茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩ライブから既に10日も経ってる・・・
今頃感想書いてるの私ぐらいだろうな・・・

っていうか既に記憶が薄れかけてる!
早く書かないとやばいです!!

急いで感想の続きを追記から!!!

















20曲目のNEO FANTASIAは、曲への強い想いを語ってから歌ってくれました。
この曲に出会えて本当に良かった。
みんなの力になる歌を歌いたいと。

正直、生演奏には向かない曲かなんて心配もしてたのですが。
カオスのようなイントロで大先生が生のバイオリンを演奏し始めた瞬間、そんなことはどうでも良くなって。
さらにケンケンが力強いフロアタムとバスドラの音を響かせ始めると、これ生で叩いてくれるんだと嬉しくなると同時に、あとはみのりんがどう歌ってくれるのかっていう期待が高まるだけで。

CDで聴いた時には、こんなのライブで歌えるのかなと心配してたんだけど。
みのりんの歌は、力強かったし熱かった。
ファンへの想いの強さなのか、アーティストとしての決意の熱さなのか。
もう、ブレードは消灯して、前の座席を掴んでのり出すようにして聞き入ってました。


歌が終わる瞬間、照明が暗転してみのりんの姿が消えライブ本編はおしまい。

すると、最初と同じ案内人の声(のみのりん)が。
NEO FANTASIAでは、みんなの想いが強ければ願いが叶うかもしれないって。

もちろんアンコールするつもりでしたよ!w
で、アンコールしてたらみのりんが登場~~!

ではなくて、映像が始まりました!
Planet:Valkyrieの第2話です!
第1話の君くれに続いて、どんな曲を使うんだろう?
って思ってたら、流れてきたのは新曲!!

タイトルは、物語と同じく「Little wing」
さわやかな感じの曲でした。
みのりんが作詞したそうです。

物語は、Type7らしき女の子の友達(こちらも女の子)が、自分で整備したマシンでフリーウェイを疾走していると、警察?のようなロボットたちが制止しに来るんだけど、無理やり振り切って走り抜けちゃう。
ところが、最後Type7はその女の子に別れを告げてどこかに行っちゃう。
「最後にあなたにあえて良かった」って言葉を残して。
Type7の胸には謎のマークが光ってるんだけど、見送った女の子の胸にも似たようなマークが光っている・・・
よくわからなかったんだけど、どうも、Type7がValkyrieになる前(なった直後?)のお話のようです。

と思っていたら、映像が終わるとみのりんの解説が始まりました。
今回は第1話のはるか昔、数百年前の物語だそうです。
Valkyrieには本人の意思でなること。
それはあまり「良いこと」ではないこと。
女の子は自分もValkyrieになったんだけど、まだType7に言えずにいること。
・・・を説明してくれたんだけど。

いまいちよくわかりませんでしたw
みのりん、何度も「説明がへたくそでごめんね」って言ってましたが。
大丈夫ですよ。みんな知ってますから!ww

そんなValkyrieの新展開に続いて。
なんと第1話の楽曲、君がくれたあの日がアンコールの1曲目に!!
クリパの映像内で新録音版を聞いたけど、ライブで聞くのはFC限定ライブから1年ぶり。
通常バージョンだとSSA以来!(今回は新録音版じゃなかったです。)
しかも今回はバックで第1話の映像を流してくれます!
みのりんの生歌で見れるとは贅沢!

でもね、スクリーンが舞台の左上にあるので、みのりんが歌ってる姿と一緒に見れないの。
見にくいよーーー!!!
がんばって左右の眼球を動かして見てましたけどねw


続くアンコール2曲目を歌う前に、みのりんからみんなにお願いが。
今年の春はお花見に行けなかった。
だから、みんなの力で桜を見せてほしいって。

桜といえば・・・Secret Season 〜桜色の恋人〜です!
当然会場はピンクのブレードで綺麗に染まりました!
この日一番きれいにブレードの色が揃ってましたよ。
君くれで熱く燃え上がった会場が、楽しく優しく爽やかな空気に一変です♪
本当いうと、アンコールで歌われるほどの人気曲だと思っていなかったんだけど。
この演出で、ライブのコンセプトにもしっくりときて、幸せな気持ちになれました。

なんだけど。
ここまで来て、なんだか胸がざわざわとしてきました。

あれ?!もうアンコール2曲終わり?
しかも、君くれの熱い流れからこんなホンワカムードに変わっちゃって。
まだ、パラロス歌ってないよ?タミネも!フリドリも!
Neverending Dreamもまだ歌ってないのに・・・

そしたら。

いつもの、
女の子~< >イェ~!、男の子~< >イェ~!
が終わったと思ったら、次で最後の曲、しまっていこーぜー!
だって!!!!!

パラロスもタミネもフリドリも歌わないの~~~?!?!
すっごーい!本当に歌わないんだー!!
でも、すっごい楽しいし、この曲が最後ならそれもいい!

アンコール3曲目はHYPER NEW WORLD!!!!!

もう、なんだかわけ分からなくなって、でも最高に楽しいハニワでした!!
最高でした!!!


って、あれ?みのりんがそのままステージから退場です??
いつものは???

??????ってなってたら。

再びスクリーンに映像が流れ始め、Neverending Dreamのイントロが・・・
そしていろんな?が解消されていくことに。

映像には、さっきまでのライブの様子が動画で映し出されていて、スタッフの仕事の速さに驚かされたのですが。
別の映像も。
それは、ライブ前に会場周辺にいたファンのみんなの様子。
そしてその中に私の顔もw

実はライブ前に会場前にいたら、スタッフの人がやってきてカメラで写させてほしいからみんな集まってと。
それで、列の一番前に立って写されたんだけど。
しかも動画で。(一眼だったから動画だと思わなかったよw)

ライブが始まってそんなことすっかり忘れていたのですが。
まさかみんなの前で、あんな大きく映し出されるとはw

でも、恥ずかしいっていうよりも、みんながライブに参加してるって気持ちがさらに強くなる感じでした。

同時に、みのりんの歌が入るまで長い時間がかかるこの曲を、どうやってライブで演奏するんだろうって疑問も同時に解消されました。
単なる時間処理ではなくて、ライブの一体感をさらに高めてくれる、素敵な演出だったと思います。

最後は、みのりんの心からのありがとうとさようならを受け取って、しっとりと、でも熱い気持ちでライブは締めくくられ。
もう一度CMBとダンサーのみんな=CMDがステージに戻ってきてフィナーレを迎えました。
ここの段取りも今までとは違うんだなーと思っていたら。

最後の最後だけは、いつもと同じ「大好き」で!



いろんなことが今までとは違う茅原実里ライブでしたが。
参加した人たちは、みんな大満足でした。
テーマパークっていうコンセプトとツアー初日の高揚感も相まって、とても幸せで満たされた気持ちになれるライブだったと思います。

ちょっと音響的にどうなの?って思うところはあったんだけど。

まあ、それは私の座席位置の問題もあったかもしれないので、次回に確かめたいなってことで。



そして次こそは、ちゃんと最初からメガネをかけて、細かいことも見逃さずに楽しみたいなーとw









スポンサーサイト


追記を閉じる▲








20曲目のNEO FANTASIAは、曲への強い想いを語ってから歌ってくれました。
この曲に出会えて本当に良かった。
みんなの力になる歌を歌いたいと。

正直、生演奏には向かない曲かなんて心配もしてたのですが。
カオスのようなイントロで大先生が生のバイオリンを演奏し始めた瞬間、そんなことはどうでも良くなって。
さらにケンケンが力強いフロアタムとバスドラの音を響かせ始めると、これ生で叩いてくれるんだと嬉しくなると同時に、あとはみのりんがどう歌ってくれるのかっていう期待が高まるだけで。

CDで聴いた時には、こんなのライブで歌えるのかなと心配してたんだけど。
みのりんの歌は、力強かったし熱かった。
ファンへの想いの強さなのか、アーティストとしての決意の熱さなのか。
もう、ブレードは消灯して、前の座席を掴んでのり出すようにして聞き入ってました。


歌が終わる瞬間、照明が暗転してみのりんの姿が消えライブ本編はおしまい。

すると、最初と同じ案内人の声(のみのりん)が。
NEO FANTASIAでは、みんなの想いが強ければ願いが叶うかもしれないって。

もちろんアンコールするつもりでしたよ!w
で、アンコールしてたらみのりんが登場~~!

ではなくて、映像が始まりました!
Planet:Valkyrieの第2話です!
第1話の君くれに続いて、どんな曲を使うんだろう?
って思ってたら、流れてきたのは新曲!!

タイトルは、物語と同じく「Little wing」
さわやかな感じの曲でした。
みのりんが作詞したそうです。

物語は、Type7らしき女の子の友達(こちらも女の子)が、自分で整備したマシンでフリーウェイを疾走していると、警察?のようなロボットたちが制止しに来るんだけど、無理やり振り切って走り抜けちゃう。
ところが、最後Type7はその女の子に別れを告げてどこかに行っちゃう。
「最後にあなたにあえて良かった」って言葉を残して。
Type7の胸には謎のマークが光ってるんだけど、見送った女の子の胸にも似たようなマークが光っている・・・
よくわからなかったんだけど、どうも、Type7がValkyrieになる前(なった直後?)のお話のようです。

と思っていたら、映像が終わるとみのりんの解説が始まりました。
今回は第1話のはるか昔、数百年前の物語だそうです。
Valkyrieには本人の意思でなること。
それはあまり「良いこと」ではないこと。
女の子は自分もValkyrieになったんだけど、まだType7に言えずにいること。
・・・を説明してくれたんだけど。

いまいちよくわかりませんでしたw
みのりん、何度も「説明がへたくそでごめんね」って言ってましたが。
大丈夫ですよ。みんな知ってますから!ww

そんなValkyrieの新展開に続いて。
なんと第1話の楽曲、君がくれたあの日がアンコールの1曲目に!!
クリパの映像内で新録音版を聞いたけど、ライブで聞くのはFC限定ライブから1年ぶり。
通常バージョンだとSSA以来!(今回は新録音版じゃなかったです。)
しかも今回はバックで第1話の映像を流してくれます!
みのりんの生歌で見れるとは贅沢!

でもね、スクリーンが舞台の左上にあるので、みのりんが歌ってる姿と一緒に見れないの。
見にくいよーーー!!!
がんばって左右の眼球を動かして見てましたけどねw


続くアンコール2曲目を歌う前に、みのりんからみんなにお願いが。
今年の春はお花見に行けなかった。
だから、みんなの力で桜を見せてほしいって。

桜といえば・・・Secret Season 〜桜色の恋人〜です!
当然会場はピンクのブレードで綺麗に染まりました!
この日一番きれいにブレードの色が揃ってましたよ。
君くれで熱く燃え上がった会場が、楽しく優しく爽やかな空気に一変です♪
本当いうと、アンコールで歌われるほどの人気曲だと思っていなかったんだけど。
この演出で、ライブのコンセプトにもしっくりときて、幸せな気持ちになれました。

なんだけど。
ここまで来て、なんだか胸がざわざわとしてきました。

あれ?!もうアンコール2曲終わり?
しかも、君くれの熱い流れからこんなホンワカムードに変わっちゃって。
まだ、パラロス歌ってないよ?タミネも!フリドリも!
Neverending Dreamもまだ歌ってないのに・・・

そしたら。

いつもの、
女の子~< >イェ~!、男の子~< >イェ~!
が終わったと思ったら、次で最後の曲、しまっていこーぜー!
だって!!!!!

パラロスもタミネもフリドリも歌わないの~~~?!?!
すっごーい!本当に歌わないんだー!!
でも、すっごい楽しいし、この曲が最後ならそれもいい!

アンコール3曲目はHYPER NEW WORLD!!!!!

もう、なんだかわけ分からなくなって、でも最高に楽しいハニワでした!!
最高でした!!!


って、あれ?みのりんがそのままステージから退場です??
いつものは???

??????ってなってたら。

再びスクリーンに映像が流れ始め、Neverending Dreamのイントロが・・・
そしていろんな?が解消されていくことに。

映像には、さっきまでのライブの様子が動画で映し出されていて、スタッフの仕事の速さに驚かされたのですが。
別の映像も。
それは、ライブ前に会場周辺にいたファンのみんなの様子。
そしてその中に私の顔もw

実はライブ前に会場前にいたら、スタッフの人がやってきてカメラで写させてほしいからみんな集まってと。
それで、列の一番前に立って写されたんだけど。
しかも動画で。(一眼だったから動画だと思わなかったよw)

ライブが始まってそんなことすっかり忘れていたのですが。
まさかみんなの前で、あんな大きく映し出されるとはw

でも、恥ずかしいっていうよりも、みんながライブに参加してるって気持ちがさらに強くなる感じでした。

同時に、みのりんの歌が入るまで長い時間がかかるこの曲を、どうやってライブで演奏するんだろうって疑問も同時に解消されました。
単なる時間処理ではなくて、ライブの一体感をさらに高めてくれる、素敵な演出だったと思います。

最後は、みのりんの心からのありがとうとさようならを受け取って、しっとりと、でも熱い気持ちでライブは締めくくられ。
もう一度CMBとダンサーのみんな=CMDがステージに戻ってきてフィナーレを迎えました。
ここの段取りも今までとは違うんだなーと思っていたら。

最後の最後だけは、いつもと同じ「大好き」で!



いろんなことが今までとは違う茅原実里ライブでしたが。
参加した人たちは、みんな大満足でした。
テーマパークっていうコンセプトとツアー初日の高揚感も相まって、とても幸せで満たされた気持ちになれるライブだったと思います。

ちょっと音響的にどうなの?って思うところはあったんだけど。

まあ、それは私の座席位置の問題もあったかもしれないので、次回に確かめたいなってことで。



そして次こそは、ちゃんと最初からメガネをかけて、細かいことも見逃さずに楽しみたいなーとw









スポンサーサイト

【2014/04/29 21:14】 | NEO FANTASIAツアー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。