴いてました。いかにも声楽的なファルセットよりも地声的な発声が(君がいる場所以上に)強調されてる曲だと思います。で、CDで聴いた時は、ちょっと無理があるような気がして、それほど好きでもなかった(笑) でも、この日の歌はちょっと違った気がします。ライブで聴いて好きになりました。

4 All around me
 たからもののカップリング曲ですが。こんなにカワイイ曲だったのか。彩陽が踊りながら歌う姿を見ながら聴いたからでしょうか。こういうのも生で聴いて良かったってことになるのかな。

5 わたしだけの空
 彩陽が(共作ですが)作詞しているこの曲。MCでこの曲への思いを語ってくれました。これもコンサートに来たからこそ聞けたことで、この曲も以前より好きになりそうです。

6 Amazing Grace
 一旦下ろされた幕が再び上がり、スモークの中に彩陽の姿が浮かび上がりました。先ほどまでのバンドとは違い、ピアノ+弦のカルテットの伴奏で始まったこの曲。(この時点では)カバーアルバムで歌われた曲達を期待してやってきたので、遂に始まったって思いましたが。うーん期待以上でしたよ。生歌でこんなに歌えるんですね。いや生歌の方が迫力を感じました。歌声に包まれるようでした。

7 The Rose
 Amazing Graceは神々しさを感じさせるような曲と詩ですが、この曲は訥々と「愛ってね・・・」って語りかけてくれるような素朴なイメージが好きです。(イメージ間違ってる?w)

8 たからもの(コンサートver.)
 唯一カラオケで歌える彩陽の曲(笑)として大好きな曲なのですが。この曲の前のMCで震災のこともちょっと触れたりしたものだから。ちょっと違うイメージで聴いてしまって涙が。本来は卒業ソングのはずなのですが、「二度と会えなくなってしまった大切な人」を思う歌として聴くと「また明日って言えなくなるけど」って歌詞が、胸に突き刺さるようでした。でも、悲しいだけじゃなくて、彩陽の歌声が救ってくれるようで。実は、この曲を歌う時の彩陽の声が一番好きです。

9 Defying Gravity
 えーと。ラストの高音で伸ばすところが、ちょっと苦しそうで短めになっちゃったような気がしたんだけど、気のせいですか。あれであってるのかな?
 うーん、なんかですね。彩陽は上手過ぎて、ちょっとした違和感が気になっちゃうんですよ。座ってじっくり聞けるから余計に。あんまり楽しくない聴き方だなぁ・・・なんてことを考えてしまったのでした。

10 Meteor Light(「戦姫絶唱シンフォギア」ED)
 もうこれはとにかくカッコイイ曲です。アニメもカッコよさそうだな。彩陽のダンスもカッコよかったよ。ビシビシ決めるっていうか、ちょっとガツガツした感じ。いや好きなんですよ(笑)そんな彩陽が。

11 月の涙(「十三支演義~偃月三国伝~」テーマ)
 おじさん、ゲームには全く縁がないのですよ。このコンサートに来なければ、聴く機会なかった可能性大。すごく雄大?幻想的?なイメージが広がりました。

12 Time To Say Goodbye
 もうとにかくラストに向かって昇りつめていく曲だと思うのですが。最後のロングトーン。CDで聴いても凄かったけど。是非生で聴いてほしい。そのためだけにコンサートに来る価値ありです。

13 Oh Happy Day
 ウチのチハヤが昔合唱をやってましてね。大会に出るときは難しい曲ばっかり歌うんだけど。文化祭なんかだとこんな曲も歌ってくれました。映画「天使にラブソングを2」でも歌われた有名なゴスペル曲。コンサートだと会場も一緒に歌うのが定番ですが。彩陽と一緒に歌えるのを楽しみにしてました。もう目茶目茶大きな声で歌いました。まわりの人迷惑だったかなw

 で、これで本編最後の曲?!早いよ~ 多分1時間30分経ってないぐらい。


E1 キミが太陽(スフィアカバー)
 実は初めて聴きました。スフィアの曲は、あまり詳しくないんです。いやみのりん以外の曲はあんまり知らないんですw 
 MCでスフィアのメンバーへの思いを語ってくれました。仲間でありライバルであり。時に妬ましくもあり尊敬もする。そんなスフィアがあるからこそ、思い切りソロ活動も出来るんだろうか。
 多分、原曲はすっごく元気な曲なんでしょうね。この日はストリングスアレンジでしっとりと。彩陽の想いが染み込んでくるようでした。

E2 キグルミ惑星(はなまる幼稚園・柊キャラソン)
 MCで「声優としての・・・」って言葉がでた瞬間に、キタ!って思いました。歌って欲しかったけど無理かなとも思ってたので、うれしかったな。
 キグルミ惑星を生で歌えるなんて、実際にこうして聴くまで信じられない気持もありましたが。キャラ声から切り替える間隔が短いので、凄く喉に負担がかかると思うんだけど。見事に歌ってましたよ。しつこいけどスゴイとしか。
 でも、この日驚いたのは、寧ろ柊のキャラ声で歌うところが、CDよりも演技が丁寧っていうか、表現が細かいって言うか、キャラソンでこれだけ感動&驚きをくれるなんて。ホント凄いよ彩陽(しつこいけどw) 
 そしてバンドの演奏にビックリ。特にドラム。メッチャパワフル。そして女性だから余計ビックリですよ。

 で、おじさんは、ここがこのコンサートの山場だと思ってたんですよ。ところが・・・


E3 君の知らない物語(カバー)
 化物語の曲ですよね。おじさんホントアニメに疎くて、これも見たことないんだけど。この曲は知ってます。ある人がカラオケで何度か歌ってくれたのですが、とっても印象に残る曲だったので。原曲も何度も聴きましたよ。
 で、彩陽って、こういうロックっぽい曲でも魅力的なんですね。ひょっとしてスフィアで歌う時はこんな感じなの?もしかすると原曲より好きかも。
 しかし、会場の盛り上がりは凄かったね。1階は特に。みんな、ピンクのペンライト持ってきてたんじゃないか。

E4 リフレクティア(カバー)
 さらに。true tearsの曲ですよね。おじさんでも知ってるよ。でも、みんなの反応はそんなもんじゃなくて。この日最高の盛り上がり。っていうか泣いてる人多数。今度アニメ見てみます。
 しかし、君の知らない物語といい、私があまり聴いたことのなかった彩陽の歌の魅力を知ることが出来ました。良かった。

E5 You Raise Me Up
 ラストはこの曲。
 しかしホントタフだな。キグルミから3曲連続してロック・ポップス系の盛り上がる曲を歌って、すぐにこの歌歌えるなんて。しかも、発音がCDよりも良くなってる気がする。練習したのかな。気のせいかな。
 そのせいか、あらためて詩が深く伝わってくる気がしました。
 そして、ラストの声の伸びは、もう引き込まれるっていうか、どこまでも昇っていきそうでしたよ。



東京公演は映像化されるって言ってたけど、大阪公演は映像化とか無しなんですね。
アンコールは、だからこその特別な選曲だったのかな。


生で聴きたいとずっと思ってた彩陽の歌声。
やっぱり聴きに来てよかった。
しかし、東京、大阪の2回だけってもったいないよね。 
もっと聴きたい。
早く次のコンサートを!
次も絶対行くよ~



【2011/12/30 21:50】 | 高垣彩陽
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。