茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに(ほぼ1年ぶり?)、サマキャン4のニコ生を見ました!

もちろん、中身の感想はもう書きませんよw

しかし。

今頃、再放送しちゃうってことは。

DVD&BDの発売はしないってこと?
ここで放送しちゃったら、もう売れないような気が・・・

もしそうなら、かなり残念です。

正直、2日目の方が良かったと思い込んでいたので。
2日目に歌ってくれた一等星が好きなだけかもしれませんがw

でも、ホントに映像化してほしいな~
お願いしますよ斎藤P~~
限定販売とかで値段が高くなっても絶対に買うから!





スポンサーサイト

【2013/06/30 18:39】 | みのりん
トラックバック(0) |
最近、平日はブログも書けない状態が続いて、ストレス溜まり気味ですが。

今日の休みは、満喫!
ニコ生をTSで見たり。

そして。

MINORI CHIHARA BIRTHDAY LIVE 2012のBD、やっと見れました!

手元にあるのに見れないって辛かったー



で、感想は。
実際にライブに参加した時に、これでもかってほど書いたのでwやめておきますがwww

MINORI CHIHARA BIRTHDAY LIVE 2012の感想 その1
MINORI CHIHARA BIRTHDAY LIVE 2012の感想 その2
MINORI CHIHARA BIRTHDAY LIVE 2012の感想 その3(La la la☆)

MINORI CHIHARA BIRTHDAY LIVE 2012の感想 その4


BD画質で、みのりんやCMBの表情、衣装の細部まで見ることができるのは嬉しいですね。

音声も、MCの聞きとりにくかった部分もしっかり聴けたし。
特に、La la la☆を歌う前のMCというか、ギターを弾く前に躊躇ってぶつぶつ言ってるwのも聴きとれたしww

ちょっと残念だったのは。
ケニーのコーラスが、あんまり聴こえない。
まあ、会場ではしっかり聴こえていたので(それで泣いたw)いいですけどね。

スペースシャワーTVは2時間しかなかったけど、放送された部分の映像は、BDも全く同じ内容なのかなと心配していましたが。
結構違う映像が使われていて、ちょっと安心しました。



あらためて、BDで鑑賞してみると。
茅原実里史上、最高のライブだったかなと。
PARTYより上かもw
ただ、これまで応援してきた想いがあった上での感激もあるわけで。
La la la☆とか、ALL CMBとか、メグちゃんとかね。
例えば、初めてみのりんのことを知ってもらうために見せるとしたら、やっぱりPARTYかな。




メイキングの中で、みのりんが2012年の締めくくりと言ってましたが。
むしろ、これまでの歌手活動全ての総決算でした。


大きな区切りのライブを終えてから、もう7カ月が経ちました。

2月のクラスタシアとのFCライブも経験して。

朗読劇も経験して。



そして、今の茅原実里には、どんな歌が歌えるのか?




早くサマドリに、みのりんのライブに行きたくなりました!!








【2013/06/29 18:24】 | みのりん
トラックバック(0) |
宇宙戦艦ヤマト2199の第12話を見ました。











ますます、おもしろくなってきましたね。

冒頭、ミーゼラ・セレステラと親衛隊長官ギムレーがデスラーの部屋に入るシーンの会話で、反乱分子への弾圧の話が出てきて、今後の展開、特にセレステラのからみがあるのか?が気になるわけですが。
みのりんが重要な役どころを演じている気がしてきましたよ~

また、今回は反乱の話以外にも、ガミラス内の政治闘争だったり、少年少女(幼女?w)のドメルに対する憧れ・信頼、そしてドメルと妻(と亡くなった?子ども?)との愛情などが描かれていました。
オリジナルのときには、ガミラス側に関してここまでの描写は無かったと思います。
今回のリメイクが、より深みを増すと同時に、私のように旧作を何度も見たようなおじさんにも新鮮な気持ちで楽しませてもらえますね。
オリジナルの時は、1年52話のはずが26話で打ち切りになったという事情もあったし、全てを描ききれなかった部分があると思うのですが。
最初から2クールとわかってる今回は、きっちり計算しつくした構成になってるはずですよね。

毎週楽しいな~~~







追記を閉じる▲

【2013/06/23 19:09】 | アニメ
トラックバック(0) |
みのりんに歌って欲しいアニソンを大募集!


やった~♪


と、思ったのだけど。
こんな注意書きが。

「往年の名曲もいいけど、みのりんが活動してきた時代ならではのアニソンを歌ってみるのもおもしろい、ということで、今回は2000年以降に発表されたアニメやゲームの歌をリクエストの対象とします。」


ダメだ


2000年以降って


知ってる曲が少なすぎて


しかも「みのりんに歌って欲しい曲」ってなると。


私が思う、みのりんが歌うと魅力的な曲とか。

私自身にとって、思い出があるとか、思い入れがあるとか。



やっぱり、古い曲になっちゃうよなー


単に好きな曲なら、少しは言えるんだけどね。



思いついたのは、



「宇宙戦艦ヤマト」と「Install × Dream」をソロで歌って欲しい。



ぐらいでしたw






【2013/06/22 18:12】 | SUMMER DREAM
トラックバック(0) |
Birthday LiveのBDがもうすぐ発売されますが。
ダイジェスト映像がyoutubeで公開されてますね。

【茅原実里】「MINORI CHIHARA BIRTHDAY LIVE 2012」ダイジェスト映像




10分近い大作wですw
しかも、サプライズとか、メグちゃんとか、la la la☆とか、サービス満点なダイジェストですね♪

もう、来週の水曜日発売だもんね!!



ベースボール☆

みのりん、横浜ベイスターズのマスコットガールに決定です!
ウソですw


昨日、千秋楽を迎えた朗読劇ですが。
今日もまだ、感情がおさまらないようですね。

今回の朗読劇は、いろんな意味で、みのりんの今後に期待させてくれることになりましたよね。


で、さっき、ふと思いついたのですが。


みのりんだったら、声優&歌手じゃなくて。
女優&歌手でもいけるんじゃ?!
十分フルハイビジョン地デジのアップにも耐えると思う。


あ、もちろん歌手(アニソン)がいいけどwww







【2013/06/17 23:02】 | みのりん
トラックバック(0) |
あれから1年ですね。

幕張で開催されたULTRA&PARTY Formation

ということで。

今日はPARTY FormationのBD見てました。

やっぱりヨカッタね!
今のところベストかな。

もちろん、SSAのBirthday Liveも最高だったけど。
あれは、誕生日という特別な日に、デビュー以来の全てを凝縮して見せてくれた感覚。

純粋に単体のライブとしては、PARTYが上かも。



ただ。



Birthday Liveは、まだBDで見てないからね。

見たら意見は変わる可能性ありwww



てことで、6月26日のBD発売を楽しみにしております♪






P.S.
今日は、朗読劇「私の頭の中の消しゴム」2日目。
素晴らしい千秋楽となることを祈ってます。



行きたかった(;_:)







【2013/06/16 14:58】 | 日記
トラックバック(0) |
声優グランプリ2013年7月号を読みました。











絶叫大使として富士急ハイランドの絶叫マシンに挑戦した様子は、女子力向上計画!のコーナーのスペシャル版として特集されてました。

FUJIYAMAと鉄骨番長に挑んだ様子が写真たっぷりで!
結構カジュアルな様子でいいですね。
でも今月は前編だってw
高飛車に挑戦して気持ち悪くなっているみのりんがみれる来月号が楽しみですね♪

しかし、みのりんのファッション。

ツイッターで見た写真では気付かなかったけど。
かなり個性的なパンツを履いていたのですね!
流石みのりんです!w




で、この絶叫大使スペシャル前編の見開きページをめくると、「茅原実里超ロングインタビュー」って特集が3ページも。
それも、ほとんど文字ばっかりみっちりと詰まってます。

内容は、今年3月31日の前事務所との契約終了とファンクラブ解散にはじまる一連のことについて。
みのりんの置かれていた状況や気持ち、新しい環境で始まったこれからの活動などについて語ってくれています。

読んでみて感じたのは。

う~ん。

みのりんは素直に語ってくれてはいるのだけど。
多分、言えないことが山ほどあって。
むしろ、その中に今回の出来事の原因が詰まっているのだろうな、と。

まあ、勝手な想像ですが。


ただ、これから先への心配だとか、ファン、関係者、知人・友人に対する申し訳ない気持ちなどなど、あの発表をしたことによる不安な胸の内を、とても赤裸々に語ってくれていると感じました。

そして、そんな不安な中で、批判的な声も覚悟していたにもかかわらず、ファンから寄せられた圧倒的に前向きで、みのりんを支えようとしてくれる言葉の数々。
その気持ちに、毎日涙を流しながらコメントを読み、これまで以上にがんばろうと思ったと。


確かに、あのとき私もブログにコメントを書き込みました。
普段はあまりしないのだけれど。
どうしても伝えたくて。

その伝えたかった気持ちが、伝わっていたのだなと。
少しでも、みのりんの力に成れたのだなと。

いつもは、ライブ会場でどんなに声援を送っても、それがみのりんの力に成っていると直接的に確信するのは難しいのだけれど。
このインタビューを読んで、なにかわずかなことなんだけど、実感を得られたような気がします。

ファンとして声援を送り続けていて良かったと思いました。
これからも、送り続けようと思いました。




うん、この特集、読んでよかったよ!








追記を閉じる▲

【2013/06/14 00:14】 | みのりん
トラックバック(0) |
今日のSmile Days

切なさMAX!


カラオケで歌いまくってきたようですが。

みのりん、こういう曲あってると思うんだけどな。
ただ、合いすぎてて、面白くはないのかも。
要は売れないかもw

でも、みのりんの歌が、声が好きな人なら、ハマっちゃうんじゃないかな。

てことで、今年の河口湖で歌ってくれないかな~






【2013/06/12 23:55】 | みのりん
トラックバック(0) |
サマドリ先行グッズ販売が始まりました。

内容は、

1 M-Smile限定Tシャツ 7色(レッド、オレンジ、ゴールドイエロー、グリーン、ロイヤルブルー、パープル、ブラック) サイズ:S、M、L、XL 各3,000円

2 ベースボールユニフォームシャツ サイズ:レディース、S、M、L、XL 6,000円

3 サマドリフラッグ 500円

4 ペンライト(ドリームオレンジ) 1,500円

5 ベースボールキャップ 3,000円

6 マフラータオル 2,500円

7 エナメルスポーツバッグ サイズ:縦300x横400x幅190 6,000円


Tシャツだけが通販限定商品で、後は当日も販売。
内容的には、基本グッズが中心。
てことで、まずまずのラインナップではないでしょうか。

それでは早速、購入計画を検討しましょう!


3のフラッグは必須!

・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・

・・・

以上かなwww


1のTシャツは、元々そんなに欲しくないし。
当日販売のものが気に入ったら買うかも。

2のユニフォームは、家族用のお土産にレディースサイズを買ってもいいかも。
でも、6,000円はなぁ・・・
自分用に買うかどうか。。。

4のペンライトは、キンブレあれば要らないかなぁと。

5の帽子は、被り物似合わないしなー

6のタオルは、過去のライブで買ったやつで十分かなーと。

7のバッグは、学生さんなら通学にピッタリそうだけど、通勤にはね~www


まあ、当日買うチャンスがあれば買うかも。


結局フラッグ1本かな?


ただ、フラッグ1本500円買うために、送料700円とカード手数料がかかるのは勿体ないかな?


いやいや。


当日、灼熱地獄物販に並ばなくて済むための保険代と考えれば、安いものかも!




まあ、もう少しだけ考えてから、買うことにしましょうかね。










【2013/06/12 00:04】 | SUMMER DREAM
トラックバック(0) |
翠星のガルガンティア 第9話を見ました。










いやー、ついに本気出してきましたね~
虚淵さんがw

異形の宇宙生命体だと思っていたヒディアースが、地球人が科学の力で自己進化した姿だったとは。
ある意味、本当に「イカちゃん」だったわけですね。

氷河期への対応として、「イボルバー」なる組織がバイオ技術で産み出した?共生体がヒディアースなのかな?
あるいは、共生体と人間が一体になった姿がヒディアースなのかな?
おそらく後者か。
宇宙空間でも適応できる生命力が、地球に戻ってきて海にも適応したけど、逆適応で戦闘力が弱った?
それとも、宇宙に進出したグループとは別に地球に住み続けたグループが、地球で「クジライカ」と呼ばれることになったのか?
そこは、ちょっとわからなかったです。

イボルバーに対抗する「コンチネンタル・ユニオン」って組織は、宇宙に生存領域を求めようとして、ワームホール・ドライブ技術を開発して出て行った。
それがレドが生まれ育った人類銀河同盟になったらしい。

ここまで説明を聞いて、「地球へ・・・」を思い出したのは、おじさんだけでしょうか?

ただ、コンチネンタル・ユニオン側も、長い年月をかけて宇宙空間を旅するために、人体になんらかの人為的操作or改変をしているようです。
それは、現在のレドにも影響があるのか?ないのか?
ちょっと気になります。

海底で見つけたヒディアースの子ども?(それとも共生体の幼体?)を、チェインバーが握りつぶしてしまったために、止めようとして絶叫するレドですが。
ガルガンティアに来たころのレドなら、こんなに苦しむことはなかったんでしょうね。
8話までで経験してきた、地球人との交流、そこで生まれてきた(思い出してきた)「感情」が、彼を苦しめているなんて・・・


しかし、氷河期の到来が物語の始まりっていうのが、おじさん的には惹かれますね。
おじさんが子どもの頃は、地球温暖化問題などはカケラも心配されておらず、氷河期がもうすぐやってくる的な危機が心配されていたはずなのに。
なんで最近、氷河期について言われなくなったのか、不思議に思っていたのですよ。
太陽の活動は低下してるのにね。(黒点が無くなってるそうですよ。)



まあ、それはおいといて。

この急展開したストーリー。
残り数話で決着できるんでしょうか?

ストーリー中盤で積み上げてきたホノボノエピソードは、レドと視聴者を絶望に突き落とすための仕掛けに過ぎなかったのか?
それとも、みのりんが歌うOPテーマの通り、「未来がある」結末を描いてくれるのか?

ちょっと心配になってきました。















追記を閉じる▲

【2013/06/09 19:17】 | アニメ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。