茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ChouChoさんのワンマンライブに参加してきました。

たまたま、ある方からチケットがまわってきたのですが。
chouchoさんについて知っていたのは、ガルガンティアのEDと氷菓のOPを歌っていることぐらい。
でも、どちらもいい歌だなーいい声だなーと思っていたので、喜んで行くことにしたのです。


ところが。

参加することになってから知ったのですが。
このライブにはCMBのガンちゃん、大ちゃんも参加することが判明!
一気に盛り上がってしまいましたw








以下、ネタバレありです。













当日の会場は、大阪・阿倍野のROCKTOWN
キャパ300人ぐらいのライブハウスですが、入場待機列に並んでたのは150人ぐらいかな?
入場してみたら、ちょうどいいぐらいの混み方だし、ステージが近くてよく見えました。

chouchoさんは、髪をアップにして、白い大きな髪飾りをして登場。
ちょっとシースルーっぽい白いドレスを着てました。
上半身しか見えなかったのが残念ですが。

で、肝心のセトリですが。

ごめんなさい。
曲名をちゃんと覚えていかなかったので・・・

セカンドアルバム「secretgarden」からの曲を中心に、シングル曲等の人気曲を織り交ぜた感じだったと思います。

1曲目がアルバムタイトルのsecretgarden、2曲目が氷菓OPの優しさの理由で、いきなり盛り上がりました!
そのあとはアルバムからちょっと抑えめの曲が続いて。
さらにセトリ前半で、ガルガンティアEDの空と君のメッセージ、最新シングルでバディコンプレックスEDのあの空に還る未来で、も歌ってくれました。

確か、このあたりで衣装チェンジをしてました。
花柄っぽい派手目の衣装で、髪をおろしてロングに。

アコースティック・コーナーもあって、kagami、光と+1曲(知らない曲でした)で3曲も。
いつかアコースティックライブがやりたいそうです。

そして後半戦は、ロック色の強いばらのナミダでバンドメンバーも前に出て盛り上げたら、ガルパンOPのDream Riserで畳み掛けて、本編最後はイリヤOPのStarlogでしめてくれました。


アンコールでは、椎名林檎さんのギブスをカバーしてくれました。
普段の透明感いっぱいな歌声とはちょっと違う、ロックな感じがカッコ良かったですよ!
高校の文化祭で歌った曲だそうです。
こういうchouchoさんもイイ感じかも!


この日は、chouchoさんのご家族も来られていたようで、お父さんらしき年配の男性、chouchoさんのお姉さんor妹さんと思われるchouchoさんによく似た女性、姪っ子ちゃんらしきちびっこなんかもいました。
そのせいか、トークも関西弁全開で、アットホームな雰囲気になってましたね。

客席は割と大人しく聞いてる人と、元気なイベンターが半分ずつぐらいで、まったりしてたと思うけど。
ただ、やたらとパチーン、パチーンうるさかったのは意外。
chouchoさんの癒される歌声にそれはないでしょー


chouchoさんの歌声は、ふんわり包み込まれるようでいて、中音部の張りのある部分は意外にパンチが効いてるし。
高音部のファルセットは、どこまでも透明な感じで上昇していって気持ちがいいんだけど、実はまだまだ出せるようになるんじゃないかって期待も抱かせてくれます。

これってアニソンシンガーにうってつけの歌声なんでしょうね。
これまで、数々のアニメタイアップを獲得してきましたが、これからもチャンスがいっぱいあるんじゃないでしょうか?

いま、アニサマとか見ていても、声優じゃないアニソンシンガーは意外につらい状況なのでは?と思うのですが。
chouchoさんは、そんな状況を変えていける可能性のあるアーティストの一人のような気がしました。

今回ライブに参加したのをきっかけに、chouchoさんにもっと注目していこうかなと思いました。




ちなみに。

この日、最も泣きそうになったのは、大ちゃんのギターソロを久々に聞いた瞬間だったりしますw

あと、ガンちゃんはここでも人気者だったなぁw










追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2014/04/08 00:56】 | choucho
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。