茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月6日にNHKホールで行われるコンサートのタイトルが、「Minori Chihara Symphonic Concert 2015 ~Reincarnation~」に決まったそうです。
大発表~☆

シンフォニック・コンサートですか。

シンフォニックと聞くと「交響詩(シンフォニック・ポエム)ガンダム」を思い出してしまうおじさんですがw


既にバンドも入った編成になるとは聞いていましたが。
どんなイメージになるんですかね?

バンドが入っても「LIVE」という名前を使わなかったからには、いつもとは違う「Concert」になるのでしょうか?

個人的には、バンドが入らないフルオーケストラで演奏してほしかったんですけど、中にはそんな曲もあるのでしょうか?

まずは3月25日に発売されるアルバムを聴いてみないことには、全くわかりませんね。

とにかく、いつものライブ以上に、みのりんの歌声の「響き」を堪能できるコンサートだといいですね。









スポンサーサイト

【2015/01/18 18:36】 | Symphonic Concert~Reincarnation~
トラックバック(0) |
みのりんの握手会@大阪に行ってきました。








以下、追記から。
今週末の握手会@名古屋に参加される方は読まないでくださいね。















今回の握手会は、進行役の瀬野マネージャーが登場して始まりました。
なんと瀬野さん、朝、東京発の新幹線に乗り遅れたそうですw
みのりんにLINEで連絡したら、みのりんスタンプのガビーン×4とSmileが返ってきたそうです。
もっと怒られると思っていたそうですがw

最初のトークコーナーは、M-Smile Awardと題して、デビュー以来の10年間を瀬野さんとみのりんで振り返りました。
みのりん年賀状のちょっとアンニュイ&セクシーなアナザーカットを披露してくれたり、2005年の晴れ着にボクシンググローブをはめた年賀状を見せてくれたりと、FCならではの話題&サービスでしたが。

一番おもしろかったのは、radio minorythmの企画で開催したもちつき大会の写真でしょうか。
杵を持ったみのりんが苦しげだけど笑える変顔をしている様子は、絶対にM-Smileメンバー以外に見せてはいけないものだと思いますw

続いては、ミニライブのコーナーでしたが。
なんとアコースティックで、伴奏がケニーのアコースティックピアノとガンちゃんのパーカッション!!!
なんとも嬉しいサプライズです。

TERMINATED発売記念のアコースティックライブを思い出します。

セットリストはこちら。
1 純白サンクチュアリィ
2 mezzo forte
3 precious one
4 sing for you
5 雪、無音、窓辺にて。
6 Joyful Flower

ここまでがっつりとアコースティックなのは久々なので、みのりんの歌声をじっくりと堪能できました。
1曲目をいきなり歌い直したので、余計にたっぷりと堪能できましたがw

雪、無音、窓辺にて。(セリフなし!)のような驚きの選曲もありましたが。
一番驚いたのは、sing for youの出来が素晴らしかったこと。
過去最高のような気がします。
そっと涙をぬぐっている人が結構見受けられたので、私だけの感想ではないはず。

なんというか、声の豊かさが増したような気がします。
もっと上手く歌えるようになりたいと語っていましたが。
フルオケライブに向けて、ボイトレも相当頑張っているのでしょうか。

私はやっぱりこの歌声が好きなんだなという思いが、再確認できました。
とても幸せな新年1発目のライブになりました。


握手会は、1階前列から順番で、私は10列目でした。
調度真ん中あたりでしょうか。

何を話そうか相当前から考えていたのですが。
考え過ぎて話したいことがイッパイ浮かび過ぎ、話がまとまらなくなってしまいましたw

握手会の会場では、みのりんの隣に瀬野さんが立ち、ファンの後ろにひきはがしのスタッフが一人立っていました。
それほど、強く引きはがされている人はいないようでしたが。
ひとり5秒から10秒も無いぐらいだったと思います。

私の順番が来て、まずは
みのりん&私「あけましておめでとうございます。」
と挨拶してから、握手をしたのですが。

みのりんの手の余りの柔らかさに、動揺してしまいました。

ソフトボールをやってたし、カラーボールも強肩で投げるくらいだから、引き締まった手のひらなのかと思っていたのですが。
フワフワだったのです。
説明が難しいのですが。
レザージャケットだと思って掴んだら、ダウンジャケットだったって感じでしょうか?w

それでも何とか意識を取り戻して話したのは、
私「武道館のBDライブ最高でした!」
み「ありがとー」
私「娘の誕生日がみのりんと同じなんですが」
み「えーそうなんですか!」
私「また今年もBDやってくれるなら必ず参加しますから!」
※このへんで引きはがしスタッフに腰をつかまれる。
み「ありがとうございます!」
私「ありがとうございました!!」

こうやって書いてみると、イマイチ会話になっているようでなっていないような。
私の言いたかったことは、みのりんに伝わったのでしょうか?

それに、今こうやって記憶をたどってみると、イマイチみのりんの顔が思い出せないような。。。
いや、あいかわらずの美人さんだったことは、覚えているのですが。
目の前で見たはずの表情が、細部を思い出せない。
ひょっとして、緊張のあまりピントが合っていなかったのでしょうか?
でも、みのりんの方は、私が部屋の出口から出ていくまで、じっと見ていてくれたことだけは分かりました。

そして、握手が終わって会場の外に出たとき、私の表情がヤバイほどにやけていたであろうことは間違いないです。


正直、最初にFCで「握手会」と聞いた時は、握手だけなの?とか思ったり、サイン会みたいに時間たっぷりで話したりできないんだよな、とか思ったりしましたが。

FC入っていて良かったです。
もちろん、会場で継続手続き済ませましたw







次は5月のフルオケライブかな?

それが行けないと次はサマドリ?



しばらく寂しくなりそうです(;_:)










追記を閉じる▲

【2015/01/13 00:53】 | M-Smileオリジナル企画 握手会イベント
トラックバック(0) |
最近こんなブログを見かけました。

茅原実里「NEO FANTASIA(曲)」一曲のみ秒刻み感想

あなざーさんとおっしゃる個人の方がブログに書かれた「感想」なのですが。

NEO FANTASIAという曲から受けた感動を語っているという意味では感想なのですが。
その感動の理由を、秒刻みに分解した曲のコード進行、アレンジ、歌詞といった要素それぞれ、そしてその関係において分析されています。

これは「感想」の域を超えている気がします。

プロが書く一見評論風の文章でも、雰囲気程度の音楽用語が散りばめられているだけで、分析的な裏付けの感じられないものが多くて。
歌詞だったりアーティストの状況を踏まえた上で、曲を聴いた印象を語るだけの文章が多い気がするのです。
でも、それって「評論」ではなく「感想」なのでは?

一方、あなざーさんの「感想」は、もう立派に「評論」といって差し支えないのでは?

もう少し音楽理論的な解説があれば更に嬉しいですが。


みのりんの楽曲に関して、もっとこんな音楽的な評論が読みたいと思っているのです。









【2015/01/05 21:45】 | みのりん
トラックバック(0) |
あけましておめでとうございます。


今年も初詣に行ってきました。

そして今年もお御籤を引いてきましたよ。


昨年のおみくじでは相当良かったのでM&Gの当選をお願いしたのですが、残念ながら叶いませんでした。
2014年のおみくじ

でも、NFツアー大阪で紙席が当たったので、まあまあ叶ったといったところでしょうか?w


そして今年のお御籤はこちら!
20150103おみくじ


「住所家業あらためかへて大いによし 万事すすみ出で万よし」

「立身出世し女は貴人にとりあげられ仕合せあるべし」




要するに、引っ越しして転職すれば良いことがあるってことでしょうか?

・・・・・

ちょっと、この年でそれは難しいと思いますよ、神様!


ただし、今年あたり人事異動や転勤はあるかもしれないので、それでイイことがあるのかも。




でも。




立身出世はいいからM&Gのt(ry










【2015/01/04 17:22】 | 日記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。