茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も

みのりんはアニサマに出演します。

今年のアニサマは3日間公演だそうですが。
みのりんは、初日の8月23日に出演です。

ちょっと前、ネット上で、みのりんやゆかりんは、もうアニサマに出演しないのでは?って憶測記事が出てました。
根拠は、1人で大規模会場に集客できるアーティストにとって、アニサマ出演のメリットが無くなってきたからってことらしいですが。

みのりんは、「アニサマは自分にとって大事なイベントだし、その時点の自分の実力を確認できる」って主旨の発言を何度かしてたと思います。

メリットの問題では無かったようですね。



で、出演決定の記者会見があったわけですが。

こちらが、タワーレコード・オンラインの記事。
栗林、May'n、茅原ら9組が登壇! 〈アニサマ2013〉記者会見レポート

今年のテーマは〈FLAG NINE(=閃く旗)〉で、実際に旗も用意されてるとか。
ジョジョのOPを歌った富永TOMMY弘明が出演するとか。
テーマソングがゴダイゴの映画版 銀河鉄道999だとか。
その演奏メンバーのドラムが、そうる透だとか。
みのりんに憧れてアニソン歌手を目指したというZAQが、「いつかこの女神のふところに包まれて歌いたい」と、みのりんへの愛に満ちたコメントをしたとか。

もう、おじさん的に興味をそそられるポイント満載の記事ですが。

そんな中でも、特に私の目にとまったのが。
「今後コラボしてみたいと思う人は?」っていう質問に対するみのりんの答え。

「平野綾ちゃんと後藤邑子ちゃんと、また3人で“ハレ晴レユカイ”を歌って踊れる日がきたらいいなあって思ってます」



みのりん。
私もそう思いますよ。


いつか、その想いが叶うことを願ってます。

いえ、信じてます。


いつかきっと。





スポンサーサイト

【2013/03/31 18:26】 | みのりん
トラックバック(0) |
私が、しばらく忙しくしていた間に。

みのりんの新曲、「この世界は僕らを待っていた」のPVショート・バージョンが公開されてました。

真冬の日本で撮影されたとは思えない、トロピカルな映像になってます。
ちょっと、無理してトロピカルに加工しすぎじゃないかとも思いますがw

まあ、大自然の中で、みのりんが歌うだけっていう、茅原実里の王道PVですねw

南の島にも、女神はいたってことで。


ところで。


この歌、既にアニメのPVで聴いてますが。
そのときよりも、歌がイイような気がします。
アニメのPVと違って、歌がちゃんと聴こえるからかな?

そして。

これまでの(特に最近の)みのりんのCDと比べて、みのりんの声をしっかりとらえているような。



気がするwww



まあ、ちゃんとCD聴いてみよう。

いや、早く発売して





【2013/03/30 19:47】 | みのりん
トラックバック(0) |
radio minorhythm第306回のシークレットトラック。
「私が今までやってきたライブの本数って、一体何本何だろう?」
と言ってましたが。

その場で答えを教えてくれなかったので。
自分で数えてみることにしました。


ただし、数えた対象は、次の条件に該当するものに限定。
・茅原実里名義の単独公演で
・歌のライブが主体の公演で
・他のイベント等に付随する公演ではないもの

台湾応援ツアーやUSJクリスマスライブみたいに、判断が微妙なものもありましたが、独断で判定w


それでは早速。


2005年 2公演
・春祭り2005
・誕生祭り2005

2006年 2公演
・春祭り2006
・LOVE LIVE 2006

2007年 2公演
・i melody
・春祭り2007in東大

2008年 7公演
・Contact(3公演)
・Contact追加(4公演)

2009年 14公演
・Parade(9公演)
・Parade追加
・SUMMER CAMP(2公演)
・2009 Final
・Countdown Live 2009-2010

2010年 18公演
・Sing All Love(14公演)
・Sing All Love追加
・SUMMER CAMP 2(2公演)
・Christmas Party 2010

2011年 13公演
・Key for Defection(6公演)
・SUMMER CAMP 3(3公演)
・Acoustic Live 2011(2公演)
・2011 Final
・Countdown Live 2011-2012

2012年 21公演
・A-Formation
・D-Formation(15公演)
・ULTRA Formation
・PARTY Formation
・SUMMER CAMP 4(2公演)
・Birthday Live 2012

2013年 2公演
・m.s.s Premium Acoustic Live(2公演)


ということで。


2005年の春祭りから2013年のmssアコースティックライブまで、全てを数えると。

合計81公演になりました。

Contactツアー以降に限ると75公演です。


ランティス所属以前の3年間は年2公演しかなかったのに。
Contactツアーを開始した2008年の7公演以降、2009年は14公演、武道館公演を達成した2010年は18公演と急拡大。
ところが、東日本大震災が発生し、みのりん自身も目標を模索していた2011年に13公演といったん減少。
しかし、タイアップ曲を連発するようになり、2年ぶりのアルバム発売、CMBメンバー交代と、次々と意欲的な展開を見せた2012年には、21公演と過去最高の公演数に。

公演数の変遷を見るだけで、みのりんの歌手活動の歴史が感じられます。
ちょっと、ウルウルしてしまいましたw


ちなみに。
私が参加したのは17公演だけ?ですが。

全公演に参加した人っているのでしょうか?
mssアコースティックライブが、どちらか1公演にしか参加できないはずなので、不可能だと思うのですが。

もしいるならお会いしてみたいものです。










【2013/03/24 18:40】 | みのりん
トラックバック(0) |


シュウ
お久しぶりです!!

 二年前のFCイベントのときですが、海外の公演も
含めて、ほぼ全ての公演に参加したことがあるという
人に会ったことがあります。

 ツアーは毎回全通で、アコースティックライブは
昼、夜、両方当選という強者ですww


あげたこ
きっとその参加公演が1つしか行けないって言う分以外ならもしかしたら何かの社長さんとかで休みを自由にできてお金も自由が利く人ならありえるかもしれませんねw
ほんとそういう人がいるなら見て見たいw
(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!

Re: タイトルなし
ユッきぃ
>シュウさん

久しぶり~

リアルに全通な人っているんですね
海外までも全部とか信じられん!
海外どころか、北海道も行ったことないからな~


Re: タイトルなし
ユッきぃ
>あげたこさん

多分、お金があるとか自由が「ある」じゃなくて、「つくる」人だと思うよ
阪神タイガースの応援団とかで、全試合応援に行く人とかいるけど、
そのために、仕事も変わったり、収入全部つぎ込んだりと、
気合が違いすぎるよね。



コメントを閉じる▲
もちろん、とっくに買ってました!
何回も聴いてましたが。

あわてて感想を書くこともないかと思ってしまいw


01. HYPER NEW WORLD (「TERMINATED」c/w)
  作詞:こだまさおり 作曲/編曲:菊田大介(Elements Garden)
02. Best mark smile (「Freedom Dreamer」c/w)
  作詞:1pack market 作曲/編曲:山田高弘
03. 赤い棘のギルティ (「Planet patrol」c/w)
  作詞:古屋 真 作曲/編曲:増田武史
04. animand~agitato (「PRECIOUS ONE」c/w)
  作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:菊田大介(Elements Garden)
05. 愛とナイフ (「PRECIOUS ONE」c/w)
  作詞:畑 亜貴 作曲:俊龍 編曲:藤田淳平(Elements Garden)
06. IDENTITY (「Celestial Diva」c/w)
  作詞:茅原実里 作曲:俊龍 編曲:大久保薫
07. Sandglass~記憶の粒子 (「Melty tale storage」 c/w)
  作詞:こだまさおり 作曲:俊龍 編曲:中西亮輔
08. 勇気の鼓動 (「Paradise Lost」c/w)
  作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:菊田大介(Elements Garden)
09. Last Arden (「君がくれたあの日」c/w)
  作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:菊田大介(Elements Garden)
10. Say you? (「雨上がりの花よ咲け」c/w)
  作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:菊田大介(Elements Garden)
11. Peace of mind~人魚のささやき (「純白サンクチュアリィ」c/w)
  作詞:椎名可憐 作曲:鈴木盛広 編曲:藤田淳平(Elements Garden)
12. ひとりにひとつの永遠 (「KEY FOR LIFE」c/w)
  作詞:畑 亜貴 作曲/編曲:菊田大介(Elements Garden)
13. purest note ~あたたかい音 (「Planet patrol」c/w)
  作詞:こだまさおり 作曲/編曲:黒須克彦
14. Sunshine flower (「Tomorrow's chance」c/w)
  作詞:畑 亜貴 作曲:俊龍 編曲:藤田淳平(Elements Garden)
15. ひとひらの願い (「SELF PRODUCER」 c/w)
  作詞:茅原実里 作曲/編曲:黒須克彦


なんだか、このリストを見るだけでも楽しいです。

1曲目ハニワから6曲目IDENTITYまでのたたみかけが激しいですね~
これがカップリングっていうのが驚きですが。
ライブの盛り上げポイントに配置される曲たちですもんね。
割と最近の、ライブを意識して作られた曲でしょうか。

一転、7曲目のSandglassから12曲目ひとりにひとつの永遠までは、B-sideらしい曲達。
ここが、このアルバムのメインパートのような気がするのですが。
ちょっと押さえ目で、ライブ中盤のじっくり聴かせるパートで歌われる曲ですね。
というか、ほとんどライブで歌われない曲ばかりですねw
でも大好きな曲ばかり。
秘かにヒトカラの定番曲だったりしますw

そして、13曲目purest noteから15曲目ひとひらの願いは、ライブ終盤を締める感動的な曲たち。
この3曲の流れはウルっとしちゃいますね。
どれも、みのりんの想いを語りかけてくれるような歌詞ですが。
こだまさおりさん、畑亜貴さん、みのりんと3人の詞が並んでるのも印象的です。
ライブでもこの3曲でエンディングを迎えても良さそうな気がします。


というか。

実際に、このセトリのライブを見てみたい。
シングル曲もアルバムリード曲もタイアップ曲も全くありませんが。
純白も無しになってしまいますが。

いやMCも要らないかも。

たんたんと、B-side Collectionの収録曲を歌うだけ。
それで十分みのりんらしいライブになると思います。

本当にやらないかなー
そんなライブ。






【2013/03/20 23:11】 | みのりん
トラックバック(0) |


バーグ
表紙に惹かれたけど買ってない←
もうCDとか買ったら取り込んで飾りになってるからなぁ/(^o^)\

Re: タイトルなし
ユッきぃ
>バーグさん

> 表紙に惹かれたけど買ってない←

中はもっと凄いのに(^0_0^)

> もうCDとか買ったら取り込んで飾りになってるからなぁ/(^o^)\

D-Formationの箱の中に入れちゃってるCDもあるしなwww


コメントを閉じる▲
先日、駅で怖い思いをしたみのりんですが。

その日のminorhythmに100件を超えるコメントがついてるなと思ってたら。

みのりんを励まそうとする、たくさんのコメントを泣きながら読んだそうです。

そして、自分は幸せだなとあらためて感じたと。


よかった。
安心しました。

しかし、みんな、みのりんのことが大好きなんだな。

とても大事にしてるんだな。

その気持ちをすぐに、ストレートに伝えたんだな。


おじさんは、どうも大事な気持ちほど伝えるのをためらってしまうというか。

ことばにできないというか。

このブログに綴っただけにとどまりましたが。


やはり、大事なことは率直に伝えることが大事。

そんなことを思ったのでした。





【2013/03/20 00:56】 | みのりん
トラックバック(0) |
みのりん、怖い思いをしたようですね。

駅のホームで目があっただけで文句を言われたそうで。

結構、長い間、東京で一人暮らしをしているみのりんですが。

時には変な人と出会うこともあるでしょう。

でも、そんな怖い人に出会うなんてね。

おかげで、今日一日うつむいて過ごしてしまったようで。

1人暮らしが余計に寂しくなってしまったようです。

かわいそうに。

早く元気になってね。

みのりん!








【2013/03/19 00:07】 | みのりん
トラックバック(0) |
Project Yamato2199♪

みのりん、ヤマトに出演するだけじゃなくて、OPも歌うんですね。
しかも、超豪華メンバーのプロジェクトの一員として。


***************************************
「宇宙戦艦ヤマト」をドリームチームが歌う!!

2013年4月7日より、毎週日曜午後5時~MBS・TBS系全国ネットにてTV放送が開始となる、
「宇宙戦艦ヤマト2199」の主題歌情報について追加発表いたします。

TV放送のOP主題歌「宇宙戦艦ヤマト」新バージョンを、ささきいさお、JAM Project、中川翔子ほか
アニソンアーティストで構成するドリームチームで歌唱いたします。

アーティスト名称は、「Project Yamato 2199」!

「宇宙戦艦ヤマト」を一つの契機に、動き出したプロジェクトです。
現在、活躍するアニソンアーティスト31組が夢の共演を果たします!
メンバーは既に発表済みのJAM Project(影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹)、
中川翔子、ささきいさおに加え、本日(3月15日)発表されました、
水木一郎、堀江美都子ほか、全31組が担当します。

本日より、TV第1話放送の4月7日まで毎日、本サイトにて、参加アーティストを発表して参ります。
*********************************************


40年近く前に歌われたヤマトの主題歌を、今あらためて、ささきいさおさんが歌う。
しかも、盟友とも言える水木一郎さん、堀江美都子さんとともに。
さらに、JAMをはじめとして現代アニソン界のトップランナーたちも加わって。
さらにさらに、そこにみのりんがいる。
もう、おじさん的には、感無量のテンコ盛りで言葉にならないほどですが!

ちょっとだけ気になったのが、みのりんを紹介する写真の下に書いてあったこれ。

代表曲:
「Paradise Lost」
「優しい忘却」
「TERMINATED」

みなさん、これで納得ですか?w
きっと、いろんなご意見があるかとww
ただ、「アニソンの」の但し書きがつくなら、こうなるんですかね?

それはそれとして。

「現在、活躍するアニソンアーティスト31組」からなる、
「ドリームチーム」に選ばれたみのりん。

おめでとうございます!

想いの詰まった熱い歌声を期待してます!!








【2013/03/17 18:47】 | みのりん
トラックバック(0) |
今日、納谷悟朗さんがお亡くなりになりました。

報道を見たときは、「えっ?」って。
もう83歳だったんですね。
ずっと活躍されていた印象があったので、以外に思ってしまいましたが。
そういえば、最近は年に1回のルパンのテレビSPぐらいで。
それも、おととし山寺さんに代わってたし。
そう、その時、いつかこういう時が来ることを想像できそうなものですが。
全く、思いつきませんでした。
そのぐらい、納谷悟朗さんの声は、あってあたりまえのものだったのかな。
私が物心ついたころには、既に洋画の吹き替えでハリウッドスターの声を担当していたし。
ルパン三世以前から、テレビのアニメ、特撮で声を聴いていたし。
テレビっ子からアニオタへと立派に成長していった私にとって、お名前を意識するはるか以前から、耳に染み込んでいたんだと思います。
納谷悟朗さんと言えば、アニメでは銭形警部のような濁声や、沖田艦長のような老け声が印象的でしたが。
もう一つ、ナレーターとしての、声が思い出されます。
キャラクターを演じるときよりも、少し綺麗で、ちょっと落ち着いた声。
無意識に脳裏に刻まれているのは、むしろこの声かもしれません。
Wikipediaを見たら、アニメ、特撮はもちろん、ドラマとかもあって、とにかくあれもこれも納谷悟朗さんだったのかと。
銭形警部は別格として。
印象に残っている納谷悟朗さんの声は何かなと考えてみたら。
真っ先に出てきたのは、キャシャーンのOPナレーションでした。
「たったひとつの命を捨てて、生まれ変わった不死身の身体」ってやつです。
七五調(七七調?)のセリフと、納谷悟朗さんのテンポの良い口調、落ち着きがあるけど重々しすぎない声。
全てが胸に刻み込まれています。

あの声を新たな作品で聴くことは、もうないのですね。
なにか、私自身の人生に、大きな区切りがついたような錯覚をしてしまいそうです。

でも。

納谷悟朗さんは、これまで数多くの作品に出演されています。
現在でも観ることができる作品の中で、その声を聴くことができます。
もちろん、我が家にもあります。

これまでと同じく、意識せずともその声を聴くことができるのかもしれません。




納谷悟朗さんのご冥福をお祈りします。






【2013/03/12 00:15】 | 日記
トラックバック(0) |
radio minorhythm第304回を聴きました。

今回は、「m.s.s Premium Acoustic Live featuring Crustacea」のお話をしてくれました。











あれから2週間ほど経ちましたが。


幸せで勉強になったライブだそうですが。

かなり悩んだようですね。
みんなにどうやって聴いてもらうか。

ゆっくり聴いてほしいけど、ノリの曲も多いし。

大阪公演のアンケートを踏まえて、東京公演では座って聴いてもらうことで統一したほうが良いって結論になったようです。

ライブ前、大先生がCMBライブのように自由に聞いてもらえたらって言ってましたが。
あの時は、オールスタンディングだったからね。

今回は、基本着席なので。
各自が自由に立ってしまうと、後ろの人は見えなくなっちゃうから。
立つ曲、座る曲を演者側から指示するしかないでしょうね。

それを如何に違和感なくスムースにできるか。
今後の課題でしょうか。


まあ、そんな課題はありましたが。


みんなが楽しんでくれて良かったって。

けど、2公演で終わっちゃうのが寂しいって。

緊張よりも、気持ち良かったって。

音楽を心底楽しめたって。

みんながクラスタシアに興味を持ってくれたのがうれしかったって。
(amazonの何かのランキングで3位になったそうです!)


きっと、みんな同じ気持ちだと思います!



いつか、また。




ところで。

茅原実里のCD大作戦なる新コーナーが始まるそうですが。
欽ちゃんリスペクトらしいですがw

要は。
曲のワンフレーズを使ってネタを作るコーナーですが。

使っていい題材が、ランティス発売の茅原実里名義の曲だけって。
難しすぎないですか?

すぐにネタ切れになりそうな気が・・・・・


でも、今回、例題で男性役のセリフを言うみのりんがおもしろかったのでwww

ちょっと期待です。





そして。

minorhythmのブログが3000回を迎えて。
ブログ本を出してもいいかなって。
これは読みたいなー

期待大です!







追記を閉じる▲

【2013/03/10 18:01】 | みのりん
トラックバック(0) |
武装神姫ラジオ第23回を聴きました。

今回は、ゆかりんがゲストに来てくれました。












ゆかりんって、田村ゆかりさんだけじゃなかったんですね。
なんにもしらない私。

「ちょいおた」のタイトルが本当に恥ずかしいです。

グーグル先生に訪ねてみたら。
美人さんの写真がたくさん出てきました。

なかなかのスリーサイズが書いてあって。

あれ?同じ名前のグラビアアイドルさんがいるのか~
と思ってよく見たら同一人物でした。

なんと、声優でもあり俳優でもありグラビアさんでもあるのですか。
すごい恵まれた人だなw

福井裕佳梨さんとみのりんは、お仕事で一緒になることはあっても、じっくりお話したことはなかったそうで。
楽しそうにお話してましたね。

というか。

みのりんの方が突っ込んでるよ!
かなりの天然さんなのですね。
おもしろいリアクションするしw

声のイメージは大人しいお嬢様みたいですが。
スポーツが好きで器械体操までやってたなんて。
意外ですね~

みのりんもスポーツ得意だし、ゆかりんに負けないファンタジスタwだし。


仲良しになってくれたらおもしろそうですね~







追記を閉じる▲

【2013/03/05 23:43】 | みのりん
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。