茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近。

ネット上で「シュア掛け」っていうのが話題になってました。

シュア掛けってなんだ?って思ったら。
イヤホンの装着の仕方でした。

こんな掛け方。

シュア掛け2


コードが服とかに擦れたときのタッチノイズが減るとか。
音が良くなるとか。

いろいろ言われてますが。



私、この掛け方してますね。
シュア掛けっていうとは知りませんでしたが。

私、ウォーキングしながら音楽聴いたりするんですが。
その時、コードが風を切る音が気になって。
どうやったらこの音を消せるかと試行錯誤した結果。

糸電話と同じで、音の発生源と耳の間で、コードを押さえておけばいいんだと気が付き。
耳たぶにコードをかけることを思いつきました。

もう10年ぐらいやってるかも。

でもね。


気休めだと思いますw


風切り音はかなり低減できてる気がしますが。

服や体にタッチした時のガサゴソいう音は、それほど防げてない気がします。

それ以上に。

歩いているときの最大のノイズは、「靴の音」です。
靴の底が地面にあたって出る音。

それも、空気を伝わってくる音じゃなくて。
自分の体(骨?)を伝わって、体の中から、耳の中から聞こえてくる音。

これは全く防げません。

さらに。

シュア掛け用に設計されていない普通のイヤホンでやると。
コードがイヤホンに接続する根っこの部分が無理やり曲げられて、断線しやすくなります。

高いイヤホン(シュア掛け用じゃない)でやると、すぐにコードが断線してもったいないです。

私のように2000円未満の安いイヤホンならいいけどwww



それより。

ネットで話題になってるのを見て、安物のイヤホンでシュア掛けしてるイタイやつ・・・

って思われてるんだろうな。。。





スポンサーサイト

【2014/03/31 23:31】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。