茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23日(月)、両国国技館で開催された、みのりんのクリスマス・パーティーに参加してきました。

昨日帰ってきたのですが。

なかなか感想を書き始められません。

書きたいことはいろいろあるけど。

いろいろありすぎて。

まあ、自分のための個人的な感想なんだから、書けるときに書けばいいんだけど。


ただ。


みのりんはこれまで以上にカッコよかったし。

サマドリの時と同じく、歌は絶好調だったし。

みのりんの歌への、ファンへの想いも強く伝わってきたし。

そして、みのりんの歌が聴き続けていられることが幸せだなと思えるし。

また、これからもそうであり続けてほしいなと。

そんなことを、強く感じたライブでした。





スポンサーサイト

【2013/12/26 00:22】 | Xmas Party 2013
トラックバック(0) |
みのりんクリスマスパーティーに参加するため、明日、東京に前日入りします。

無事に24日休めることになったので、ライブの終了時間を気にすることなく楽しめそうです。

ライブの内容が気になるところですが。

メンバーが変わって、セトリへの影響があるのか?
サウンドが大きく変わるのか?
NEO FANTASIAからは何曲歌うのか?
ノブナガ・ザフールのOPは歌うのか?
FCに向けてキャラソンも歌うのか?
サンタコス着るのか?
トナカイコスは?
まわしは誰がするのか?w
Project Valkrieで何か発表があるのか?
ツアーの発表は?


もうわからないことだらけですね。

楽しみです!



ちなみにグッズの購入予定は。


クリパフラッグ 500円
1クリパフラッグ

クリパブレード 3,500円
2クリパブレード

サンタストラップ 1,500円
3サンタストラップ

チャリティリストバンド 300円
4チャリティリストバンド


以上4点合計で、5,800円。


Tシャツは、実物見てからかな。


まあ、そもそも物販にならぶかどうかですけどね。
当日の朝、東京は気温3℃らしいのでw



とにかく楽しみです!

もう楽しいことしか思い浮かびません!!


それでは行ってきます~~~








【2013/12/21 18:57】 | Xmas Party 2013
トラックバック(0) |
新メンバー♪

radio minorhythmでもお話ししてくれましたが。


23日のクリスマスパーティーは、新しいCMBメンバーが演奏するそうです。

バイオリン 室屋光一郎さん
ドラム 髭白健さん
ギター 松尾洋一さん
ギター 山本陽介さん
ベース 坂本尭之さん 
キーボード 藤田淳平さん


気になるのは。

この方達が新しいCMBメンバーとして継続して活動していくのか?

それとも、とりあえず23日のクリパだけのメンバーなのか?

馬場ちゃん、シホリーヌ、なおやん、鍋ちゃんの4人は、CMBを卒業したのか?

ですが。


そのへんについては、ブログでもラジオでもハッキリ言ってませんでしたね。


ただ、なおやんが今までありがとう的なツイートをしていた一方で、坂本さんがCMBの新メンバーになって光栄です頑張ります的なツイートをしていたので、ベースは入れ替わるの確定のようですね。

他の新しいメンバーが今後も固定されるのか?は不明ですが。

ただ、みのりんが「本当はバンドメンバーも固定できたらいいのですが」と言ってるので、前回のメンバー交代のように、みのりん自身が望んでメンバーを入れ替えたわけではないようですね。

また、今回のメンバーで固定して行けるかも未定なのかもしれません。


そして、「応援してもらえたら嬉しいです」って言い方からすると、馬場ちゃんたち4人が離れていってしまうことは間違いない気がします。


つい先日、ブログを書きながら、そういえば前のアルバムを出したときにメンバー交代したんだなー、あれから2年経ったのかー、2月のA-Formationで交代したんだよなー、とか思いだしてました。
実は、その前のCMBも、長く活動してたような気がしてたけど、ギターが大ちゃんになってから約2年間の活動だったんですよね。
その大ちゃんがメンバーになったのも、カウントダウンライブ。
いずれも、ツアー前の冬の単発ライブで交代・・・
もしかして、そろそろなの?とか考えてました。
そういえば、NEO FANTASIAの新曲は、ほとんどCMBメンバーが演奏していないし・・・


こんなことに限って当たるなんてね。



正直、いろんな想いがあるわけですが。


ただ、私が「応援」するのは間違いないです!





クリスマスパーティー、たのしみましょう~~~♪








【2013/12/19 23:59】 | みのりん
トラックバック(0) |
10曲目、この世界は僕らを待っていたから、11曲目、ZONE//ALONE、12曲目、境界の彼方とシングル曲3連発になっているわけですが。


個人的に思うのは、必ずしもライブで盛り上がることを念頭に置かなくなってきてるかなと。
当たり前だけど、アニソンとして作品世界を表現することに重きが置かれてる。
だからこそ、多彩になっている。
みのりんの音楽世界が広がっているのが良く分かる。



そんな多彩なシングル3連発が終わって、13曲目、NEO FANTASIAのイントロが始まると。

一瞬、オーケストラのチューニングかと思うような雑然とした音。
徐々に聴こえてくるひとつのメロディーが強く大きくなってくる。
その真中から、何かが生まれるように飛び出してくる強く大きなリズム。
大地のように、心臓の鼓動のように。
そして始まるみのりんの歌声。

これってテーマパーク?
いや違うって思いました。
これまで楽しんできたテーマパークが突然消失して、何もない大地の中で目覚める。
そこに突然現れた女神が何かを語りかけてくる。
そんな映画のような壮大なクライマックスシーン。

あるいは、デビュー10周年を迎えるみのりんが、その積み重ねの中で歌えるようになった幅広い音楽。
その世界を打ち破って、まっさらな中から生まれる新しい歌の世界。
そう、茅原実里が次の10年で向かう新世界=NEO FANTASIAの創造。
そんなイメージも重なるし。

実際、歌詞を聴いていると、新しい歌の世界を求めるみのりんの決意を語っているかのよう。
この歌詞を書く畑亜紀ってやっぱりすごい。
かつて、まだrestartしたばかりのみのりんに、Contact13thや花束を歌わせたけど。
成長して事務所からも独立し10年という節目を迎えるみのりんに、今この歌詞を歌わせるなんてね。
いや、みのりん自身が想いを伝えて書いてもらったのかもしれないけど。

そんなことを感じながら澤野さんが作ったこの壮大な曲を聴いていると、毎回うるうるきてしまうんですよね。



こんなクライマックスシーンを終えて、ふと気がつくとテーマパークに戻ってきていた、ってイメージの14曲目、Neverending Dream
夜のテーマパークの中で、男の子と女の子の距離が、気持ちが近づいて、夜なのに少しあたたかくなるような曲。
出口に向かって歩いているのかな。
手をつないで。
そんな二人を見送るテーマパークの女神が二人にかけるさよならの優しい言葉。

それは同時に、みのりんからファンに向けての感謝の言葉。



シングル3連発からラスト2曲のこの盛り上がり凄いな。
いろんなイメージ、物語、メッセージが重なって感動させてくれる。
テーマパークっていうコンセプトからは想像できなかったほどに。

もしかしたら、NEO FANTASIAって、私たちをこんなに感動させてくれる「茅原実里」自身なのかも。







う~ん、NEO FANTASIAについて思いついたことを書き散らかして、最後の曲まできてしまったけど。



なんだか、まだ書きたいことがあるようなw









【2013/12/18 00:20】 | みのりん
トラックバック(0) |
5曲目、1st STORYはバンドサウンドを前面に押し出していて。
ライブでCMBが大活躍するのが目に見えるようですね。

歌詞は冒険ソングでもあり、みのりんらしい応援ソングでもあり。
優しく背中を押してくれる。
同時に、茅原実里らしい孤独の中の強さみたいなものも感じさせる言葉。

みのりんファンなら好きになりそうな曲だし、TLみてると既にかなりの人気曲みたいだけど。

でもね、この曲はライブで完成するんだと思います。
CMBの演奏とファンの熱気の中で、喉のリミッターを解除して歌うみのりん。
きっと、茅原実里ライブの新たな代表曲が生まれますよ。



で、バンドサウンドで熱く盛り上がった後は、一転、スペーシーでカッコいい6曲目endless voyageですが。
これ、完全にSFアニメのOPテーマだよねw
ノンタイアップとは信じられない。
知らない人に「サンライズの新作ロボットアニメのOPだよ」って教えたら、信じそう。

かつて、君がくれたあの日のレコーディングで、斎藤Pがみのりんに「ガンダムのテーマ曲だと思って」ってディレクションしてたと思うけど。
実は今回も同じことを言ったのでは?と勝手に想像していますw

あるいは、業界関係者に向けたデモ曲かも。
「茅原実里に歌わせたら、こんなカッコいいOPが出来上がりますよ!」的なねw

なんだか勝手な妄想が果てしなく広がりますがw
それほどカッコいいと思います。
ラストのサビで一拍入れてから、エンディングへ駆け昇っていくところは、このアルバムのクライマックスの一つですね。

アルバムの1曲目から、この6曲目まで全く落ち込むことなく上昇し続けてきて、ここで一気に宇宙の果てまで!
まさにテーマパークです!!



そして。
宇宙の果てまで突き抜けたその先に。
7曲目、真白き城の物語の静寂の世界へ。

この曲、NEO FANTASIAの胆のような気がします。
アルバムの流れを落ち着かせる転換点っていうのもあるけど。
氷に閉じ込められたお姫様の物語そのままに。
ワルツのリズムに乗って、透明に真っ直ぐ感情を秘めるように歌うその歌声。
これが茅原実里の歌の大事な魅力のひとつですよね。

同じ声なのに、感情豊かに激しく歌い上げる8曲目Celestial Divaとの振幅の大きさもまた魅力。
同じ、お城と騎士とお姫様(と魔法?)の世界なのに、大きく違う曲調をしっかり歌い分けていて。
でも、つながりも感じさせてくれている。

この曲もまた、アルバムのために作られたようなはまり具合。


さらに物語性の強い曲が続く9曲目、Lonely Doll
みのりんが作詞作曲したこの曲。
「救われない」と評判ですがw
いやー、これは衝撃の問題作ですよ。
童謡のようなメロディなんだけど、解決しそうで解決せずにメロディが進んでいく。
どんどんどんどん不安な気持ちにさせられる。
歌詞もどんどんどんどん可愛そうな状況になっていく。
こういう曲って、救われない場合は結局状況が変わらないまま、淡々と静かに終わっていくことが多いと思うけど。
この曲はどん底に突き落とすような歌詞を高らかに歌い上げて終わるという衝撃の展開。
しかも、その歌い方が絶望の中に微かな狂気を感じさせるようで。
ここまでどん底に突き落としてくれるのは山崎ハコ以来でしょうか?
この物語の続きを想像したら、まどマギ映画版のようになりそうですw
あまりの衝撃作ですが。
でも、この暗さ、低音の歌声を活かしたメロディー。
まさに日本的フォークソングの世界。
ここが茅原実里の音楽の原点なのかな。


続く10曲目、この世界は僕らを待っていたで救われるわけですがw
このイントロ聞いた瞬間、あまりに救われ過ぎて、あの世に召されてしまいそうww






なんだかうだうだ話wがおわりませんw

明日に続きます。















【2013/12/16 20:53】 | みのりん
トラックバック(0) |
NEO FANTASIAずっと聴いてますよ。



聴いてていろいろ思ったことをパラパラとですが書いておこうかなと。





1曲目、The immortal kingdomの華やかなファンファーレから始まるNEO FANTASIAの世界。
正直、ここまでストレートにテーマパーク感を押し出してくるとは思ってなかった。
これだけのオーケストレーション仕立てるのは、お金かかったんじゃないのかなー
ホントに華やかで、これから始まる音楽のテーマパークに期待を抱かせてくれます。

ただ、某ネズミ王国そのままみたいな曲調で、怒られないか心配になるぐらいですw
もしかしたら、テーマパークっぽい雰囲気を出すためのBGMとして、TV番組で使われまくるのでは?w



豪華な雰囲気そのままに、ビッグバンドが演奏する2曲目のTREASURE WORLDに続いていきますが。
こちらはちょっとファニーな出だし。
スイングのようなチャールストンのような、ジャズの世界。

このおしゃれで楽しい音楽を躍らせているドラム。
これがケンケンなんですね!
続く3曲目、SELF PRODUCERのハードなドラムもカッコいいけど。
こんなおしゃれな世界も作れるんですね~
というよりも、こちらのほうが本当の髭白健なのかな?
ケンケンのこんな世界をもっと聴いてみたいなーと思いました。

そして、みのりんの書いた詞も素敵ですね。
今までにない言葉遊び的なものが入ってますね。
これまでのアルバムタイトル、Contact、Parade、Sing All Love、D-Formation(Drama)が入っていたり。
それも「Parade は続く どこまでも行こう」とか、「世界中に広がれ Sing All Love」とか、みのりんのファンならグッとくる言葉で。

しかも、歌詞全体が、単なるテーマパークの賑やかさを描いてるんじゃなくて。
若い男の子が好きな女の子をはじめてテーマパークへのデートに誘うドキドキストーリーになってる。
それを、約2年ぶりのアルバムが始まるドキドキに重ねたようになってて、アルバムリード曲としての役目もバッチリ!!
みのりんはじめての挑戦は大成功だったと思います。


もちろん、3曲目SELF PRODUCERも大好きです!
こんなにアルバムにはまるとはね~
ビッグバンドのTREASURE WORLDから、同じくホーンセクションが盛り上げるこの曲への流れは、アルバムのために制作された曲みたい。
しかも歌詞も恋に頑張る女の子を歌っているから、TREASURE WORLDへのアンサーソングみたいだし♪
ケンケンのカッコいいドラムで、ますます盛り上がりますよねー
通勤電車で聴いてても、体が動き出しそうでやばい感じですw



この元気で楽しい流れをさらにウキウキにしてくれるような勢いで、4曲目、TOON→GO→ROUND!になだれ込むんだけど。
I've高瀬さんの作ったこの曲がまたすごい。
生バンドの世界と打って変わって、打ち込み全開のサウンドに乗って歌うみのりんもボカロのような機械的歌声。
かと思ったら、強烈なシャウトを放り込んでくるし。
わけわかりません。
これ、ライブで歌えるの??
特にサビの部分なんて二人で歌うようなテンポの速さで、どこでブレスするんですか???

で、楽しいメロディー&リズムに乗っかる歌詞。
アニメーション=空想の世界の「夢」を楽しむのかと思ってたら。
2番の歌詞に入ると、空想は「夢」だけどそれだけじゃないよって。
空想=想像だけど「創造」。
そして単なる絵空事ではない、叶えるべき『夢』だって!

いいですね~
みのりんらしい、熱い想いがこもった世界観。

ここから、このアルバムはテーマパークの中にとらわれない、大きな世界の中に急上昇していってる気がします。それは恋人たちの行く末でもあるし、私たち一人ひとりの人生でもあるだろうし、人類全体の行く末かもしれないし。

そして、その推力は、みのりんの熱気なんだろうな。







気軽に書き始めたんだけど、なんだかこのアルバムは書いておきたいことが多すぎて。

また明日につづきますwww









【2013/12/15 19:31】 | みのりん
トラックバック(0) |
本日、みのりんの最新アルバム「NEO FANTASIA」の発売日!

ゲットいたしましたよ!

アニメイトのネット通販にBD版を予約していました。



ということで、ジャケットがこちらです!!

ジャケット1



あれっ?!



ジャケット2




あれれっ?!?!

ジャケットが2種類もある!





はい、買ってしまいました。。。


左がアニメイト通販で予約していたBD版。
右が仕事帰りにとらのあなで買ってきたDVD版。

やっぱり、DVD版の白い衣装のジャケットが欲しかった・・・

ていうのと、BDとDVDの両方そろえておきたかった。
メディアの将来ってわからないからね。
特にクラスタシアとのアコステライブは貴重だと思ったので。

おかげで特典のチケットホルダー&パスが2種類に!

チケットホルダー


一方、BD版にしか入っていなかったのがフォトブック。
これは凄かった!!
特典でつけていいの?ってぐらいの内容。

フォトブック1
フォトブック2
フォトブック3


もっと大きいサイズで本屋で買ってもいいぐらい。
みのりんってやっぱり美人さんだなーと。





これで安心してゆっくり聞けます!








【2013/12/11 23:25】 | みのりん
トラックバック(0) |
みのりんのファンクラブM-Smileの会報、M-STORYの第2号が届きました。

何故か隣の家に届くというトラブルで、1日遅れになりましたがw

表紙と最初の特集がサマドリで、あの素敵なライブの想い出がよみがえってきます。

最高だったよなー
歌が最高だったよ!

あのライブが映像化されないなんて残念の極み!!
ライブCDでもいいから発売してくれないかな~


「みんなの応援があって実現できたライブです!本当にありがとう!!」

って言葉が、胸に染み入ります。
大変だったんでしょうね。


「また、河口湖ステラシアターであいましょうね!!」

ですって?!

もちろんですよー!!!



境界の彼方のジャケット写真撮影の様子のレポート。
撮影の合間のオフショットが美しいです。

クールな表情?の鳩と見つめあうみのりんの表情!
ちょっと物憂げかつクールで魅力的ですねw



そして。

来年の2月15日(土)
ファンクラブイベントの開催が決定です!

場所はZepp Diver City



東京ですか。


ついにFCイベントまでも東京開催だけになってしまいました。


そうですかそうですか



ちくしょー絶対に行ってやる!

絶対にだ!!!






【2013/12/09 23:36】 | みのりん
トラックバック(0) |
1月から放送の新作TVアニメ「ノブナガ・ザ・フール」

ノブナガザフール


このOP主題歌をみのりんが歌うことが決定しました!!

“The Fool” 第一回公演「ノブナガ・ザ・フール」


タイトルは「FOOL THE WORLD」
2月26日(水)発売です!


作詞・作曲等、詳しいことはまだわかりませんが。


あれ?EDテーマはSTEREO DIVE FOUNDATIONが担当に決まっていたような・・・
境界の彼方と同じ組み合わせですね!!
わざと??



そういえば、12月26日にアニメ第1話の先行上映会があるけど。


まさか、みのりん歌う?!



でも、また東京だよー!(T_T)







【2013/12/08 22:35】 | みのりん
トラックバック(0) |
今日の午後、みのりんのクリスマス・パーティーのチケットが届きました。

今回も紙席ではなく、普通のチケットでしたw

「イス席」と書いてあって、意味が良く分からなかったんだけど。

livehis 会場解説 両国国技館


アリーナ席、1階升席、2階イス席があるようです。

イス席ってことは2階ですねw



まあ、どの席が見やすいかとか、行ってみなけりゃわからないし。


とにかく行けば楽しめるのは間違いないので!





しかし、あと約2週間でクリスマス・パーティーだって!




もうすぐじゃないか~♪







【2013/12/07 23:28】 | Xmas Party 2013
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。