茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想その3

今さらですが。
これはあくまで私の感想です。
レポではありません。
ライブの情報を期待して読むと・・・







以下、追記から。












10曲目はLonely Doll
衣装チェンジして白いロングドレスになったみのりん。
頭には、白いレースの大きな髪飾り。
これって、去年のアニサマでアリカさまがお揃いで作ってくれたやつかな?
確かめてみないと・・・

ステージ上段から登場したみのりんは、そのまま右側にある三日月のセットへ。
ところが途中で微妙に躓きかけたような・・・
また事故?ってひやひやしたのは私だけ?

今回のライブでのLonely Dollは、CDよりも静かに感じられました。
でも、静かで落ち着いた歌声が、逆に悲しさとか絶望が感じられて。

そして、三日月に座るみのりんの美しさがさらに哀しみを深くさせて・・・


Lonely Dollに続く11曲目が、真白き城の物語っていうのが、ちょっとうれしかったです。
CDの曲順だと、真白き城の物語→Celestial Diva→Lonely Dollだったんだけど。
とても印象的な曲の流れだったんですが、詞の内容的には最初がLonely Dollでも良かったかなと思ってたので。
透明な檻に囚われた主人公が、氷の世界から一人の男性に救われて、一途な愛にその身を捧げていく・・・

そんなストーリーにみのりんの美しさがぴったりでした。

なんだけど、足がひっかかりそうなロングドレスで階段を降りるときには、やっぱりヒヤヒヤw

そんなストーリーの中に、儚くも愛しき世界の中でが12曲目として入ってきたのは、ちょっと驚き。
でも、この流れにピッタリはまる一途な愛を描いてる歌ですよね。
むしろ、いきなりCelestial Divaの悲劇に至る前に、ただひたすら見守り寄り添う純粋な愛の美しさを描くことで、ストーリーに厚みが増したような気がしました。

そういえば、私はこの曲から感じるイチヒメのイメージから、ピンクのライトを振ってたんだけど。
ほとんどみんな青でしたw確かに白いイメージの曲の流れの中だと青になるのかな?
でも、やっぱりピンクが
イイんだけどなぁ・・・


そして最後の13曲目にCelestial Divaを聴くと、大河ドラマのクライマックスを見ているようで。

最初のナレーションで言ってた「切ない」アトラクションって、こういうことなんだなと納得。
今回のライブの彩りを豊かにして、テーマパークってコンセプトを完成させてくれたのは、この切ないアトラクションの4曲だなと。


セレディバの歌が終わったんだけど、CMBの演奏はそのまま続いて。その間にみのりんは一旦舞台袖に退場です。
そして、衣装チェンジしたみのりんが戻ってくると、ライブはさらに熱く。

14曲めの1st STORYからは、また煌びやかなカワイイ&カッコイイ衣装に!今回の衣装って、全体的に某テーマパークのパレードに出てくるダンサーさんみたいな華やかさです。

みのりん&CMBらしいロックテイストのバンドサウンドで、一気にエネルギーに満ちたライブに!そしてエネルギーあふれる、みのりんのバンドサウンドといえば!

15曲目に来たー!Perfect energyーーー!!!
SAL武道館の本編ラストを飾った思い出の曲。なのに以外とライブに登場する機会は多くなくて、最近だとサマキャン4のシャッフルコーナーwぐらいww
久々すぎて振りコピちょっと心許なかったんだけど、どうもみのりんの方が間違ってた気がするのは気のせい?!w

さらに16曲目は旗曲Lush march!!ーーー!大先生が旗を握りしめてステージの端から端まで駆け抜けて行きましたwww

そういえば!

今回のライブは、大先生は曲によって演奏したりしなかったりで、ずっとステージにいるわけではなかったですね。D-Formationツアーの時は、みのりんの希望で大先生はずっとステージにいて、それが先代CMBらしい賑やかさにもつながってたけど。

しかしラシュマのメロディはイイな🎵 クラスタシアとのFC限定ライブの時にあらためて気付いたけど。本当にこのメロディ好きだわv(^_^v)♪

もちろん旗振るのも大好きですよ( ^ ^ )/□ 今度は2階席からこの光景を見るのが楽しみです!

そんな楽しい旗振りの後のMC。
突如舞台袖に引っ込む大先生。
どうしたのかと思っていたら、バイオリンを持って戻って来ましたwwww
完全に忘れていたようですヽ(;▽;)ノ大先生も旗振りが楽しかったようですね!
みのりんも「旗振り隊長だから♡」って納得してましたw


ところが、続く17曲目のTomorrow's chanceで。
1番の後の間奏終わりあたりで、後ろ向いて大先生に近づいて行ったかと思ったら。
みのりん、2番の歌の入り忘れてましたねw
そのままマイクを客席に向けて、みんなに歌わせてましたw

そんなwみのりんだけど。
トモチャンにのせた思いはちゃんとわかりますよ!
ライブで好きになったトモチャン。
ライブで聞いてると、高揚感とともに何かが伝わってくる気がするんですよね。
言葉では言えないんだけど。

そしてライブはクライマックスへ!!


18曲目のFOOL THE WORLDは、問答無用のアニソンって感じで大好きです!
みのりんやっぱりカッコいい!カッコいいよ!!
サビの高音がさらに出てるようで、CDよりもさらにカッコいい!!!
この日のみのりん、調子よかったですよ~

ちなみにこの曲は、大サビで「ふ~るえるはー(ジャンプ!)とび~いぃと~」でジャンプします!
みんながしなくても私はします!!

19曲目のZONE//ALONEは、イントロ聞いただけで舞い上がりそうです!
そういえば、この曲はULTRA-Formation初披露で盛り上がりパートを担ってましたね。
2年たった今回のツアーでも山場で登場したことに、ちょっと感激。

そして、アニソン2曲できっちり山場を盛り上げて、このライブもついに終盤です。







なんか、まだ長くなりそうなので、明日に続きます。










スポンサーサイト


追記を閉じる▲





10曲目はLonely Doll
衣装チェンジして白いロングドレスになったみのりん。
頭には、白いレースの大きな髪飾り。
これって、去年のアニサマでアリカさまがお揃いで作ってくれたやつかな?
確かめてみないと・・・

ステージ上段から登場したみのりんは、そのまま右側にある三日月のセットへ。
ところが途中で微妙に躓きかけたような・・・
また事故?ってひやひやしたのは私だけ?

今回のライブでのLonely Dollは、CDよりも静かに感じられました。
でも、静かで落ち着いた歌声が、逆に悲しさとか絶望が感じられて。

そして、三日月に座るみのりんの美しさがさらに哀しみを深くさせて・・・


Lonely Dollに続く11曲目が、真白き城の物語っていうのが、ちょっとうれしかったです。
CDの曲順だと、真白き城の物語→Celestial Diva→Lonely Dollだったんだけど。
とても印象的な曲の流れだったんですが、詞の内容的には最初がLonely Dollでも良かったかなと思ってたので。
透明な檻に囚われた主人公が、氷の世界から一人の男性に救われて、一途な愛にその身を捧げていく・・・

そんなストーリーにみのりんの美しさがぴったりでした。

なんだけど、足がひっかかりそうなロングドレスで階段を降りるときには、やっぱりヒヤヒヤw

そんなストーリーの中に、儚くも愛しき世界の中でが12曲目として入ってきたのは、ちょっと驚き。
でも、この流れにピッタリはまる一途な愛を描いてる歌ですよね。
むしろ、いきなりCelestial Divaの悲劇に至る前に、ただひたすら見守り寄り添う純粋な愛の美しさを描くことで、ストーリーに厚みが増したような気がしました。

そういえば、私はこの曲から感じるイチヒメのイメージから、ピンクのライトを振ってたんだけど。
ほとんどみんな青でしたw確かに白いイメージの曲の流れの中だと青になるのかな?
でも、やっぱりピンクが
イイんだけどなぁ・・・


そして最後の13曲目にCelestial Divaを聴くと、大河ドラマのクライマックスを見ているようで。

最初のナレーションで言ってた「切ない」アトラクションって、こういうことなんだなと納得。
今回のライブの彩りを豊かにして、テーマパークってコンセプトを完成させてくれたのは、この切ないアトラクションの4曲だなと。


セレディバの歌が終わったんだけど、CMBの演奏はそのまま続いて。その間にみのりんは一旦舞台袖に退場です。
そして、衣装チェンジしたみのりんが戻ってくると、ライブはさらに熱く。

14曲めの1st STORYからは、また煌びやかなカワイイ&カッコイイ衣装に!今回の衣装って、全体的に某テーマパークのパレードに出てくるダンサーさんみたいな華やかさです。

みのりん&CMBらしいロックテイストのバンドサウンドで、一気にエネルギーに満ちたライブに!そしてエネルギーあふれる、みのりんのバンドサウンドといえば!

15曲目に来たー!Perfect energyーーー!!!
SAL武道館の本編ラストを飾った思い出の曲。なのに以外とライブに登場する機会は多くなくて、最近だとサマキャン4のシャッフルコーナーwぐらいww
久々すぎて振りコピちょっと心許なかったんだけど、どうもみのりんの方が間違ってた気がするのは気のせい?!w

さらに16曲目は旗曲Lush march!!ーーー!大先生が旗を握りしめてステージの端から端まで駆け抜けて行きましたwww

そういえば!

今回のライブは、大先生は曲によって演奏したりしなかったりで、ずっとステージにいるわけではなかったですね。D-Formationツアーの時は、みのりんの希望で大先生はずっとステージにいて、それが先代CMBらしい賑やかさにもつながってたけど。

しかしラシュマのメロディはイイな🎵 クラスタシアとのFC限定ライブの時にあらためて気付いたけど。本当にこのメロディ好きだわv(^_^v)♪

もちろん旗振るのも大好きですよ( ^ ^ )/□ 今度は2階席からこの光景を見るのが楽しみです!

そんな楽しい旗振りの後のMC。
突如舞台袖に引っ込む大先生。
どうしたのかと思っていたら、バイオリンを持って戻って来ましたwwww
完全に忘れていたようですヽ(;▽;)ノ大先生も旗振りが楽しかったようですね!
みのりんも「旗振り隊長だから♡」って納得してましたw


ところが、続く17曲目のTomorrow's chanceで。
1番の後の間奏終わりあたりで、後ろ向いて大先生に近づいて行ったかと思ったら。
みのりん、2番の歌の入り忘れてましたねw
そのままマイクを客席に向けて、みんなに歌わせてましたw

そんなwみのりんだけど。
トモチャンにのせた思いはちゃんとわかりますよ!
ライブで好きになったトモチャン。
ライブで聞いてると、高揚感とともに何かが伝わってくる気がするんですよね。
言葉では言えないんだけど。

そしてライブはクライマックスへ!!


18曲目のFOOL THE WORLDは、問答無用のアニソンって感じで大好きです!
みのりんやっぱりカッコいい!カッコいいよ!!
サビの高音がさらに出てるようで、CDよりもさらにカッコいい!!!
この日のみのりん、調子よかったですよ~

ちなみにこの曲は、大サビで「ふ~るえるはー(ジャンプ!)とび~いぃと~」でジャンプします!
みんながしなくても私はします!!

19曲目のZONE//ALONEは、イントロ聞いただけで舞い上がりそうです!
そういえば、この曲はULTRA-Formation初披露で盛り上がりパートを担ってましたね。
2年たった今回のツアーでも山場で登場したことに、ちょっと感激。

そして、アニソン2曲できっちり山場を盛り上げて、このライブもついに終盤です。







なんか、まだ長くなりそうなので、明日に続きます。










スポンサーサイト

【2014/04/27 23:46】 | NEO FANTASIAツアー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。