茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<11月18日>

さいたまスーパーアリーナから歩いて15分くらいのホテルを出発。
会場に到着したのが午前6時ごろ。
自分としては、みのりんライブ史上最速で到着!
サマキャン4では秒殺になっちゃったレディースTシャツをゲットするために、早く来た!

つもりでしたが。

私が到着した時には既に数百人規模(もしかして1000人以上?)で並んでました!!

どうも徹夜した人がいるみたい?
あるいは夜行バスが早くついた?
そして5時5分ごろ到着の始発電車が着いたとたんに大量に並んじゃったようです。
既に、ゆーさくさん、さいくにさん、ひかりん、美宇さんなど、おなじみのみなさんも並んでました。

もし、レディースTシャツの販売数がサマキャン4並みに少なかったら、絶対買えないよ~

そして寒い!!
寒いのに、ヒートテックタイツを履き忘れ!!

と、不安な1日のスタートになってしまいました。


そして10時30分、やっと物販が開始されましたが。
私がグッズ買い終わったのが12時半。
長かった~
でも、待ってる間に、いつもブログを訪問させてもらってる恵梨さんに、初めてご挨拶できました。
全く初めて会えたのだけど、想像どおりのおしゃれさんな女の子だったよ。
待ち時間が長かったから探し出すことが出来たのかもね。
つらい待機列にも、たまには良いことがあるね。

でも、無事にレディースTシャツが買えて一安心。
6時到着で、やっと12時半だから、グッズ買えなかった人もいるんじゃないのかな?

ちなみに、グッズ買ったあとでミノリクル(ガチャガチャですねw)やったら。
1回目で、家族へのお土産に欲しかったシュシュをゲット!
やった~と喜んで、2回目を回したら。
「大当たり」をゲット!!
特製フラッグをいただきました!
みのりんがステージで使うフラッグと同じデザインなんだそうです♪

グッズ関係がやっと終わり。

続いては、みのりんの衣装展へ。
みのりんの過去の衣装が展示されているのですが。
サマキャン以外は、ほとんど展示されていた印象。
しかし、小っちゃいね、みのりん。
そして、細いよ、みのりん。
特に、最近の衣装はほんと細いし。
衣装自体の面積も小さいっていうか、露出が多い感じ。
それと、細かい部分の装飾品(ボタンとか?)が見れたのは面白かったですね。

衣装展を見終わって、みなさんが集まってるあたりに戻ると、もうたくさんのお馴染みの方がいて!
もう書ききれません!

そろそろ、お昼ご飯を食べましょうってことになり、milwayさん、リコピンさん、シュウさん、けーいちさんと一緒にお蕎麦屋さん?に。
この日初めて、ゆっくり座って、ノンビリお話出来ました。
milwayさんとリコピンさんからは、神奈川名産のお菓子をいろいろいただきました。

食事が終わって会場に戻ってきたら、もう開場時刻になってました。



ライブが終わったら、打ちあげ!
参加者48人だってw
お店に移動する様子が、修学旅行みたいでしたww

お店の中では、人数が多すぎて、いくつかの部屋に分かれたので、お話できなかった人も多かったけど。
みるさんに初めてご挨拶できたりして、うれしかったことも。
一方で、みのりんファンのおじさんクラスタの中でも、どうも自分がトップクラスの年長らしいことを確認して\(^o^)/


この後さらにカラオケにも参加したのですが。
やっぱり人数が多いので、3つの部屋に分かれることに。
私は、その中の睡眠部屋wに入って、もっぱらがちゃさん、ずんださん、キヨぴーさんたちと、この日のライブのこと、みのりんのことなんかについて、語り合ってました。
結局、深夜3時になって、私は途中リタイアして、みなさんとお別れしました。



楽しかったなー

ライブも最高でしたが、ライブ以外も楽しいことだらけでした。
物販は予定通り買えたし。
ミノリクルは希望通りどころか、大当たりの特製フラッグまでもらったし。
衣装展も見れたし。
恵梨ちゃん、みるさんなどなど、ご挨拶出来た人もいたし。
みんなで民宿にとまったサマキャンを除けば、みなさんと交流できた時間もたっぷりあったし。

いやー満喫しました。
やっぱり、記念すべきバースデーライブってことで、みんなが大集結したからかな?
また、こんな機会があればいいな。



<おまけ 11月19日>
月曜日の朝。
大宮から新幹線に乗って帰ったのですが。
大宮駅前のそごうで、お土産を買いました。
さいたま名産の十万石饅頭っていうのを買ったのですが。
そのお店で、こんなお菓子を見つけて、思わず買ってしまいました。

ハニワ

「踊るはにわ」って言われたらね~w






スポンサーサイト

【2012/11/28 01:24】 | SSAバースデーライブ
トラックバック(0) |

いぇいいぇい!
恵梨
バースデーライブ、お疲れ様でした!

私もユッきぃさんとお話しできて、とっても嬉しかったです!
おしゃれな女の子だなんてまたまたー!!
直接お会いしたのは初めてだったのに、
初めてじゃないような、不思議な感覚がしました。
なんだか安心して、たっくさーんしゃべり続けてしまいました><
マシンガントークでごめんなさいっ!

またみのりんライブでお会いできますように♪


Re: いぇいいぇい!
ユッきぃ
>恵梨ちゃん

> バースデーライブ、お疲れ様でした!

お疲れ様~

> 直接お会いしたのは初めてだったのに、
> 初めてじゃないような、不思議な感覚がしました。

おじさんが話しかけたら、引かれちゃうんじゃないかと心配しながら、勇気を出して話しかけましたw

> なんだか安心して、たっくさーんしゃべり続けてしまいました><
> マシンガントークでごめんなさいっ!

みのりん大好きな人の話を聞くのは楽しいです!
いっぱいお話聞けてうれしかったです。

> またみのりんライブでお会いできますように♪

いつになるか分からないけど、またどこかで(^O^)/





コメントを閉じる▲
<11月17日>
 朝から新幹線で東京へ。

そして、いきなり、今回の遠征のクライマックスその1が。

お昼に代々木駅でmilwayさんと待ち合わせ。
お昼ご飯を食べてから、スタジオへ。
milwayさんのドラムを聴かせてもらいましたが、私のために、みのりん曲ばかり演奏してくれました。
スタジオに入るのが初めてだったので、かなりおもしろかったです。

ただ、1時間しかなかったのが残念。

スタジオを出て、今度は信濃町駅へ。
某寿司屋さんで開催される、キャンディさん、ガチャさん主催の前夜祭に参加するためですが、かなり時間が早かったので、喫茶店に入ることに。
ケーキセットを頼んで、ノンビリお話をしてました。

みのりんのことはもちろん、日常生活のことなんかもユルユルとお話ししましたが。
SAL武道館公演で初めて会ってから2年以上になりますが。
こんなに長い時間、お話したのは初めてだったのですが、とっても真面目だったなー
今の若者は、みんな真剣に生きてるんだなー
と、おじさんは感心しきりですよ。

また、こんな機会があればいいのだけれど。


夜になって、前夜祭の集合場所になってる信濃町駅の改札前へ。
徐々に集まってくる参加者のみなさん。
24人だって!
まだ、ライブ前日なのにw
もうね、参加者多すぎて、覚えられませんww

早速、お店に移動しましたが、「じゃあ、店に移動します」って言っただけで、何故みんな迷わず某寿司屋さんに向かうの?w

で、宴会が始まりましたが。

人が多すぎて、名前思い出せませんwww

カニが1匹まるごと入った鍋は覚えてるけどw
大将が出してくれた、美味しい日本酒もw

すいません。
この日の前夜祭の描写はこれが限界ですwww

前夜祭終了後は、さいたま新都心にとってあるホテルへ。
何度も乗りかえして、さいたま新都心駅に到着。
前夜のさいたまスーパーアリーナの姿を眺めてから、ホテルに向かったわけですが。
駅からSSAのあたりに、みのりんファンらしき人がたくさんいて。
「何?下見に来てるの?まさか徹夜は禁止だよね?」
と甘いことを考えていたわけですが。

翌朝、あんな大変なことになってるとは・・・



つづく






【2012/11/27 01:12】 | SSAバースデーライブ
トラックバック(0) |
○スペシャル・ゲスト! そしてサプライズ!
 La la la☆を歌い終わり、あらためてCMBメンバーをステージに呼び込むみのりん。
そして、みのりんの口から意外なことばが。
「スペシャル・ゲスト」に登場してもらうって。
ゲストが来るとしたら、中盤のお楽しみ的なスペシャルコーナーだろうと思っていたので。
アンコール後の、全力ラストスパートにゲストが来るとは。
そして、呼び込まれたゲストとは。
ケニー、ガンちゃん、大ちゃんの3にn
「ケニぃーーー!!!グァンちゃんっ!!!どぅあいちゃぁ~~~ん!!!」
両手の拳を突き上げて叫ぶ私wwwww
やっったぁぁーーーー!!!!!
最高です!
最幸のスペシャル・ゲストです!

実は、ちょっと想像したりはしてたんです。
CMBオールメンバーの揃い踏み。
でも、今年1年かけて築き上げてきた新たなサウンドを重視して、現行メンバーで通すのかな?と思ってました。
そして、アンコールまで来た時点で、ケニーたちの登場は全く頭になかったもので。
余計に驚きうれしくなりました!


そして、ALL CMBメンバーの演奏でLush march!!を歌うことに!
よーし、旗だよ旗~~~

って、旗を構えようとしていると。

いつものラシュマみたいに、ドラムがマーチのリズムを刻むイントロが始まらない?!
左右のスクリーンには、みのりんへのサプライズのために、事前に配布された白のサイリウムを点灯するように促すメッセージが!
そして始まった、お誕生日定番のあのメロディー!
ALL CMBが伴奏を奏でる中、会場全員で、みのりんへのハッピーバースデー大合唱のサプライズ!

突然純白に染まるSSAで何がおこったのかわからず、とまどう表情のみのりん!
そして次第に涙をこらえるような表情に変わっていくみのりん!!

みのりんのために、ケニーのリードでハッピーバースデーを大合唱するなんて。
こんなにうれしいサプライズに参加できたのは初めてかも!

しかし、全然練習してないのに、急に旗から白リウムに持ち帰るみのりんファンって優秀すぎるでしょwww

そして、リハーサルに引き続き2回目らしいバースデーケーキが登場して、この日最大のミッションは成功裡に終わったのでしたw


○コーラス
 サプライズも無事に終わり、今度こそ本当にLush march!!。
トリプルギター、ツインドラム、ツインキーボードで総勢9人のALL CMB。
巨大なSSAのステージでも所せましと動き回るフルメンバーが奏でる分厚い演奏の中で歌われたのですが。
その中でも、一際耳に心地よいあの音。
いやあの声!
ケニーのコーラスが聴こえてきて。
あーこれだ!って思って。
そしたら、知らないうちに涙が流れてて。
それはもちろん懐かしさもあるのだけど。
このラシュマの心地よいケニーのコーラスは、きっとまだ何かが足りなかったみのりんのボーカルを、しっかりと支えてくれていたはず。
CMBのメンバー交代には、そんな確かな支えからの卒業って意味もあったんだよなって思って。
そんなみのりんの気持ちを想像したら、余計に泣けてきたような気がする。
もちろんケニーだけじゃなくて。
旗振りをリードしてくれるような、ガンちゃんのドラムの盛り上げ方大好きです。
サマキャン3のときのラシュマの長い後奏で聴かせてくれた、大ちゃんギターソロはキレキレでカッコ良かった。
そんな思い出も、過去の終わったことではなくって。
これから先も、いつでも呼んでくれってケニーは言ってくれたし。
ALL CMBは、これからもみのりんの支えなんだなって思えて。
続くTomorrow's chanceは、もうただただ最高に楽しくって、思いっきり掛け合い叫んじゃってました。

みのりんにとっても、ファンにとっても、素敵なサプライズでした。


○ひとひらの願い
 ケニー、ガンちゃん、大ちゃんの3人がステージを後にして。
また、6人のCMBに戻ってアンコール最後の曲になりました。
ひとひらの願い。
これまでのライブでも、みのりんからの感謝の歌がありました。
スローバラードが主だったと思いますが。
この曲は、ミディアムテンポで、ちょっと力強い。
みのりんの歌詞も、みんなの夢を後押しするように、強く大きく想いを込めたものに。
今後も歌われるかどうかは分からないけど。
思い出に残るエンディングになりました。


○そして、もう一回
 アンコール曲も終わり。
みのりんからの、「だーいすきっ!」も聞けて。
もう終わりのはずのSSA。
でも響き渡る「もういっかいっ!」コール。

そしたら、みのりんが出てきてくれました。
CMBのみんなも!
ケニー、ガンちゃん、大ちゃんも!!

もう一回歌ってくれる!

そしたら、もうこの曲しかないよね!

Freedom Dreamer

実は、この日はまだ一回もジャンプしてなかったんだけど。
だって腰が悪いから。ダメなのです。
でも、「みんなで跳ぶよーみんなで歌うよー」って言われたら!

はい、跳んじゃいましたw

なんか、ラスト、ケンケンもドラムたたかずに、ステージの前方で暴れてたようですがw
後でガンちゃんに謝ったそうですwww
あと、なおやんもベースにトラブルがあって、慌ててたそうですねw

会場全体が爆発した、熱いラストになりました。





そして時計を見たら。
8時半!
開始がちょっと遅れて4時15分ぐらいだったので、約4時間15分の長時間ライブになりました!
でも、そんな長さを全く感じさせない、楽しいライブでした。



ライブ数日前のこのブログで。
「武道館の感動+PARTY-Formationのお祭り感を期待してしまう。」
「SSAの見逃してはいけない感は、これまで以上なのです。」
と言ってた私ですが。

やっぱり期待通りでした!

いえ。

いつか聴きたいと思ってたLa la la☆が聴けたり、メグちゃんのカワイイwPVがフルで見れたりして、自分の知らなかったみのりんの歴史に触れることが出来ました。

いつか見たいと夢見てた、ALL CMBが全員そろったステージを、ビッグバンドみたいな賑やかさで見せてくれて、みのりんとCMBの絆を再確認させてくれたし。

期待以上でした!


みのりんの誕生日をお祝いするために集まった私たちですが。

みのりんから、たくさんの素敵なプレゼントをもらってしまいました。


バースデー用のライブというよりは、茅原実里の過去から現在までの全てを詰め込んだような、現時点で出来る最高のライブをみせてもらったような気がします。

正直、やりすぎというか、ここまでやってしまったら、次どうするの?って思います。
今回、解禁された情報に、次のアルバムやツアーがなかったことで、余計に心配してしまうのですが。


でも。


今回のバースデーライブが、私の期待なんて軽々と飛び越えてくれたように。
次なるみのりんのライブは、きっと、みのりんの新しい魅力を見せてくれるのだと思います。


NEXT ONEに期待しましょう。



あらためて。


みのりん、お誕生日おめでとう!

そして、最高のライブをありがとう!






【2012/11/25 01:16】 | SSAバースデーライブ
トラックバック(0) |
○La la la☆
 アンコールで再び出てきてくれたみのりん。
グッズの黄色Tシャツに、デニムのロングスカートです。
が。
CMBが出てきません。
そのまま、真ん中の花道の前方へ。
用意される椅子と譜面台。
そしてアコースティック・ギター。
そう、弾き語りをしてくれるのです。
やた!一等星(私の大好きなw)!
かと思えば。
La la la☆を歌ってくれるって!!!

バースデーライブ翌日のこのブログにも書きましたが。

2年前の2010年9月のこと。
minorhythmを読み返す中で見つけた、この記事。
La la la☆

当時、このブログでは軽く触れただけです。
La la la
いつか聴いてみたいけど、路上ライブ時代の自作曲なんて、もう聴く機会は無いんだろうなー
って思ってました。

それが今現実に、しかもSSAっていう大舞台で弾き語りで歌ってもらえるなんて。
本当に予想できませんでした。
驚きと喜び、そして静かな興奮の中でその歌に耳を傾けました。

その曲は、今のみのりん楽曲のような凄さは無いけど。
でも、私の大好きな一等星と同様に、素朴にみのりんの想いを語っていました。
そして、自作だけに、みのりんの声の一番無理のない、とてもよく響く声を使って歌われていました。
やっぱり、茅原実里個人の根っこにある音楽や声って、こういう曲なのかなって思いました。
その曲で、みんなで一緒にla la laで歌えるなんて。
幸せな時間だなと思いました。

でも、きっと、みのりんは、私たち以上に幸せを噛みしめていたと思います。
みんながla la laで歌い終わった瞬間に「ありがとう」って言ってくれましたが。
その声は、ちょっと涙声で、普段聞いてるみのりんの声よりもちょっと低くて、でもちょっとあったかくて、少し大人な響き。
多分、今まで聞いたどのみのりんの声よりも、仕事ではない「茅原実里」に近い声だったと思います。

でも、今のみのりんは、それでも泣き崩れるようなことはなくて、しっかりと私たちの心に届くように歌ってくれる。

人と人との出会いの中で、夢に向かって精一杯に生きることの大切さ。
みのりんの、その思いの変わらなさ。

でも、アーティストとして人として成長したその強さ。

その全てが表れた、この日のライブの意味が凝縮したような瞬間だったと思いました。






みのりん、La la la☆を歌ってくれて本当にありがとう。








すいません。
1曲だけで、ものすごく長い記事。

いったん、ここで切ります。
そして続く(笑)





【2012/11/24 18:05】 | SSAバースデーライブ
トラックバック(0) |
○カメラワーク
 実は、みのりん楽曲の中で「名曲」度合ではトップクラスだと思っているMelty tale storage
みのりんの声の低音の魅力と美しいバイオリンの音色が絡み合う、この名曲を。
また、こうしてライブで聴けて幸せです。


に続いての暁月夜。

幕張以来ですが。
大先生のバイオリンが音を迸らせるような。
カッコイイ!の一言!!
そしてステージ後方の階段の上で、見つめ踊るみのりんが悩ましい!!
その様子を大先生の肩越しに写す映像が、ステージ左右の巨大モニターに!!
今回の映像は、スパースシャワーTVプラスとNOTTVで放映されるそうですが。
いつものDVD&BDのスタッフとは別なのかな?
何かの物語を感じさせるような、素敵なカメラワークでした。

○ド派手!
 ここでインスト。
PARTY-Formationでは、なおやん作曲のポップなナンバーで、超盛り上がりになりましたが。
今回は、それよりはちょっとロックかな?
みんなでノリノリっていうよりは、少し聴かせる方向に振ったのかな?
と思ってたら、演出がド派手でした。
左右に大きく開いた花道の先、一方に鍋ちゃん、もう一方に馬場ちゃんが立ってギター弾きまくるし。
中央の花道の先で、シホリーヌがショルキー弾きまくるし。
最後はド派手な爆発?!
サポートバンドのインストで、ここまでやるの?www
なんて思ってたら・・・

○これは強い!
 ステージ中央に突然現れたみのりん!
しかもなんかカワイイ衣装です。
メチャクチャキュートなアイドルっぽい衣装ですよ。
始まったのはSELF PRODUCER!!!
会場が一気にピンク色ですよ。
そして、馬場ちゃん鍋ちゃんと一緒にフロート(人力じゃなく電動なのでトロッコじゃないんだって!)に乗ってアリーナを一周です~
なんだかフロートがケーキのようにデコレーションされてましたが、みのりんの衣装もケーキのデザインなんだね。
実は、ケーキのフロートに乗るんだから、イチゴの被り物をしたらって案もあったらしくwww
見たかったですwwwww
幕張とは違って、スタンド席後方からでもよく見えましたよ~~~
しかし、SELF PRODUCERって、ライブで聴くと「強いな~」って印象です。
とんでもないパワーのある曲です。
ケンケンのドラムが、より一層パワフルにしてる。
事前にコールの練習はしていったんだけど。
正直、今回は客席側のコールは、完全に曲に負けてました。
続けて歌ったHYPER NEW WORLDは、コールも完璧で、会場全体が一体になった力強さと楽しさのある曲ですが。
SELF PRODUCERも、客席側のコールの熟度があがってくれば、それに負けない、いやそれ以上にパワフルでハッピーな曲になりそうな気がします。
みのりんライブの新たな代表曲が誕生したのかもしれませんね。

○今だからこそ
 ここからバースデーライブならではの、ちょっとお楽しみコーナー。
みのりんのデビュー曲、負けない~一途バージョン~
声優としてのデビュー作「天上天下」の曲です。
原曲も聞いたことがあるのですが。
実はそれほど感じるものはなかったのです。
ところが、サマキャン2で聴いたときには、いい歌だなと思ってしまって。
曲調は、オジサンには懐かしい80年代後半~90年代初頭ぐらいのイメージ。
正直、現在のみのりん楽曲に比べたら、そんなに難しい曲ではないように聴こえるんだけど。
でも、みのりんの声にはあってる感じ。
そして、現在のみのりんの歌唱力や声の太さがあるから、すごく聴かせる曲になってる。
今だからこそ、歌ってほしい曲になってると思うし、そんな曲を今SSAで歌うことが出来るなんて。
これも、あきらめずに歌手活動を続けてきたからだなーと思ったら。
またウルっとしてしまいました(/_;)

○カメレオンのように(笑)
 続けて懐かしい曲が!
まさかの魔女っ子メグちゃんです!!
しかも、当時のPV映像を巨大モニターで映しながらw
さらに、生で歌うみのりんも、当時と同じダンスを踊ってくれるとはww
実は、この日はモニター映像を極力見ないようにしていたのです。
やっぱり生でしか見れないものを自分の中に刻み込みたいし。
映像は絶対に後日発売されるはずだと信じてたので。
でも、メグちゃんのPVは見たい!
生で踊るみのりんも見たい!
結局、右目で生みのりん、左目でモニターみのりんを見てました!!
範馬勇次郎と戦う愚地独歩のようですwww
しかし、みのりん自身も言ってましたが。
言われなければ同じ人だとはわからないですw
もちろん昔のみのりんもカワイイんだけど。
でも原石。
今のみのりんは、磨かれて輝く宝石ですね。
ダンスも久しぶりに思い出して踊ってるはずなのに、今の方が上手いと思います。
多分、ダンス以前に身のこなしというか立ち居振る舞いが、自身に満ちたキレのある動きなのかな。
過去のPVを見ることで、今のみのりんが登りつめてきた「高さ」を感じられたような気がします。

○眩暈がするほどの
 そんな歌手 茅原実里の誕生を振り返らせてくれた、2004年のデビューアルバム「HIROINE」のリードトラックに続いて。
突然、鳴り響く「今」のサウンド!
そう、今年2012年に生まれた最新アルバム「D-Formation」のリードトラックDream Wonder Formation
みのりんが8年かけて登りつめてきた高みを一瞬で駆け上がるような感覚!
あまりの急上昇の高さに眩暈がするほどでした。

○すごいよ、みのりん!
 その一言に尽きます。
ライブ終盤を畳み掛けるように盛り上げてくれた3曲。
ZONE//ALONE、TERMINATED、Paradise Lost
茅原実里の「今」の代表曲たち。
そして3曲ともがアニソン。
すごいよ!カッコ良すぎるよ!みのりん!!

○生まれる明日のメロディ
 そして本編最後の曲。
やっぱり、この曲!
「究極の前向きソング」っていう勝手な代名詞が、(私の中でw)完全に定着してしまいました。
アーティストとして、人として。
力強く成長したみのりんから、私たちへの応援歌なんだけど。
この日、みのりんの誕生日をお祝いに集まった私たちへの、最高の「お祝い返し」だったな。
みのりんライブの最後を飾る定番曲に成長していって欲しいな。
いや、必ずそうなると思います。






うーん。

ダメです。
長すぎる。

今日も、感想は完結しませんでしたw

続きは、また明日。







【2012/11/22 23:42】 | SSAバースデーライブ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。