茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書くのを忘れていたので。



サマドリ2日目。


ダブルアンコールの純白サンクチュアリを歌い終わったみのりん。

でも、泣いちゃって忘れていたのです。

いや、そこまで出来そうにない感じです。

曲の最後を締めるの。

ケンケンと目線を合わせて、じゃんっ!ってやるやつ。



終われない演奏の中、どうするのかな?と思ってたら。


まだ泣いているみのりんの後ろで。

なおやんが、そっと右手を握って終止符を打ってくれました。

それにあわせて、締めるケンケン。

でも、いつものような、シンバルを叩きつける派手な力強いエンディングではなくて。

タムタムを優しく撫でて、さらにミュートするように、そっと静かに終わらせてくれました。




そのエンディングの流れを見て、聴いた瞬間。

みのりんとCMBの信頼関係を見たようで。

独立が決まってからも変わらぬ、いや今まで以上のサポートをしてくれるだろうCMBの温かさを感じて。

みのりん愛されてるなーと思って。




さり気ないけど、すごく胸を打つ光景でした。








スポンサーサイト

【2013/08/14 22:28】 | SUMMER DREAM
トラックバック(0) |
2日目は、1日目との違いなんかを主に。


会場に入ってみると、スコアボードの表示がちょっと変わってました。

対戦チーム名が、「SD」と「天気」に。
やっぱり、ステラシアターと戦っちゃだめだよねw

そして選手の名前のうち、「なべちゃん」が「ジューシー」に変更www


開演前の説明は昨日と同じくサマ・ドリ夫さんwですが。
昨日と違って応援団のみなさんとの応援練習が上手くいった気がします。


そして開演!!!

01. HYPER NEW WORLD
02. SELF PRODUCER
03. KEY FOR LIFE
04. 灼熱PARADISE

みのりん、昨日に続いて絶好調ですよ~~
歌が最高に気持ちいいです!

この日はそれほど曇ってなかったので、ペンライトよりフラッグが目立ってました。


 本番前、シホリーヌが応援団長さんにマッサージをしてもらったことが判明!w
後でみのりんもマッサージしてもらうというコメントがw
この日、これが気になって眠れぬ夜を過ごしたみのりんファンが多数とかww

<スペシャルコーナーその1 サマードリーム大抽選会>
 この日の抽選も見事に外れw
 でも、民宿の仲間が当選してビックリしました!

05. Lush march!!
 大好きなラシュマが、ことしも河口湖で聴けて大満足。
ステージにあがったみんなも、昨日より元気みたい!

しかも応援団のみなさんも、応援旗で参加してくれて大迫力です!

この日の応援団のみなさんを見てて気になったことといえば。
トランペットを演奏していた女性(女の子?)のTシャツの背中に、みのりんのサインが大きく書いてあったこと。
しかも「ありがとうございました」ってお礼の言葉と、その女性の名前が書いてありました。
ほかの団員の方のTシャツには書いてなかったってことは、彼女はみのりんのファンだったのかな?
うらやましいね!


ただ、それよりも羨ましかったのは、ラシュマが終わって、ファン8人がステージを降りるとき。
みのりんが「ハイタッチしよー」って言って、順番にハイタッチしていったこと!!!



アニソンコーナー(リクエスト)
06. 空色デイズ
 この曲も知りません!
でも、これもみのりん良かったよ~

07. only my railgun
 実はアニメは見たことないんだけど。
流石に曲は知ってました。
若干キーが下げてあった気もするけど。
でもナンジョルノとは違う、みのりんの張りのある声が、また違う魅力を引き出してました。

ホント、みのりんって魅力的なアニソンシンガーだなーと再確認。


08. この世界は僕らを待っていた
09. インストゥルメンタル;CMB

10. 孤独の結晶
11. Fragment 〜Shooting star of the origin〜
 久々のこの2曲。
大好きです。カラオケでよく歌ったりw
どちらも最近歌われてないけど、フラグメントは、ちょっと戸惑っている人がいたかも。
アルバムに収録されてないからかな?


12. ひとりにひとつの永遠
 この日の幸せなお話はケンケンにスポットが。
なんとケンケンのお母さんと、新婚の奥様が来場されていたようです。
みのりんが会場に新婚さんいますか?って聞いたら、お母さんが猛アピールされたようです。
お母さんじゃないでしょw
私は後方の席にいたので、奥様の顏は見れませんでしたが。
かなりの美人だったそうですよw

13. voyager train
 この日は場内一周曲じゃありませんでした。

14. CRADLE OVER
 やっぱりフワフワは・・・

15. ZONE//ALONE
16. Paradise Lost
17. TERMINATED
 2日目の場内一周はタミネでした!
昨年のパラロスに続いて、超盛り上がり曲が来ました!
すっごいかったです!!

18. Sunshine flower
 LALALAの合唱を年代別にやるという暴挙に出たみのりんw
10代以下の人って言われて、会場が静かになってしまいましたが。
本当に人数が少ない可能性もあるけど、10歳以下や10代未満と勘違いした可能性も大ww
そして、20代の人の次に、「30代以上」で括ったみのりんに優しさを感じましたwww

<延長戦>
 2日目のアンコールも「えんちょーせんっ!」って掛け声に。
みのりんも、みんなの中から自然に出てきたことが素敵だって喜んでました。

19. 逢いに行きたい
20. purest note 〜あたたかい音
 やっぱりステラシアターで聴くこの曲は、胸が熱くなりますね。
曲の終盤には、肩を組んで歌っている人がたくさんいました。
あちらにもこちらにも。
きっと知らない人同士だと思うけど。

私は、1人でガッツリ歌ってましたけどねw

ここで、スコアボードを見ると、9回表で2点も負けていることが判明!
そこでみのりんが、凄いの打つよーっ!って宣言してぶっ放したのが!

12月23日にクリスマスライブを開催!場所は両国国技館!!

行きたーい!!
でも、年末の連休明け火曜日って、社会人にとってはキツイかも・・・
しかし、ホテルは既に押さえた!!(バカダ


21. Freedom Dreamer
 この日は「忘れないでーーー!!!」って叫んでました!

そして、シホリーヌは昨日トラブったところを無事にクリアー
その瞬間、スタッフの方を見て、ガッツポーズしてました。
やっぱり、機材トラブルだったのかな。
だけど、その後、別の部分でスタッフがガックリ崩れ落ちる姿を目撃w
やっぱり、音響に問題抱えてたのかな?

<もう一回>
 2日目は、白っぽい浴衣でしたね。
 この日も、独立のお話をしてくれました。
この日もファンのみんなに謝ってました。
謝ることなんてないのに。
この日も泣きそうになるみのりん。
でも、流石に2日目だから堪えてるな・・・と思ったんだけど。

22. 純白サンクチュアリィ
 暗くなった照明の中で、明らかに涙をぬぐってるみのりん。
昨日以上に強く心を揺さぶられているみたいで。

ついに歌えなくなるほどでしたが。

でも、すぐにフォローするファンのみんな!
流石です。
純白が合唱曲になる時って、特別な時だし、特別な感動が待っているのかも。

もちろん私も歌った・・・あれ?!
歌えてません。
なぜか「あうあうあう」言ってます、私。

泣いてましたw
ダメですねw



<終演>
 最後の「みんなだーいすき!」を言おうとして、「シーっ」ってするみのりんですが。
どこかから、声のような音楽のような放送のような、色んな音が聞こえてきて。
何回やり直したかわからないほどw
多分、いくつかの原因がたまたま重なったんだと思うけど。
そのうちの1回は、会場前の物販で流れる音楽じゃないかな?




この日、ショックなことがひとつ。
撮影機材が入っていませんでした。
毎年、最終日にはカメラがあったのに。
今年は、映像化しないようです。

だから、ファンをステージにあげたり、権利関係の難しそうなアニソンを歌ったりできたのでしょうか。
ただ、そのためにカメラを入れなかったのではなく、カメラが無いことが早々に決まってたから思い切ったことをやったのだと思う。
やっぱり、ギリギリまで開催が危ぶまれたから、映像化の用意ができなかったのかな?

あのすばらしい歌を、もう一度聞けないのは残念だけど。


あらたな素晴らしい歌に、ステージに期待すれば良いのですかね?

両国がそうなることを祈ってます。









【2013/08/11 19:34】 | SUMMER DREAM
トラックバック(0) |
今回のサマドリは、ちょっと観光っぽいこともしたので、たくさん写真をとりました。

0826サイダー

まずは、河口湖に向かう富士急行の中で、富士山サイダーを飲みました。

炭酸飲料は普段ほとんど飲まないので、結構お腹がふくれた気分。
ビールならいくらでも飲めるのにw


0836駅1-1

河口湖駅に着いたら、早速みのりんポップとサマドリ横断幕を撮影。

0838駅1-2

みのりんが言うとおり、サマ鳥の異様な存在感w


そして、早速会場に向かいました。

0845会場アーチ

0848会場ポスター


もちろん、みのりんとツーショット!

0853会場ポップ


ライブ前は、がちゃさんはじめ民宿のお世話をしてくれた有志のみなさんが忙しそうにしてる間に、屋台のキュウリを食べたり(モモは売り切れw)、リハーサルに参加したりとノンビリさせてもらいました。

ただ、今年はフォロワーさんを探し回ってあいさつしたりとかはしませんでした。
既にたくさん知り合いが出来てしまったこともあるし、最近、あまりツイッターに出没してないので。


ライブ後は、今年も民宿がちゃで大勢(49人!)のみなさんと楽しく過ごしましたが。
その写真は、ちょっと見せられませんw
ただ、今年もバースデーケーキが!

0854民宿ケーキ

まだ30歳なのか・・・若いね!



2日目は、4年目にして初めて河口湖を見に行きました。

0870河口湖

思っていたより小さく見えたのは、関西人は琵琶湖基準だから?w
それとも、去年香川県で巨大な溜池をみて感動したから?w

もちろん綺麗な風景でしたよw


そして、河口湖畔にあるチーズケーキファクトリーってお店で、ケーキを食べてきました。
以前、がんちゃんがCMBのみんなで行ってきたって言ってたお店です。

0865チーズケーキ

1人で2つも食べてきました。
メチャクチャおいしかったです。

これで780円!
しかもコーヒーは無料です!

あんまりおいしかったので、家族に宅急便でお土産を送りました。
1人で食べてきたって言ったら、怒られそうなおいしさだったのでw



この後、みのり号を見るために河口湖駅に。

でも、ちょっと時間があったので、お昼ご飯を食べることに。
駅で出会ったポテトさんと二人で、ほうとうを食べました。

0883ほうとう

これもおいしかった~
量がすごい多かったけど。
女の子なら3人分ぐらいですw


食べ終わったら、ちょうどみのり号の到着時間。

0888みのり号


車内の広告もみんなサマドリです!

0896みのり号2


記念撮影してしまいましたw

0900みのり号3

みのりんがサインをしていたので、ポップもあらためて撮影。

0895ポップサイン入り


会場にもどってからは、またファンのみなさんとお話し。

バーグさんちの子どもさんと初対面。
サマキャン4のライブBDに異様な興味をして何度も物販へとヨチヨチ歩いていき、ついにはお母さんに買わせてしまったのが印象的でしたw
イベンターの素質十分っていうか、カエルのk(ry

しかし、赤ちゃんはカワイイね、柔らかくて。
ウチの子たちもあんなころが・・・(トオイメ


リコピンさんに久々にお会いして、タコせんべいをもらっちゃいましたw


2日目のリハーサルは、みのりんがパルコニーに出てきてくれました!
白いブラウスと黒いスリムなパンツが素敵でしたよ~


2日目のライブも終わり、この日も民宿でワイワイ(35人!)やりました。
深夜までみのりんのことを語り合ったりして楽しかったです。
集合写真も撮ってもらったり。
お世話してくれた有志のみなさん、本当にありがとうございます。



3日目の朝。

河口湖駅は通常の状態に戻っているのかと思ったら、横断幕が残っていました。
思わず記念撮影w

0906月曜の駅


ここで、たまたま出会った、あげたこさん、のうちさんと一緒に富士急行登山電車で帰ることに。

09113人で1


思わず、途中の停車駅で3人で記念撮影!w
観光旅行気分もMAXですwww


乗務員のお姉さんから飴をいただきました。

0908あめ

「みなさん、昨日のライブですか?」って聞かれたので、民宿を借り切って49人で泊まったことを話したら、かなり驚かれてしまいましたwww





今回は、ライブ以外も満喫してしまいました。

残念だったのは、今年は富士山が良く見えなかったことぐらいかな。
毎年、早朝にはキレイに見えるのにね。


来年はどうしようかな?

河口湖一周?

富士吉田うどんを食べる?

富士急ハイランド(ムリwww






【2013/08/11 19:19】 | SUMMER DREAM
トラックバック(0) |
09. インストゥルメンタル:CMB
 今回のインストは、三々七拍子です!
昔トランペットの日野皓正の曲に、そんなのがあった気がするけどw
おじさんには、このスピードで手拍子打ち続けるのは無理でしたw

CMBインストの去年から続くポップ路線ですが。
爽やか&楽しいですね♪
ちょっと、角松敏生のインスト曲を思い出させるようなフレーズもあったりして。

しかもメンバーが客席に入ってきて、みのりんみたいにお立ち台で演奏してくれるなんて!
ただ、なべちゃんが右端の上、馬場ちゃんが左端の上に立っちゃったので、見る方は忙しい忙しいw

今回は、なおやんがガッツリとソロやってくれたのがうれしかったです。
スラップ入れて派手目に演奏してくれましたが。
もっと渋めのも聞きたいので次のライブでもソロ頼みますね。

あ、グッシーのソロもおもしろかったです!www


10. raison pour la saison
 インストが終わって登場したみのりん。
衣装が変わって大人っぽいワインレッド?と黒のドレス。
肩が綺麗に見えてます。
そしてグッと締まったウエストが目立ちます。
ジムに通ってる成果ですねw

 曲のイントロが聞こえた瞬間、おっ!と思いましたね。
kfdツアー以来ですからね(ホントは2011カウントダウン以来だけどw)

 実はこの曲を聞いた瞬間、不確定性原理を思い出してしまいました。
ケンケンのドラムで、間奏のところ省略しないで叩いてほしかった!
って別の曲のこと考えちゃってごめんなさい<(_ _)>


11. 光
 こちらはもっと久しぶりの光。
実にParadeツアー以来。
ってことは4年ぶり?!

この日の光は、4年前とはかなり違う曲に聞こえました。
失われていく愛の歌なんだけど。
4年前は熱い心を、でも透明に、静かに歌っているように聴こえましたが。
今回は、押さえようとして、でもあふれ出る想いを表現しているように感じました。

これまでのみのりん以上に、女性の恋愛感情の炎が隠しきれずにあふれ出るような歌。
以前の光は、冬の冷たいはりつめた世界のイメージだったけど。
この日の光は、暑い夏の夜に迸る情念のように感じられて。

それも、この日の声の豊かさがあればこそだと思いました。


12. ひとりにひとつの永遠
 みのりんの周りに幸せな人たちがいっぱいいるっていうお話。
そして、最近ブログに書いていた、古くからのお友達が結婚するってお話。
なんだけど。
「私、昔はかわった子でね」
「え~」
「なに、なに?えっ?今も変わってるって?」
っていうのがハイライトでしたw

公園の遊具から飛び降りて足の骨を(かなり盛大に)骨折したとはね(゜o゜)
それで、その友達がお見舞とか、学校のプリント持ってきてくれたりとかしてくれたそうです。

そしてもちろん、新婚のケンケンへのおめでとうも込めて。


ここでMC。
試合は7回裏ってことは、もちろんあれの時間です!
ジェット風船。
阪神ファンとしては、サンテレビの野球中継でも実際の甲子園球場でも見慣れた風景ですがw
こうしてライブ会場で見ると新鮮です。
プロ野球にもジェット風船にも慣れない人がたくさんいたのか。
風船がよく割れてましたねw
耐えきれないファンから「みのりん早く~」って声がww
そして、すぐにファンファーレが鳴り響いたのですが。
阪神ファン的には、ファンファーレは2回なってから風船飛ばすものなのに!
1回なったところで風船とばしてました!
多分、あのタイミングで飛ばしそびれて、ちょっと遅れて風船飛ばしてた人たちは、みんな阪神ファンだったのだと思いますwww


13. Voyager train
 記念すべきサマドリ初の場内1周曲は、やっぱりボイトレでした。
なんかもう、場内1周のテーマ曲みたいになってますがw
でも実際ピッタリなんだよね。
まず歌詞がね。
「これかーらはー私と行こう~」だもんね。
みのりんに向かってみんなの気持ちが集まっていく曲だもんね。
そして曲調は速いんだけど、ゆっくりとペンライトを振り上げる部分がたっぷりあって。
それが、ナウシカに向かって王蟲の触手が集まっていくwシーンみたいで感動的なんだよねww

ちなみに、この日は1階4列目だったので、1階と2階の間の通路を歩くみのりんは、ほとんど見えませんでしたw


14. CRADLE OVER
 7月の魔界ウォーズライブで、初生歌を聴いたこの曲ですが。
あの時想像したとおり。
ライブ後半のクライマックスゾーンのトップバッターにもってこられました。
実はこの日。
君がくれたあの日が歌われなかったので。
みのりんのセトリに、本格的な世代交代の時がきたように感じました。

とにかく盛り上がるこの曲ですが。
この日絶好調のみのりんの歌で、さらに迫力を増してました!!
そしてCMBの演奏で聴くのは、もちろん初めて。
特に大先生の生バイオリンで聴くと、より情熱的に聴こえました!

そんな盛り上がるこの曲ですが。
正直、あんなにコール入れなくてもいいんじゃないですかね?
多分、2番の後の間奏のところだけで十分ですよ。
みのりんもあそこで煽ってきたし。
すくなくとも、フワフワってのは要らないんじゃ・・・


15. ZONE//ALONE
 さあエンジン全開になってきましたよ~
この日のゾンアロは、素晴らしかった!
とにかく音の高いこの曲ですが。
何の心配もなく、どこまでも突き抜けていくサビが、いつもよりも高い高いクライマックスへと連れて行ってくれるようでした。

16. Paradise Lost
 だんだん感想がクドくなってきましたがw
この日はパラロスも凄かったよ~
大サビ前の「ロ~ストザ~パ~ラ~ダ~イス」に続くところの
「AH~AH~AH~AH---!」が凄い迫力で!
高い声なんだけど、しっかり芯のある太い声で響き渡ってました!!
いやーホントすごかったー
ボンボン焚きまくってた火の玉の特効も大迫力でした!


17. TERMINATED
 タミネが来て、ライブも最高潮って感じになりましたが。
パラロスよりも後にきて、クライマックスゾーンのトリをとった形になりました。
タミネがパラロスよりも後に来たのは、たしかアルバムD-Formationの収録曲だったD-Formationツアーだけだったので、ついにパラロスよりも後に控えるラスボス的なポジションになったのか?ってちょっと興奮しました。
今後のライブで、タミネとパラロスがどんな関係になるのか?
とっても楽しみです。
もちろん、ここに割り込むような新たな曲が出てくればもっと面白いですがw


18. Sunshine Flower
 もう言うこと無しの、サマキャンから続くテーマ曲!
今年は例年以上にイエローのペンライトで綺麗に染まっていたような気がします。

そしてワイパーアクションが完全に定着しましたが。
私のイメージはドラムにのって弾む曲なので、ちょっと違うんだけどなw
まあ、でもみのりんがワイパーしてくるからねw

lalalaの合唱では。
「小さい声で」って言われて小さい声で歌ったら、
「出来るじゃないかー」ってみのりんに言われたのが印象的でしたw

そして女子のlalalaはますます大きな声になってきていた。
みのりんライブではだんだん当たり前になってきたので。
最近の興味は、いつ女子の声の方が大きくなるか(キガハヤイ?w

こうしてサマドリの本編ラストは、やっぱりサンフラが楽しく切なく締めくくって、サマキャンのハートが無事にサマドリにも引き継がれたのでした。


<延長戦>
 ほどなくアンコールが始まった・・・・と思ったら、すぐに「えんちょーせん!」ってコールに変わりました。
きっとみんなおんなじこと考えてたんだね。
あるいは、なんか良い言い方がないかってもやもやしてたところに、延長戦を思いついた人が出てきたので、一瞬にしてみんなが賛同しちゃったのかな?(でもプロレスファン的には「えーんーちょー!」なんだけどな~w)

ステージに戻ってきたみのりんも、「私、耳が悪くなったのかと思ったら、延長戦って言ってたんだね!」って驚いてました。


19. 逢いに行きたい
 「延長戦」の1曲目は、しっとりしたこの曲。
朗読劇「私の頭の中の消しゴム」を見たファンから、曲のイメージがピッタリって声があって、一気に名曲の仲間入りしたようですが。
実際、この日生で歌われた逢いに行きたいは、透明感のある原曲よりも切なく哀しく、でも深い愛情を感じさせる歌い方に聴こえました。

ただ、この曲がアンコールに持ってこられたのは、そんな話題の曲だからだけではなくて。
独立後のみのりんの気持ち。
ファンへの感謝、ファンへの募る思い、ファンへの愛。
のようなものを伝えたくて選んだってものあるのでは。
この後に続いた曲を聴いていて、そう思いました。


20. アイノウタ
 ここで旗曲3作目が歌われたのだけれど。
とっても感動的な旗曲なのだけど。
みのりん、旗振り間違え過ぎwwwww
それでも、しっかり旗を振るみのりんファンが素敵過ぎますw

21. Freedom Dreamer
 もう、みのりんライブの終盤を締める定番曲になったこの曲ですが。
もともとはサマキャン2のテーマ曲。
腰が悪いので、めっきりジャンプしなくなった私ですが。
この曲だけは飛んでしまいますw
いつか、サマドリからもこんな曲が育てばいいですね。
いや、私たちも一緒に育てるのか!

実は曲の後半、シホリーヌが止まっちゃって、ケンケンが強引に曲を続けるみたいなシーンがあったんだけど。
その後のスタッフの反応を見てると、多分、機材トラブル?だったのでは。
キーボードそのものなのか、音響機材のせいなのかわからないけど。
ただ、ちょっと今年は例年より音が良くない?と感じた場面があったのも確か。
2日目に、この続きがあるんだけどね。



この曲が始まる前のMCで。
春先の独立騒動に言及したみのりんですが。
「全てがまた一からになってしまうんじゃないかと思った」っていうのは、凄く怖かったんだろうな。
話しながらちょっと感情が激しくなってきて、ちょっと涙ぐむ様子も。
最近の強くなって泣かなくなったみのりんには珍しい様子に、相当辛かったんだろうなと思いました。
そんなみのりんに向けられる拍手が少しづつ大きくなりいつまでも途切れないほどの拍手に。
そんなファンの想いにさらに泣きそうなみのりん。

こんな流れの後でも、みのりんはなんとかしっかりフリドリを歌ったんだけど。
ただ、最近いつも強く大きく叫ぶように歌っていた「忘れないでーーー!!!」ってところが。
この日は普通にメロディー通りに歌っていました。
多分出来なかったんだと思います。
泣きそうだったから。
叫ぶような声が出せなかったのか、叫んだら感情が崩壊して号泣しそうだったからかわかりませんが。

ファンの暖かさを感じてはいたけれど。
初めて直接触れ合う機会となったこの日。
あらためて直にあたたかい気持ちに触れて感激したんじゃないでしょうか。

1日目だからこその、みのりんの生の感情の動きを感じることが出来て、私たちファンの側にとっても感動的な瞬間でした。

そして、やっぱりこの人を応援し続けたい・・・と


<もう一回>
 もう1回は、やっぱりもう1回でしたw
戻ってきてくれたみのりんは、濃い紺色の浴衣を着てしっとりした佇まい。
そして、そんな衣装で歌うのはちょっと意外だけど、もう間違いなくあの曲だとみんな分かっていました。

22. 純白サンクチュアリィ
 歌手・茅原実里のRe:startを飾った記念すべきこの曲が。
みのりんライブで100%歌われ続けているこの曲が。
茅原実里の第3のスタートを力強く、真っ白に飾ってくれました。
ファンの歌声とともに。
この場に一緒にいられて良かった、と思いました。




終わって見れば。
抽選会をしてファンをステージに上げるとか、ノックとか、水鉄砲とか、いろんなお楽しみはあったけど。
サーフィンや音頭やサンバを踊ることは無く、みのりんがCMBの演奏で全力で歌いきっただけ。
そのセットリスト自体も、夏を意識したというよりも、今現在の茅原実里ライブの最高のセトリを見せてくれました。
事務所独立し、サマドリに変わり、新たな出発となったからっていうのもあるし。
サマキャン2~4の路線が行きつくところまで行っていたからっていうのもあると思うけど。
去年サマキャン4の後で、ゆるいMCを挟みつつも、みのりんが淡々と、でも楽しそうに歌うだけのサマキャンが見たいなーと思っていたので。
私の期待していた通りのサマドリになりました。


後は、何か大きな発表があればなーと思った1日目なのでした。












【2013/08/11 01:48】 | SUMMER DREAM
トラックバック(0) |
ライブから1週間経ってしまいました。
年寄りの脳みそからは、大量に記憶がこぼれ落ちそうな期間ですが。
それでも、思い出せる限りのことを書き留めたいので。

00-1 開演前
 ステラシアターの会場内に入ったら。
ステージの上には野球場。
ホームベースから一、二、三塁が描かれたグラウンドの真ん中にはピッチャーマウンドも描かれて!

さらに後ろにはスコアボードも!!
チーム名は「ステラ」と「SD」?!
サマドリはステラシアターと戦っていいのか?
こんなに温かく迎えてもらっているのにw

メンバーのところに書かれた名前は
1番 ケンケン
2番 ばばちゃん
3番 なべちゃん
4番 なおや
5番 大先生
6番 シホリーヌ
7番 グッシー
8番 みんな
9番 みのりん

そして流れるプロ野球チームの応援歌。
そんな野球場らしい雰囲気いっぱいの中、始まった開演前の説明。
説明してくれたのは、サマ・ドリ夫さんw
ライブのことを「試合」とか「公式戦」とか言ってましたね。
説明の最後に、応援の練習も。
ここで登場したのが、中日ドラゴンズ応援団の皆様!
太鼓の音に合わせて、CMBメンバーの名前をコールする練習!をしたんだけど。
プロ野球観戦をしたことが無い人が多いのか?サマ・ドリ夫の説明が悪いのか?、いまいち上手くいかず。
一抹の不安を残してプレーボールへ!

00-2 メンバー登場
 「1番~ドラムス~ケンケン!」
ってウグイス嬢みのりんのアナウンスに続く、応援団の太鼓とトランペットにあわせた会場のコールに乗って登場するケンケン!
って感じでメンバーが登場~!
なおやんのときはバットを振ったら「カキ~ン!」て音をグッシーが合わせてくれてました!
大先生は、ホームベースにスライディング!
シホリーヌは、銀色のポンポンを片手に持って登場!黒いショーパンとロングブーツがセクシーですね♪
グッシーもバット振りましたが「カキ~ン」って音はせずw空振り~w(当たり前ww)

最後にみのりん登場~!
グッズのユニフォームシャツを改造したのかな?
同じ白とブルーで裾に黄色のフリルがついたミニスカートにオレンジのニーソックスで、チアガールっぽい衣装にツインテール(かな?)って、もうカワイイ~♪
もしかして、ソフトボーラ―みのりんだからソフトのユニフォーム(短パン)かな?とか思ってたのにw

さあ、いよいよ始まる!
みのりん&CMBでは9か月ぶりのライブが!


01. HYPER NEW WORLD
 1曲目はハニワ!!!
私は、これまで通り最新シングルのこの世界は僕らを待っていたかなと予想してました。
歌詞も新たなみのりんの旅立ちにピッタリだし。
野球がテーマなんだからハニワでしょって予想は多かったけどね。
「しまっていこーぜー!」だもんね。
それ以上に、今のみのりん曲でオープニングを最高に盛り上げてくれるのはハニワだよね!
PARTYの時と同じように、例年より涼し目だった河口湖の気温が一気に上昇!(したようなw)

サマキャンの1曲目は、最新シングル曲っていうルール?が破られた瞬間。

サマキャンとは違う、新しいサマドリが始まったんだって思いました。


02. SELF PRODUCER
 この日は曇ってたし、最初は屋根が閉じられていたので。
ハニワの時はオレンジのペンライトで染められていたんだけど。
セルプロが始まった瞬間、会場はピンクに!
ホントにみのりんが好きな人が集まったんだな~

みのりんも本当に嬉しそう!
っていうより、みのりん調子いいんじゃない?!
このパワフルな曲をいままで以上にパワフルに歌ってる!
これまでのセルプロは、ちょっとカワイイ声のイメージだったけど。
今日のセルプロは、GRANRODEOの曲みたいです!w
ケンケンのドラムのガツガツくる強いドラムにピッタリです。

と思ってたら、間奏でみのりんがトスバッティングで会場にカラーボールを打ち込みます!
トスを上げるのは大先生!!
かつてFCイベントでやったらファンに直撃しちゃってトラウマになってたはずだけど。
克服したのかw


03. KEY FOR LIFE
 3曲目のキフォラを聴いて確信。
今日のみのりん、声の出方が違います。
サビから始まるこの曲の印象的な高音を、突き抜けるように、でも力強く伸ばしきってます!
誤解を恐れず言うなら。
去年のサマキャン4の声とは迫力が違う。
しかし、3曲目まで聞いてて、サマドリっていうよりも茅原実里の王道セトリで行くつもりなんじゃ?!って思いました。



04. 灼熱PARADISE
 って思ってたら4曲目に灼パラがきて急にサマドリらしくなってきました!
で、トスバッティングに続いて、こんどは大型水鉄砲で客席に水をぶっかけるみのりん!
楽しそう~~~



ここでMC、メンバー紹介。

馬場ちゃんは球技が苦手だと告白。
するとなべちゃんが「昨日キャッチボールしたけど、こんな感じで~w」
とエビが後ずさるようなしぐさw
なべちゃんは、「ジューシー鍋嶋です」となぞの自己紹介。
前日のバーベキューの時に、「なべさんのギターってジューシーですよね」って言われたそうでw
それを聞いたみのりんが「なべちゃんのギターは唐揚げみたいだってこと?」ってw
それじゃ肉汁が滴ってるみたいで、ちょっとしつこそうですw普通は果汁を連想するよww
なおやんは、前日に別のライブだったそうです。大変そう!
大先生は、いつもの「わぁ~~~、しゃしゃしゃんっ!しゃん!」っていう手拍子を仕切る下りがありませんでした。
応援団のみなさんの応援に続けて話すから、やりにくかったのかな?
もうやりたくなかったのかな?
シホリーヌは、前日のBBQで大先生とワインをたっぷり飲んだそうですが。
そのときに大先生からセクハラを受けていたらしいです。
ただ、シホリーヌも酔っていて記憶が無いらしくw


<スペシャルコーナーその1 サマードリーム大抽選会>
05. Best mark smile
 ことしのスペシャルコーナーは、旗曲ベスマで繰り広げられることに。
サマードリームってライブ名がサマージャンボ宝くじみたいってよく言われるから思いついたそうで。
チケットの半券を使った抽選に当たった人には、
「5億円が!」
「おぉ~!」
「あたりません!」
「私のこの衣装が!」
「おぉ~!!」
「当たりません!!」
ってくだりが続いた後w

なんと当たった人は、ステージに上がって、みのりんと一緒に旗が振れることに!!

すごい豪華賞品です!

もし当たっても恥ずかしかったら手を挙げなくてもいいよって言うんだけど。
そんなラッキー断るわけないでしょ!
それに座席番号で抽選するから、当選者が誰かすぐにわかっちゃうしw

で8人が選ばれましたが、圧倒的に2階席ばっかり当たってました。
ちゃんと混ぜた?!www

早速当選者がステージに上がったんだけど。
旗を持つ手も振る方向も反対になるからってことで、まずはレッスンをすることに。
おかげで、久々にみのりん先生のレッスンが受けられることに♪
難しいかと思ったけど、8人ともすぐに出来てました。
流石みのりんファンは対応力が!w

2回だけ練習して、すぐにベスマが始まると。
ステージの8人は上手に旗を振ってましたが。
でもねーなんかねー大人しいの。
せっかくファン代表で上がったんだから、もっと弾けろよー
って思ったけど、いきなりステージに上がったら誰だって緊張するだろうし。
すぐそばにみのりんがいたら、そっちが気になっちゃうだろうし。
まあ、自分もそうなると思いますw
それでも、みんな笑顔で旗を振ってくれました。
礼儀正しくステージを去っていったし。
みのりんファンは、みんなイイ子だな~

ランダムに選ばれた人をいきなりステージにあげちゃうなんて。
そもそも、ファンを信頼してないと、怖くてできないよね。
ありがとーみのりん!
ありがとー大人の人たち!!w


<スペシャルコーナーその2 アニソンコーナー>
06. 鳥の詩
 今年は、事前にファンからリクエストを募って選ばれたアニソンを歌うことに。
1曲目が鳥の詩。
すいません、全くわかりません。
そもそも、2000年代以降のアニメソングって時点で私には無理です。

他の方にとっては相当思い入れのある曲のようで。
私の隣の隣の席の方は、泣き叫んでました。マジ泣きです。
それを私の隣の人が「良かったな!良かったな(泣」って言いながら抱きかかえていましたw

でも良い曲だなと思いました。
そして、アニソンシンガーみのりんの声に合ってる曲だなとも思いました。

07. ETERNAL BLAZE
 続く2曲目。
「水樹奈々さんのエターナr・・・」
「どうわぁAAAAAAAAAAAAAAっ!!!!!!!」
とんでもない歓声です。
この日1番の騒ぎだったかもw
みのりんが話そうとしてるのに収まりませんw
曲が始まった瞬間にオレンジに染まる客席!
オレンジ率、この日ナンバー1ですww
コールもがっちり入るしw

このエタブレを聞いた瞬間、またも確信が。
今日のみのりん、最高に調子がイイです!
このエタブレは素晴らしい!!

そして、私はやっぱり、みのりんの歌声が好きなんだなとあらためて思いました。

そして、そして、みのりんって素晴らしいアニソンシンガーだなと。
鳥の詩と2曲続けて代表的なアニソンを魅力的に歌うみのりんに、そう思いました。

歌い終わったみのりん。
かつて、このエタブレを歌う水樹奈々さんの武道館ライブを見に行って。
当時キングレコードからHIROINEを出していたので、スタッフさんから招待されたそうです。
そして、自信も武道館を目指すことに・・・
茅原実里:日本武道館追加公演発表映像
あっ、だめだ、また泣けてきた(/_;)

この曲をこうして歌う日が来るなんて感慨深いそうですが。
「そういえば今ちょうどライブをされているようですが」とか
「ここにムッシュもいるし」とか
ちょっと発言がきわどいです、みのりん!
おもしろいけど!

さすがサマドリは自由www

ただ、この時は「今日はカメラが入ってないからこんなサービスしてくれたんだな。2日目は映像化するから権利関係の難しい曲が歌えないもんね。これが毎年1日目の魅力だよね~」なんて思っていたんですよね・・・・・



08. この世界は僕らを待っていた
 ものすごい盛り上がりのアニソンコーナーが終わり。
凄い盛り上がりだったなーと、みのりんも喜んでいたところで。
「そして、茅原実里の最新のアニソンを」っていう言葉とともに始まったのがこの曲。

なんかね。
グッときました、その言葉に。
アンケートで選ばれたアニソンの人気曲を、アニソンシンガー茅原実里として魅力的に歌い会場を盛り上げた直後だけに。

茅原実里自身の、そして茅原チームの作品に対する意地や自信のようなものを感じました。
きっと、それもあって1曲目じゃなくてここに持ってきたのかな、この曲を。

そんな、みのりんの強い気持ちを感じたからか、この歌を聞いても涙はちょっとしか出ませんでした(デタノカヨw
さわやかなアニソンだけど、そんな強い意志に似合う強い曲だと思いました。

ただ、この曲ってコールとか入れにくい曲ですよね。
メロディーが爽やかに流れて行っちゃうし。
間奏もほとんど無いし。
曲のラストもすぐ終わっちゃうし。
とにかく盛り上がりたいって人には、不完全燃焼感があったかも。

でも、私大好きです!
ある意味、コールとかなくっても大丈夫な曲。
というより、未来への意志の強さを強烈に見せつける曲。
アニソン歌手・茅原実里の凄さを見せつける曲だと思う。

この日のこの世界は僕らを待っていたは、そんなこの曲の魅力を存分に出し切ってたと思う。
とにかく、声が良く出る!
やっぱりみのりん絶好調です!!
自分の知る限り、過去最高に調子が良いんじゃないでしょうか?
そのみのりんの歌声とCMBの演奏が練り上げていく2番の展開が極上に気持ちいいです。
特に大先生のバイオリンが~~

 





ちょっと、ここまでで過去最高に長い感想になっている気がするので、いったん切ります。

でも、すぐに次の書きますから!
なんとか今日中に書きたい!!








【2013/08/10 13:13】 | SUMMER DREAM
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。