茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○どこまで??
 インストが終わって始まる後半。
静かなメロディーが一瞬流れ始めるけど、なにが始まるか、すぐにみんなわかってて。
Paradise Lost。
初登場以来、みのりんライブのトップギアが入る場面で必ず歌われてきたこの曲。
でも、NEO FANTASIAツアー4公演、サマドリ2公演と歌われてこなくて、みんなが待ちわびていた。
そして、今日の10周年ライブでは当然歌うはずとみんな思ってたけど。
後半戦スタートのこのポジションで歌っちゃうの?
ここでもうトップギア?
いったい、この後どこまで登りつめるつもり??

パラロスを使っちゃっても、この後、さらに盛り上げていける自信があるってこと?

歌手・茅原実里の自負を感じたし、10周年の想い出に浸るのではなく、10周年の先に向かう決意まで感じるような。
そんな後半スタートでした。


○紅→紺碧
 暁月夜は意外にもSSAで歌って以来2年ぶり!
ファンディスクの人気投票上位だったであろう曲がここで!!

真っ赤な灯りに染まる会場を見ていると、ここから一転蒼い炎に包まれるあの曲が続けば美しいだろうな。。。

って想像してたら、本当に来ちゃった、蒼い孤島!!
でも、当たったって喜びよりは、みのりんの思惑通りに操られてるような、、、


○磨き上げてから
 みのりんの歌って、ライブ補正を抜きにしても、CDで聴くよりライブで聴くorライブDVD・BDで聴く方がいいことがよくあるけど。
向かい風に打たれながらは、過去最高にライブで聴くべき曲だろうな。
歌のスピード感というのかキレというのか(低音←→高音の移動の速さ?正確さ?)、とにかく違う。

最近思うのだけれど。
CD発売→ライブで成長、じゃなくて、
ライブで練り上げ→CD発売、の方が良いのでは?

プロなら、最初から最高の歌をレコーディングしろよって意見もあるかもだけど。
みのりんがライブの中で成長していくのも事実だし。

意外に、ライブでファンの期待を高めておいて→完成度の高い歌をレコーディング→ラジオ、ネットで聴かせる→CD発売、の方が売れる気がする。
それにファン以外は、ラジオやネットで流れるCD音源しか聞かないわけで。
今後より広いファン層を獲得しようと考えているなら、よりよい音源を残していくべきだと思うんだけどな。。。

それはともかく。

銀色のメタリックな衣装で極めてみせる、ハードロッカーなみのりんは本当にカッコいいです!


○完全交代!・・・かな?
 一時期、パラロスとともに、茅原実里ライブ終盤のラストスパートを熱く盛り上げてきたTERMINATEDですが。
NEO FANTASIAツアー、サマドリ2と続けて共にセトリから外れてしまい、今回久々の登場。
で、後半戦のスタートにパラロス、本編終盤の山場にタミネと、出番が別れたわけですが。
長くタイアップに恵まれなかった時期の、唯一といっていい主演アニメOP曲であるパラロス。
出演アニメのOPを連発するきっかけとなったタミネ。
ついに世代交代なのかな?なんて思いました。


○橙→青・青→橙
 君がくれたあの日って、セトリ採用率&回数高いよね。
純白とともにライブを盛り上げてきたし、熱く燃えるからみんな大好きな曲だけど。
この日のペンライトは、かなり青が多かった。
Contactツアーのころなら、オレンジ一色だったと思うけど。

逆にFreedom Dreamerは、最初みのりん自身が青がいいって言った、数少ない公式指定色だったのに。
今はオレンジの人が多い感じ。

Contactのころは、ハードに盛り上げる曲といえば君くれしかない印象だったのが、純粋に歌詞の世界からイメージされる色に変わってきたのかな。
サマキャン2のために生まれたフリドリは、みのりんが作った詩に込められた思いも相まって、茅原実里ライブの代表曲に成長して、オレンジでも似合うようになったし。
どの曲も、時とともに曲の位置づけやイメージが変わっていくんだなと。

そういえば、フリドリの「約束のこの場所」は、最初は河口湖ステラシアターのことだったのに、いつしか全ての茅原実里ライブの会場になり、この日は日本武道館のことでしたね。
すごく感慨深いフリドリだった。


そしてライブ開始からわずか?14曲目のフリドリでしたが。
みのりんの歌もパフォーマンスも、全く疲れを感じさせず。
いつもの本編ラスト数曲の激しさのまま最初から歌い続けてきました。
ファンの盛り上がりも負けずに激しかったけど、正直、みのりんのパワーに必死でついてきた印象。
2007年のバースデーライブで「みんなについていくよー」って言ってた、かわいらしいみのりんから大きく成長してきたんだな。



そしてライブはクライマックスへいたるわけですが。

続く・・・










 
スポンサーサイト

【2014/11/24 16:21】 | 10th Anniversary Live ~SANCTUARY~
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。