茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニサマ・ワールド

無事に終わったようですね。


ANISAMA WORLD 2013 in Tokyo♪



みのりんは、ソロではZONE//ALONE、SELF PRODUCER、TERMINATED、Paradise Lostと現時点のアニソン鉄板曲で臨んだようですね。
さらに、奥井さんとのコラボで輪舞-revolution、創聖のアクエリオンの2曲を歌った他に、過去のアニサマでの、コラボ映像も流れたようです。
さらに、パラロス歌ってる時のバックに喰霊の映像が流れていたというのは、単独ライブでも(たぶん)無かったようなレアな演出で、かなり羨ましいです。

公演全体としては、生バンドではなくカラオケだったとか、過去映像が多すぎたのではとか、音響が悪かったのではといった問題点もあったようですが。

新たなコンセプトとして受け入れられるか、改善すべきは出来るのかなど、今後を見守るしかないかなといったところでしょうか。


それよりも。

みのりんがブログに書いていた、
「影山さん、そして奥井さんと一緒にステージに立てる喜びを噛み締めていました。」
「このお二人の背中をずっとずっと見つめながら、追いかけながら唄っていきたい」
って言葉が重いなと。
やはり、この2年間の二人が(JAMが)不在だったアニサマは、みのりんにはかなりの重圧だったのでしょうか。

役割を担うことで果たせる成長もあるけど。

重圧のないところで地道に、でも全力で積み上げる成長もあるわけで。

どちらが良かったのか。
みのりんの歌手生活に、どんな影響を及ぼしていくのでしょうね。






スポンサーサイト

【2013/09/29 23:08】 | みのりん
トラックバック(0) |
境界の彼方のPV(short ver.)が公開されました!





髪をショートにした白みのりんが印象的。
ショートが似合いますね。
ZONE//ALONEやSELF PRODUCERのときもショートにしてましたが。
今回は、ちょっと外側にはねた様なスタイルで、メイク、衣装とともにふんわりと自然な感じ。
やっぱり美人さんはナチュラルっぽいのが似合いますね。

みのりんが、みんなが驚くはずって言ってたのはこのことでしょうか?

それとも、みのりんじゃない女の子が走ってること?w
まあ、おばあさんの時みたいな波紋は呼ばないと思うけどw

不思議なミニチュアの街のことかな?

まだ何か他にあるのかな?


ブルーのロングドレスのみのりんは、安定の女神路線です。
ZONE//ALONEの赤いドレスに似てる気もしますが、メイクとか真っ直ぐな髪とかの雰囲気が、よりストレートに美人さんを感じさせてくれますね。


曲の不思議な感覚を邪魔せずに、イメージを膨らませてくれるPVかもしれません。


早くフルも見てみたいね。







【2013/09/28 17:42】 | みのりん
トラックバック(0) |
今週末に開催される、みのりん出演のこちらのライブ。

ANISAMA WORLD 2013 in Tokyo


参加しませんが。
実は気になってます。

「アニサマをもっと気軽に地方や海外で公演したい」

って想いから企画されたそうです。
でも「in TOKYO」なのは、テストケースだからでしょうか?w


「原点に戻り、アニサマの存在意義を追求した」
そうですが。

みのりん以外の出演アーティストの顔ぶれを見ると
earthmind
赤咲
奥井雅美
影山ヒロノブ
栗林みなみ
Valerie

赤咲さんは、台湾のアニソンシンガーのようですね。
Valerieさんは、シンガポールの歌手で、元Sea*Aのメンバーだそうです(解散してたの?!)。

その他のみなさんは、アニソン界のトップランナーの皆さま。

いわゆる「声優アーティスト」はみのりんだけですね。
そのへんがアニサマの原点、存在意義なんでしょうか?


そんなアニサマの新しい試み自体が気になりますが。


そもそも出演者数が少ないので、一人あたりの曲数が多くなりそう。
みのりん、何曲歌うのかな?

奥井さんと久々のコラボで輪舞レボリューションを歌うかも?!
影山さんや栗林さんとのコラボも有り得るかも?

また、会場のアンフィシアターが収容3000人の割にステージが近くで円形のステージを取り囲むよう。
でもステラシアターと違って、客席が低くてステージの目線に近く感じられるし。
単純に、あそこで歌うみのりんが見たい!(武装神姫で見たけどソロで見たいの!w)


などなど。


いろいろ気になるのだ。



みのりん、どんなパフォーマンスを見せてくれるのかな?

アニサマの新展開第一歩でもあり、きっとみのりんもテンション上がるだろうな。






あー、行きたかったーーー!






【2013/09/25 19:11】 | みのりん
トラックバック(0) |
今言っても仕方がないのは分かってますが。



みのりんのNew Albumは、どんな内容になるんでしょうね?w



D-Formation以降発売された、アルバム未収録曲は5曲。
Cerestial Diva
ZONE//ALONE
SELF PRODUCER
この世界は僕らを待っていた
境界の彼方

これに、D-Formation同様に、新曲をプラスして14曲程度でしょうか?


radio minorhythmでみのりんが発言した内容では、
「コンセプチュアルなアルバム」
「攻める」
ってことだけど。
みのりんの「攻める」は必ずしもゴリゴリでハードな曲ってことでもなさそうなので、あまり参考にならないかもw

コンセプトを考えるときに、シングル曲の傾向を手掛かりにするとして。
Cerestial Diva以外は、希望に向かう前向きさを感じさせる(部分がある)曲かなと思うけど。

前作D-Formationが電脳アリスの物語だったから、今度は人間世界の真っただ中でいろんな人や感情に巡り合っていくとか。

例えば、ハートウォーミングな印象のあったParadeの、進化形とか


・・・・・


やっぱり駄目ですねw
具体的なイメージが出てこないww

まだ早すぎましたwww



でも気になるなー
どんなアルバムになるんだろ?








【2013/09/24 23:39】 | みのりん
トラックバック(0) |
今日のSmile Daysの記事。

ニトロスーパーソニック2013 in 東京国際フォーラム♪


最近、イベントに出演して歌う機会が多いみのりん。
今日は、この世界はぼくらを待っていたを歌ったようですね。


しかし、この写真のみのりん。

かなり痩せたようですね。
肩から二の腕にかけての薄さが、今までのみのりんとかなり違うきがします。

ジム通いの成果が出ているようで、みのりん頑張ったんだなーと感心しますが。

一方で。

痩せすぎになりはしないかと、ちょっと心配。

痩せて綺麗になるのはいいんだけど。
そこには、「健康的で元気な笑顔」が欠けてはダメだと思うのです。
それこそが、みのりんの魅力の大事なポイントだと。

さらに急激に痩せすぎると、美容的にも宜しくない事態になるかも・・・



そもそも、今現在のみのりんファンで、もっと痩せてほしいと思ってる人はほとんどいないと思うんだけど。

最も、より多くの人に関心を持ってもらうためには、こんな努力も必要なんでしょうか・・・



とにかく、健康にだけは気をつけてほしいな。

長く歌声を聴かせてもらうために。








【2013/09/21 22:56】 | みのりん
トラックバック(0) |
10月から始まるアニメ「境界の彼方」
みのりんは、OP曲を歌うし。
主要キャラの名瀬美月として出演もするし。

期待大なわけですが。

既にキャラソンの発売も決定しました。

「境界の彼方」キャラクターソングシリーズVo.1
栗山未来(CV.種田梨沙)×名瀬美月(CV.茅原実里)
2013年11月27日(水)発売
価格 ¥1,238(税抜き)
収録曲 デュエット曲・各ソロ曲の計3曲を収録

デュエット曲とソロ曲ですって!

みのりんのキャラソンは良いですね。
曲とキャラの魅力をアップさせると思うのですよ。
アニソン歌手とはまた違う才能だと思います。

しかし、キャラソンの発売って、こんなに早く決まるものなんですか?
それとも、京アニさんが力入ってるの?(ランティスさんの?)

いやー楽しみですわ~








【2013/09/19 22:45】 | みのりん
トラックバック(0) |


バーグ
これは買わないとぉぉぉ!!!

最近はみのりん関係から遠ざかっていますがユッきぃさんの記事を見ると自分も頑張らないと!
と思います。

Re: タイトルなし
ユッきぃ

>バーグさん

そう思ってもらえたらとっても嬉しいです!
子育てで忙しい毎日だろうけど、
みのりんの歌を聴いてパワーアップして頑張ってね~


コメントを閉じる▲
みのりんのNEW ALBUM発売が決定しました!

今日配信の第332回radio minorhythmで発表されました。

既にランティスのHPでも発表されてます。

茅原実里│12/11(水)に待望のNEW ALBUMが発売決定!
■茅原実里 ニューアルバム商品情報
タイトル未定 2013年12月11日 発売
・BD付限定盤
品番:LACA-35360/価格:5,524(税抜)
・DVD付限定盤
品番:LACA-35361/価格:4,571(税抜)
・通常盤
品番:LACA-15361/価格:2,857(税抜)

BD付限定盤・DVD付限定盤には、今年2月に開催されたFC限定ライブの映像が全編収録されるそうです。
全編ってことは向井さんのMCもwww
みのりんと大先生がスタジオに籠りきりで作業してたのは、これだったんですね。


しかし、「m.s.s」関連のものが日の目を見るとは思っていませんでした。
調整大変だったんじゃないのかな?
ありがとー!大人の人たち!


そして、なによりも、アルバム発売ってことは、その後にツアーが!
アルバム発売が12月11日なら、ツアーは2月ぐらいからかな。
今回こそ北海道に行きたいな~


あれ?

だけど、12月11日に発売ってことは、クリスマスライブの前?
クリスマスライブでNEW ALBUMの曲も歌うってこと?
それともツアーまで取っておくの?


わかんないです。



でも楽しみが増えたことは間違いない!






【2013/09/18 22:45】 | みのりん
トラックバック(0) |
やっぱり面白かった!
4期おもしろいね。

1~3期の経験を踏まえて、より楽しい作品にしてくれたのかな。




ただ。










ただですね。



ちょっと穿った見方かもしれませんが。



こうすりゃ喜ぶんだろ、的な意図も感じなくはない。


とくに春香さんのキャラかな。
優しく暖かい愛情たっぷりのお姉さん。
だけど、だらけたところもあり、拗ねてみたりもするカワイサも見せる。
まさに女神。
そう、女神過ぎるほどに。

1話ごとの構成も無難に普通なものになってて。
シリアスタッチな絵をいれることもなく。
やたら長いアバンやCパートを入れることもなく。
オリジナルキャラを出すこともなくw

全体的に、敢えて挑戦的なことはしない感じ。

OP曲も、もちろん新曲なんだけど、人気が高い1期のコード進行と全く同じというのは、挑戦的といえなくはないけど究極の前例踏襲といえなくもないw



でも。

やっぱり。




目に見えて変わったことや挑戦的なことをせず。
1~3期のお話とキャラを踏まえつつ、丹念にお話を作っていくだけ。
それだけで、みんなが面白いとおもってくれる作品を作るっていうのは、実は一番難しいのかもしれませんね。

1期から4期まで一気に連続して見たからこそ、丁寧に作ってくれたなーっていうのが分かった気がします。




ってことで、結局やっぱり、4期が一番面白かったなーとw










追記を閉じる▲

【2013/09/17 22:53】 | アニメ
トラックバック(0) |
みなみけ四期のニコ生。
今日じゃなくて明日だったのか。
祝日マジックにはまってしまった!

明日こそ見ます。
でもお墓参りの予定なんだが。。。



今日の午前中は、進撃の巨人第23話を見ましたが。
え?!
そうなるの?
全く予想してませんでした。
キャラクターとしての行動をしっかり押さえてるから、ついつい感情移入してる間に意外な進展をして・・・
来週、どうなっちゃうんだろ?



そしてyamato2199
旧作へのオマージュは見せつつも、「新作」としての展開で驚かせてくれます。
サービスもあるしw(ミズギww
いったいどんな着陸を見せてくれるのか?
もちろん、旧作をしっかり踏まえつつですが。
こちらも来週が楽しみ。



進撃の巨人もyamato2199もそうですが。
やっぱり、2クールは見ごたえある。
毎週のストーリー一つ一つの積み重ねが織りなす流れが、最終回に向かって収束し、そして向かえるエンディング。
感動しますよね。

本当は1年欲しいところだけど。
今、それを見せてくれるのはプリキュアぐらいか?

まさに大河ドラマ。

今期2大作品の流れの果てが楽しみで仕方ありません。











【2013/09/15 22:28】 | アニメ
トラックバック(0) |
ニコ生で「みなみけ」シリーズの一挙放送をやってますね。

先週までに、

一期「みなみけ」

二期「みなみけ おかわり」

三期「みなみけ おかえり」

まで放送が終了しました。


私、全部見ましたよw(TSだけど
明日の四期「みなみけ ただいま」も見ます。


実は、これまで四期以外は、全話通してしっかり見たことが無くw(本放送してた頃はアニメ自体ほとんど見てなかったし)
四期を見るまでは、アニメよりも、みのりんが歌う「経験値上昇中☆」が好きって感じでした。


今回1~3期通しで見た感想としては・・・・・






以下、追記から。

広い心で、どんな意見も聞いてやるって方だけ読んでくださいw








最初に言っておきますが、私、原作は読んだことありません。



感想としては、やっぱりおもしろかったです!

って、それだけかwww



これまでいろんな人の感想を聞いてきましたが、「やっぱり一期が好き」って気持ちはなんとなくわかりました。
みんなが期待するみなみけらしさは、ここからはじまってるんですね。

ただ、よく話題になるおもしろエピソードは、意外に三期のものが多いような気がしました。
カレーの妖精とかね。

そして、特に感じたのが。
「二期、おもしろいよ?」ってこと。

かなり、キツイ評価をされがちな二期。

まあ、仕方ないかなと思う点は多々あってw
オリジナルキャラの冬木君の登場と、それに関連した4~6話あたりのちょっと暗いストーリー。
さらに、人格が変わったかのようなキャラクターたちの言動。
特にハルカ姉さまは、世間体気にするお母さんみたいになってましたね。
千秋が怒られて泣いてるとか信じられないですよね。
あと、夏奈は、単に性格の悪いイジワル・食いしん坊キャラになることがたびたびあったし。

特に一期でみなみけが好きになった人には、その魅力を潰すような嫌なシーンがいっぱいだったかもしれません。
しかも、その嫌なシーンって、現実にはそっちの方があり得るような光景だから、余計に腹が立ったかも。
みなみけって、日常の何気ない出来事を描いてるようでいて、実は現実にはあり得ない居心地のいいユートピアを描いてて、そこが人気なのかなと思ってますが。
現実世界からの侵食で、せっかくのユートピアを壊されちゃ、そりゃ怒りますよね。
その現実世界へのカギが冬木君で、これがまた現実の自分たちに似ているから余計に腹が立つっていう。

可哀そうな冬木君。





ただ。

そういう作品自体は、別にキライではないです。
むしろ好きかもw

一期を見た後で二期を見ると、不愉快の後に不安な気持ちにさせられます。
春香、夏奈、千秋どうしちゃったの?って。
特に4~6話。
で、7話以降でもとに戻ったように感じるんだけど。
それでも不安は消えなくて。
暗かった4~6話って実は夢のおはなしだったのかな?
いや、今見てるこのたのしい「みなみけ」の方が夢だとか?
って気分になってくる・・・

プラスだけではなく、そういうマイナスな気持ちも含めて、心を動かされるってことは、「作品を楽しんでる」「作品をおもしろいと感じる」ことだと思っているので。

一期が築いた素敵なイメージがあってこそかもしれませんが。

二期みなみけおもしろかったです。楽しめました。



さらに。
三期の最終13話で。
加奈がいなくなっちゃう夢を千秋が見て不安になり。
春香がいなくなっちゃう夢を加奈が見て不安になり。
ってストーリーなんだけど。

この「不安な夢」って、実は二期の世界のことでは?
なんて考えてしまいました。
二期も三期も同じ制作会社なので、余計にそんな想像をしてしまったのかもしれませんが。

ただ、この「不愉快で不安な二期」があったからこそ、みなみけ「本来」の魅力がより強く視聴者に印象付けられて。
三期、四期と人気がさらに上昇していくことになったのでは?と思ってます。



まあ、そもそも4~6話以外は、言われているほど一期、三期と違うとは思わなかったし。

絵もキレイで、動きも悪くなかったように思うし。





ホントに。

二期「みなみけ おかわり」

おもしろかったですよ?






あっ、ちなみに今のところ私が一番好きなのは四期ですがwww

ニコ生で全話一気に見たら印象変わるだろうか?
楽しみにしてます。









追記を閉じる▲

【2013/09/14 18:43】 | アニメ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。