茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よつばと第10巻の表紙

よつばと

ダンボー

内容は・・・・・


あいかわらず面白いですな。

うちの子どもたちも小さい頃はこのぐらい可愛かった・・・ハズ。

スポンサーサイト

【2010/12/01 00:10】 | マンガ
トラックバック(0) |

No title
バーグ
よんだぞ!
やっぱりよつばはさいじょうだ!!!

Re: No title
ユッきぃ
> よんだぞ!
もうよんだのか?!
バーグはえらいな!

> やっぱりよつばはさいじょうだ!!!
ダンボーはさいきょうだ!!!
おかねがないとうごかないけどな!

コメントを閉じる▲
やっと「ちはやふる」10巻を読みましたが。

このカバーデザイン。

ちはやふる10巻


なんかちょっと、どこのBLかって感じで手に取るのをためらったよ。


でも中身は相変わらず熱血な感じでよかったです。


「団体戦は個人戦」って名言もいただきましたし。


【2010/10/16 22:04】 | マンガ
トラックバック(0) |
アニサマ2日目。
トップバッターのみのりんは、
アクエリオン
パラロス
優しい忘却
とアニソンで楽しませてくれて、
最後はフリドリでしっかり盛り上げたみたいですね。

やっぱり見たかった。




全然話はかわりますが。

ウチ(というか妻が)では犬を飼ってます。

で、最近、犬が私にじゃれついてくる度に、
妻が「おとうさん!おとうさん!」とはやしたてます。

というか、犬が私に「おとうさん!」って声をかけてるって言いたいらしいです。
まるで犬のアニメにアフレコしているような感じです。

まあ、そんなに好かれているなら、悪い気はしないけど。

でも、やたらうれしそうに言ってるので、何か変だなと思っていたのです。



やっと理由がわかりました。


「星守る犬」


村上たかしさんのマンガです。
結構有名みたいですね。泣ける話として。
最近買ったらしく、ウチに置いてありました。

この作品に出てくる犬が、飼い主一家の中の「お父さん」に
「おとうさん!おとうさん!」
「はい!おとうさん!」
「わかりました!おとうさん!」
と、どんな時でも従順に健気に着いていくんです。

このお父さんと犬が、旅路の果てに寄り添って死んでいく。

それだけ聞けばすごく泣ける良い話みたいだけど。



問題は、このお父さんが旅に出ることになった理由。



仕事を失い、病気にもなった末に、妻と娘に見捨てられ、慰謝料で財産も失って旅に出るしかなくなるんです。



私の妻が「おとうさん!おとうさん!」って嬉しそうに言うのって、どういうつもりなんでしょう?



なんだか自分の将来が心配になってきました。。。


【2010/08/31 00:12】 | マンガ
トラックバック(0) |
ちはやふる9巻を読みました。

かるた部に後輩が入部してきて新たな嵐が巻き起こるわけですが・・・

相変わらずの正当派「スポ根」マンガでスラムダンクに並ぶほどの熱さを感じさせます。

ウチの子がかるた部に入部したのも、この熱にやられたせいかもしれませんw

ところで

9巻を読んでいて、「主人公ちはやってみのりんみたいだなぁ」と思ってしまいました。

名前が似ているからじゃなくてw

凄い美人だけど天然なところ。

モデルのお姉ちゃんよりもスタイルがいいほどの美人なのに、喋ると残念なために「無駄に美人」と呼ばれるちはや。

そして強欲とまで言われるほどのかるたへの情熱とかるた部の仲間への思いの深さ。

ついついみのりんと重ねて見てしまいました。

茅原さんと同じく、ちはやさんの今後からも目が離せません。

【2010/06/24 22:12】 | マンガ
トラックバック(0) |
聖☆おにいさんの第5巻を読みました。

なんか段々ギャグが難しくなっているような気が。

調べないとわからないことも。

自分がものを知らないだけ?

それとルシファーさんが登場するようになりましたが、デビルマン(マンガ版)を思い出してしまいました。

神と悪魔、正義と悪を描いて後のマンガに大きな影響を与えたデビルマン。

エヴァやBASTARD!!を見たときもデビルマンを連想しましたが、こんなにほのぼのしたギャグマンガで思い出すとは。

でもあの屈折したキャラは、ある意味どの作品でも共通してるのかな?

【2010/06/18 02:21】 | マンガ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。