FC2ブログ
茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近こんなブログを見かけました。

茅原実里「NEO FANTASIA(曲)」一曲のみ秒刻み感想

あなざーさんとおっしゃる個人の方がブログに書かれた「感想」なのですが。

NEO FANTASIAという曲から受けた感動を語っているという意味では感想なのですが。
その感動の理由を、秒刻みに分解した曲のコード進行、アレンジ、歌詞といった要素それぞれ、そしてその関係において分析されています。

これは「感想」の域を超えている気がします。

プロが書く一見評論風の文章でも、雰囲気程度の音楽用語が散りばめられているだけで、分析的な裏付けの感じられないものが多くて。
歌詞だったりアーティストの状況を踏まえた上で、曲を聴いた印象を語るだけの文章が多い気がするのです。
でも、それって「評論」ではなく「感想」なのでは?

一方、あなざーさんの「感想」は、もう立派に「評論」といって差し支えないのでは?

もう少し音楽理論的な解説があれば更に嬉しいですが。


みのりんの楽曲に関して、もっとこんな音楽的な評論が読みたいと思っているのです。








スポンサーサイト

【2015/01/05 21:45】 | みのりん
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。