茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mssアコステのことを、まだブログに書こうとしてるw
私ぐらいのものでしょうか?w


ライブ当日の朝起きたら、メチャクチャ寒かったので。
やっぱり、早朝から並ぶのは諦めましたw

結局、会場のなんばHatchに到着したのは11時30分ごろ。
でも、物販列は多分300人ぐらいしかいなかった。

列の中に知ってる人はキヨPさんぐらいしか発見できず。
しばらく並んでたら、後ろにしべりんを見かけて。
さらに、列から離れた場所にかくたんを見つけましたが。
かくたんは、この程度の列なら14時ごろに買いにくるって。

かくたん正解!です。
とにかく寒いんだもん。
過去のなんばHatchの記憶は、あまり寒くなかったので甘くみてました。
これまでは11月だったけど。
今回は2月!
メチャさむです!!

しかも。
結局12時に物販開始で、13時には購入完了してたもの。
というか、13時には列が消失してた!
これなら、後でゆっくり買いに来た方がよかったよね。

売り切れは、チャリティ・リストバンドぐらい。
物販の出口から、チャリティリストバンドが売れていくのを眺めていましたが。
あっという間に後6個になり。
キヨPさんが即ツイートしてみんなにお知らせしたら。
すぐに2個売れて後4個になったって周りに教えてあげてたんだけど。
振り返ったら、なぜか11個に増えてた!
もしかして、無い無い商法とか?
残りを掻き集めてきたようですがwww
その後、即売切れてました。

あ、クラスタシアのCD&色紙もライブ前に売切れてた。
私は、色紙ゲットできましたよ!
クラスタシアCDと色紙

みのりんのCDも買って、みのりんのブロマイドももらいました。
もう買うCDが無いかと思ってたけど。
ありました!
ゆりーむコロッケとブロマイド
百合~むコロッケwww

あ、プログラムはやっぱり女神でしたよ~
プログラム


物販終了後は、数名でお好み焼きを食べて。
会場に戻る途中で、ビッグカメラに寄ったりしてたのですが。
この寄り道のために、後でちょっと残念なことが。

会場に戻ってくると、つよりん発見!
当然、バーグさんも一緒かと思いきや。
一旦、赤ちゃんを預けに行って、後で戻ってくるらしい。

しまったね。
赤ちゃん見たかったのに~
まあ、久々にバーグさんに会えてよかったけど。
しかし出産して若返った?
お肌つやつやになってる気が?
まあ元気そうでなにより。

短い時間だったけど、前回のFCイベ以来の再会に満足して会場内に入っていきました。



ライブ後。
着替えたりして(ヒートテック着たりしてたのさ。外寒いからw)会場出口に戻ってきたら。

もうほとんど、人が居なくなってた!
みんなカエルの早!
さらに終焉後30分ぐらいで会場の扉がしまってましたよ!
ちょっと、普段ないような速さで撤収完了。
スタッフ側も急いでいたのかな?

結局、大規模な打ち上げとかはなく、その場に残った数名と、梅田で晩ごはん食べて帰ったんだけど。

今回のライブ、参加者が700名程度と少ないせいか、顔見知りは少ないなと思ってたのに。
それでも、くぼりん、ゆーさくさん、ぽむさん、みのむしくん、いとんくん、ふおんくん、そのほかにも何人もお会いできて。

お昼ご飯も、晩ごはんも、結局一人ぼっちになることはなくて。
みのりんのこと、ライブのこと、いろいろお話できたし。
本当にありがたいなーと思いました。

また、次のライブのときも、よろしくお願いしたいです。

でも、肝心の次のライブの日程は、いつ発表されるのかな~







スポンサーサイト

【2013/02/24 22:54】 | m.s.s Premium Acoustic Live
トラックバック(0) |


あげたこ
おおお!いつもの大阪公演の時のメンバーだっw
バーグつよりん夫妻もおいでたとはっ!
赤ん坊でかくなったかなぁw
みんな元気にしてただろうか・・・。
ツイッターでは時々見かけどもお仕事とかの方が
つぶやき多いですからねw
馴染みのあるメンバー同士での食事会もよかったですねっ
またみんなと同じ時を過ごせる日を待ちわびてますっ(*´д`*)

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

Re: タイトルなし
ユッきぃ
>あげたこさん

そうそう。
いつものみなさんが元気そうでなによりでした。
あげたこさんがいないのが残念だったよ~
また、どっかで会えるといいですね!

コメントを閉じる▲
今回のライブ、とにかくMCが楽しかったw

ライブが始まったときは、みのりんが凄く緊張した表情に見えたんだけど。

最初のメンバー紹介で、
「ヴァイオリン室屋光一郎さん、チェロ向井 航さん、ピアノ阿部篤志さん、ギター鈴木直人さん、ベース竹下欣伸さん、ドラム&パーカッション髭白 健さん」
って紹介したとたん。

みのりんがケンケンの方を振り返って、「ひげしろけんさんだって♡」
って、いきなり普段のみのりんに戻ってましたw


で、みのりんが、「メンバーのみなさんから一言」って言った瞬間。
向井さんの目がキラりんって光ってましたw

そこからの向井さんの話が長かったー
っていうか、途切れないw

日本最重量チェリスト、体重140キロ!
って言ってたけど、最近136キロに落ちたそうです。

でも、あとでクラスタシアの1stアルバム「偉大な芸術家への挑戦」(2006年発売)のライナーノーツ読んだら「130キロ」って書いてあったwww
増えてるよwww

で、体重が減った理由が、痛風。
食事を制限していたとか。(いや、普通に近づけただけ?w)
お医者様に「食べていいのは、トマトとエリンギだけ」と言われたそうで、プリン体の少ないものを食べるように気を付けたそうです。

で、それがクラスタシアっていう名前が決まる前に、グループ名候補に挙がったとか。
「プリン隊」だそうです。
さらに、Crustaceaも「甲殻類」って意味なので、プリン体がたっぷりな名前だったわけでwww



いつまでも、終わらなそうなところで、阿部さんのお話に切り替わったのですが。
阿部さん、とにかく男性が多いのが新鮮だと。
男ばかりのクラスタシアには、女性ファンが多いそうで。
いつも、女性の声で「あべちゃーん♡」って声をかけられるそうです。

そういえば。
以前、クラスタシアのライブに行った時のことを、このブログに書きましたが。
クラスタシア ~五周年のツボ~ アコースティックライブ in 神戸クレオール

「客層が、みのりんのライブと全然違います。年配の男性数名以外は、全て女性。ちょっと知的なお姉さんっぽい方ばっかり。」
「女性のみなさんは、涙が頬を伝う人もいて、大先生をうっとり見つめてるって感じで。」

って書いてましたねw


でも、阿部さんがそういったら、「アベチャーン!!!」って野太い男の声が多数かけられてましたw
阿部さん、苦笑いしながら、野太い歓声を掻き消すようなジェスチャーをしてましたwww
でも、ちょっと嬉しそうにも見えたけどね。



次のMCでは、みのりんが近況をお話し。
と思ったら、いきなり「最近の近況を」って言っちゃって。
「同じじゃん!」って自分でつっこんでましたがw

しかし、この頃のみのりんは、自分から近況を切り出しますね~
喰霊ラジオのころ、近況は難しいーって悩んでたことを思うと、すごい進歩だよねw

ところが。
「近況と言えば、イカですよ」だってwwwww

ブログにも書いてた、NHKのダイオウイカの特集が気になってしょうがないそうですw

て話をしだしたら。
向井さんが、うれしそうにマイクをつかんで食いついてきましたw
「それ、食ったら何人前になるんですかね?」って!
面白すぎるよ~

しかも、いつまでもイカの話でみのりんとしゃべり続けるの。
なんか向井さん楽しそうだな。

多分、いじりがいのあるオモチャ(天然キャラ)を発見して、うれしくてたまらなかったんでは?w
大先生が話を止めるのに大変そうでした。



そして次のMCは、これまでのFCイベントの思い出を話してくれたのですが。
2回目の富士登山は、瀬野さんが登るの遅くて大変だったと。
はあはあ息を切らしながら、みのりんのお尻をビデオカメラで映し続ける様が変態のようだったとwww
変態ってw

この時、ベースの竹下さんが、メチャクチャ笑ってましたねw
オールバックで渋く、カッコよくきめていた竹下さんですが。
腹かかえて笑ってましたw

そして、4回目のPlanet PatrolのPV撮影の話になった時。
またも、向井さんの目がキラリ!
大先生がムロブルーに扮してPV撮影に参加したなんて聞いていなかったって。
見てみたいって!
「いいなー自分だけ~」だって!
向井さんも出たいそうです!
大先生が「向井くんなら閻魔大王とか」「お弁当2個で引き受けるよ」って言ってました。
向井さんは「いや、1個でも!」だそうです。
さらに、ケンケンは出てないと聞いて、「ひげホワイトとかで出ればいいのに」ですってwww

あ、旗も振りたいって!!ww

もう、おなかよじれるほど笑ってしまいました!


MCが、ずっとこんな調子で進んだため。
この日のライブは、2時間30分もかかってしまいました。
アンコールも含めて全17曲だけで、みのりんの衣装替えも無しだったのにw
ちなみに、翌日の東京のライブは、同じ曲数で、特別な発表とかもなく、全く同じ構成だったにも関わらず、3時間もかかったそうですw
どんだけ喋ってるんですかwww


でも、ほんと面白いよな~向井さん。
もしかすると、白石稔を超える、「みのりんを面白くできる男」の出現かもしれません!
是非、また、みのりんのライブに出演してほしいな。

もちろん、いつものCMBのグダグダトークも面白いんだけどねw



ちなみに。

向井さんを初めて見たとか、クラスタシアのCDも聴いたことなく、向井さんのことを全く知らなかったって方もいらっしゃるかもしれませんが。

この方、ただの面白おじさんじゃないですからね。
関西フィルハーモニーのチェロ奏者の首席をされています。






【2013/02/21 00:44】 | m.s.s Premium Acoustic Live
トラックバック(0) |
昨日の続き。



9曲目のLush March!
Lush March!! じゃなくて、
Lush March! です。
!が一本少ないのは、旗がないから?w
実際、大先生が旗振ってません。
みのりんライブ史上初ですよ。
大先生、我慢できなくて旗振りだしたらどうしようかと心配してたのですがwww

この曲は、ある意味今回のライブで私が一番楽しみにしてた曲。
大好きなラシュマのメロディ。
大好きなみのりんの歌声。
その声に響きあうチェロの豊かな音色。
オシャレに軽快にマーチを進ませるピアノの煌き。
そんな素敵な音に、旗を振らずに身を委ねていました。

もう、最高です。

10曲目のPRECIOUS ONEは、一番原曲とのギャップを感じなかった。
元々原曲がシンプルでアコースティックに近いアレンジだからかな?
ただ、それでも曲から受けるイメージには、ちょっと違いが。
原曲は、東京の真ん中での別れの想いでをイメージさせるけど。
クラスタシアバージョンは、ヨーロッパの地方都市です。
それも霧の深い森の近くw

みのりんの歌声も、そんなしっとりしたノスタルジックなイメージに合わせていたように思います。
原曲よりも、もう少し切ない印象の曲になったような。

11曲目、Dream Wonder Formationは、もうおじさんの大好物な感じ。
ドラムとベースがガシガシ盛り上げて。
E.バイオリンが、ギャ~ンって唸って。
やっぱりフュージョンだよね、コレ。
結構ポップだし、派手だわ。
みのりんの歌声も、ひたすらカッコよく感じられました。

続く12曲目、蒼い孤島も、さらにギンギンギラギラ盛り上げてくれるんだけど。
こちらは、阿部さんのピアノスゲーなーって思いました。
実は、私の席からは、阿部さんの手元は見えず背中だけでしたが。
それでもカッコ良かったよー

ところで。
蒼い孤島って、個人的には、本能のまま愛に生きようとする女性の情念。
というか怖さというかw
そんな曲だと思ってたのですが。
アコースティックな楽器中心のアレンジになると、ちょっとだけ高貴というか雅というか。
美しさが増すように感じたのは、変でしょうか?w

13曲目のeverlasting...は、一転してアコステらしいしっとりした曲。
阿部さんの繊細なピアノがみのりんの歌声にいろんな表情を、陰影をつけてくれます。
この曲は、どうしても、涙で歌えなくなったParade追加公演の印象があるので。
こんなに美しく歌い上げてくれるみのりんに、ただただ感動です。

14曲目のTERMINATEDを歌う直前。
みのりんが、「盛り上がってね」って言ったのは。
いつもどおり立ち上がって、リウム振って、盛り上がって欲しいってことかな?
と思ったのだけど。
私自身は、この「大作」をライブで聴けるとあって、座ってじっくり聴き込む体制に入ってしまいました。
まあ、カッコ良すぎますよね。
通し道歌に入っていく部分の鳥肌感。
そこから、徐々にテンポアップしていく演奏に混ざり合いながら終盤になだれ込んでいくみのりんの歌も、CDより研ぎ澄まされてたと思う。
テンポアップしてくときのケンケンのドラムが素晴らしかったなー

で、ここから原曲に近いアレンジになっていくわけね!

と、思った瞬間に目覚めてしまいました。
実は、この日、キンブレⅩを持ってきていたのだけど。
この日のライブ中、全くそんなことは思い出さず、音楽に浸りきっていたのだけど。
(ほぼ)いつものタミネが始まる瞬間に、みのりんの「盛り上がってね」を思い出し、キンブレを思い出し。
立ち上がって振ってましたw


ここで本編終了。


でも、拍手だけのアンコールに、みのりんが再び出てきてくれました。
アンコールの1曲目は?と思ってたら。

みのりんが「私、大先生にお願いがあります!」

大先生が、思わず、プラネットパトロールのPVを思い出したそうですがw

クラスタシアの曲が聴きたいという、みのりんのリクエストに答えて。
「さくら」を演奏してくれることに!!
クラスタシアのオリジナル曲を演奏してくれるとは思ってなかったので、大感激です。

約1年半前の9月、神戸でクラスタシアのライブを見たときにも聞いていますが。
クラスタシア ~五周年のツボ~ アコースティックライブ in 神戸クレオール

その時は、クラスタシア3人だけの、完全アコースティックバージョンだったのですよ。
今回は、ベース、ギター、ドラムの入った編成で、ついに聴けるって大興奮です。
いやー凄かった!
演奏が終わった瞬間、この日一番の歓声を上げてしまいましたw
会場全体が、大歓声に包まれました。
オリエンタルな雰囲気の変拍子で繰り広げられる、圧倒的な迫力サウンド。
CDに収録されているものよりも、さらにド迫力でした。
実は、この日のライブ前に、物販でクラスタシアのCD1枚買ったのですが。
その時にもらった、クラスタシアのサイン色紙が宝物になりましたよ。


アンコール2曲目はSay you?
なのですが。
みのりん、歌いだしを間違えましたwww
ピアノに続いて入るはずが入れず。
阿部さん、しばらく弾き続けたけど諦めて、次第に変なメロディにw
そこに、ケンケンのパーカッションも合わせて、コミカルになったと思ったら。
みのりんが「ジャン!」ってwwwww
しかも、左手を上に突き出してポーズ取ってw
大先生も、「やっぱりいつものみのりん」と納得してました。

でも、歌いなおしたSay you?は、あたたかくてじんわりくる歌声でしたよ。
歌ってくれる機会が多くなかった曲なので、余計に感激。


ここで、サポートメンバーが退場して。


最後は、みのりん作詞作曲の「枯れない花」
この曲も、阿部さんのピアノから始まるのですが。
CDよりも、若干テンポ遅い?
というか。
この日って、みのりんイアモニしてなかたようだけど。
全体的に、リズムはクリックに頼らずに演奏してたのか?
それとも、この曲だけだったのか?
ケンケンが全く見えなかったので、よくわかりませんが。
この曲だけだったとしても、みのりんにとって刺激的な体験になったはず。

そういえば、Celestial Divaだったと思うけど。
出だしのアカペラのキーを確認するのに、大先生にバイオリンで音をだしてもらって確認してたような気がした。
なんだか、みのりんがホントにセッションしてるって感じで、ヨカッタなー

枯れない花って、みのりんがファンに向けたメッセージでもあり、自分に向けたメッセージでもあると思うけど。
童謡のようにシンプルで、でも力強いこの歌が。
どこまでも真っ直ぐで真摯な、みのりんの歌声が。
込められた想いをしっかり届けてくれたような気がします。




歌い終わったみのりんは、すぐに舞台袖に入ってしまったんだけど。
すぐに戻ってきちゃって。
エンディングを忘れてしまっていたようで。
あらためて、出演者全員で最後のご挨拶をしてくれたのですが。


みのりん、しあわせだったんだろうな。
段取りがとんでしまうぐらい。
すごく緊張もしてただろうから。
初のクラスタシアとのライブだもの。
あこがれの。

もちろん、私たちも幸せな気分で満たされたライブになりましたが。



たぶん、これってm.s.sの限定ライブだからなんだろうな。
この日集まったのは、ライブやイベントが好きな人ではなくて。
みのりんが好きで、みのりんの歌が聴きたいって人で。
だから聴き方も、戸惑いながらも、「自由に聴いてほしい」て言葉を真摯に受け止めて。
各人なりの方法で、真剣にみのりんの歌を聴いていた。
きっと、この人たちは、みのりんの歌を堪能できればいいのだと思う。
むしろ、普段から、じっくり聴きたかったのかも。

まさにファンクラブだなーと思いました。

だからこその幸せな音楽に満たされた空間。

ファンクラブのイベントにふさわしい、みのりんから私たちへのプレゼントだったと思います。






【2013/02/19 01:27】 | m.s.s Premium Acoustic Live
トラックバック(0) |
やっと実現しましたね。
みのりんの夢が。


セットリスト
1 Contact
2 詩人の旅
3 純白サンクチュアリィ
4 Melty tale storage
5 Dears ~ゆるやかな奇跡~
6 愛とナイフ
7 君がくれたあの日
8 Celestial Diva
9 Lush March!!
10 PRECIOUS ONE
11 Dream Wonder Formation
12 蒼い孤島
13 everlasting...
14 TERMINATED
en.1 さくら
en.2 Say you?
en.3 枯れない花


今回のライブほど、うまく書けない感想はないかも。

だって。

端っこの通路側とはいえ、2列目だったから、みのりんの全身が良く見えて。
オープニング、白いドレスのみのりんがライトに浮かび上がった瞬間に、いきなりウルウルしちゃったのでw
綺麗でしたよ。

良く見える席だったので、ずっと座ったまま聞いてました。
聴き込むというよりは、みのりんの歌声とクラスタシアの音色に「浸る」って感じ。
とっても気持ちのいい2時間半でした。
ただ、音楽そのものについて言葉として語れることがあまりないんですよね。
音楽的知識の無さのせいかな?w

1曲目、いきなりのContact。
やったー!!!
Unification3以外の曲を演奏してくれるかが楽しみだったんだけど。
いきなり来ました!
CDで聴いたとき、イントロにギターの音が入ってるのかと思ってたけど。
E.バイオリンのギタープレイだったんですね。
大先生、カッコ良かったです!

続けて、詩人の旅だったんだけど。
原曲に対する個人的なイメージとして、詩人はみのりんの声と弦がデュエットする曲。
弦はサポートではなくて主役の一人。
そんな詩人に、クラスタシアのインストバージョンに再度みのりんの声をのせたこの日の演奏は、詩人の旅の究極版。
そして、この演奏に溶け込むように歌う、みのりんがまた素晴らしい。

この盛り上がる2曲で始まったんだけど、ここまでで、多分、立ち上がる人ほとんど無し。
「多分」ていうのは、2列目だったので、後ろの様子がほとんど分からず。
今回、3列目中央あたりの人が、たびたび立ち上がってリウムも振ってた気がするけど。
とにかく、私は、後ろを振り返る暇もなく、音楽に浸りながらみのりんを見つめてたのでw

3曲目の純白。
最初のアカペラを歌うみのりんが、今までで最高に「女神」だったと思う。
あんな間近で見れてウレシイです。
クラスタシアと共演する緊張感と幸せが、にじみ出てるような表情。
そして、客席側も一緒に、その幸せに浸ってたと思う。
だから、PPPHもなかった(私に聴こえなかっただけかな?)

4曲目のメルティでは、セリフ部分が聞き取りにくかったのがちょっと残念。
D-Formationツアーの最初の頃にも、セリフ部分で同じようなことがあったけど。
歌とセリフの音量バランスって難しいものなのかな?
でも、ケンケン(あっ、髭白健さんかw)のドラムが凄かった気がするんだけど、私の席からは、ケンケンの姿がまったく見えず(/_;)

実は。
このメルティと続く5曲目のDearsが記憶が曖昧。
け、決して眠ったりはしてませんよ。
相変わらず、みのりんを凝視しながら聞き入ってたのだけど。
記憶に残るのは、ただただ心地よかったなーと。

あ、心地いいと言えば。
やっぱり、阿部さんのピアノは気持ちよかった。
冒頭のピアノの微妙なタッチが繊細で。
これがアコースティック・ピアノの魅力ですよね。
普段のみのりんのライブでは味わえない心地よさ。

6曲目の愛とナイフも待ってました!
この曲もみのりんのボーカル入りで聴きたかった。
向井さんのチェロと、みのりんの低音の豊かさというか張りのある声が、すごく良く合うはずだと思ってたので。
やっぱり良かった!

そして立て続けに私の聴きたかった曲!
7曲目は君がくれたあの日!!
大人なアレンジでカッコいいの。
ベースのノリが渋すぎます。
弾いてる竹下さんが、オールバックでまた渋いんだけど。

メチャクチャ失礼を承知で言えば。
原曲発売当時のみのりんには、多分歌いきれなかったと思う。
無くした恋への想いをストレートにぶつけるような、ロック調の原曲と違って。
ちょっと押さえて気持ちを滲ませるようなアレンジ。
でも、今のみのりんが歌うと、切ない大人の恋の終わりの歌になってたと。

そして、大先生のバイオリン・ソロがカッコよすぎる!
カッコいいとしか表現できない自分が情けないけど((+_+))
ホントにカッコいいのw

8曲目のCelestial Divaは、大先生の言うとおり。
クラスタシアの音楽を象徴するような曲でした。
ロック的な盛り上がりと、アコースティックの間を狙いたい。
でも、あくまで生の音にこだわってって言ってたとおり。
最初のアカペラが、原曲よりも優しくいたわるような表現に聞こえました。
それも、アコースティックな温もりとの繋がりなのかな?
でもケンケン(あっ、髭白健さんw)のちょっとラテンなパーカッションが産み出すノリは、やっぱりロックなそれで。

そう。
このライブって、アコースティックというよりは。
フュージョンだよね。
ジャズとロックじゃなくて、ちょっとクラシカルなアコースティックとロックのフュージョン。
もうね、私の大好物そうな音楽ですよw





なんだか、書けないかもと言ってた割に、また長い感想になってきました。
単に文書の整理ができてないだけか?

きょうはこの辺で止めておきます。
明日に続く。







【2013/02/17 19:30】 | m.s.s Premium Acoustic Live
トラックバック(0) |
昨日の記事にたくさんアクセスがあってビックリ。
みんなライブの見方で悩んでたのかな。
なのに全然参考にならない記事ですいませんでした<(_ _)>



明日はついにm.s.s限定ライブ。

SSA以来3か月ぶりのみのりんのライブ。
待ち遠しかったです。


どんな曲を演奏するのかな?
Unification3の曲だけではないよね?

Unification3 Melody feat Minori ChiharaCrustacea
1 TERMINATED
2 Dream Wonder Formation
3 Celestial Diva
4 Melty tale storage
5 純白サンクチュアリィ
6 Lush March!
7 everlasting...
8 蒼い孤島
9 Say you?
10 枯れない花

10曲しかないし。
歌は8曲しかないし。



Unification1&2の曲も歌入りでやってくれないかな。

Unification
1 純白サンクチュアリィ
2 愛とナイフ
3 Dears ~ゆるやかな奇跡~
4 君がくれたあの日
5 PRECIOUS ONE
6 Paradise Lost
7 sing for you

Unification2
1 Contact
2 詩人の旅
3 Melty tale storage
4 Sunshine flower
5 mezzo forte
6 蒼い孤島
7 一等星


まずは、君がくれたあの日を聴いてみたい。
あのベースのノリに乗っかって歌うみのりんが見てみたい。

それとSunshine Flower。
Nostalgicなアレンジで、みのりんがカワイイ歌を聴かせてくれそうな気が。

もちろん、パラロスや愛とナイフで盛り上がってもみたいし。

あるいは、みのりんの曲以外を歌う可能性はあるのかな?



いや、Unification3の曲だけでも十分満足なんでしょうけどねw



予想がつかないだけに、余計に期待してしまいますね。


いやー楽しみだなー♪






【2013/02/15 23:39】 | m.s.s Premium Acoustic Live
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。