茅原実里さんを応援するおじさんの日記です。その他にも日常の“ちょいオタ”な話題を綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEO FANTASIAツアー横浜公演に行ってきました!

ってもう1週間経過ですね。
月曜日の仕事を休んだ代償は大きく、ブログ書けませんでした。

そして、一昨日にはみのりんの重大発表会見があり、日本武道館公演を始めとした10周年イベントが一気に発表され、既にNEO FANTASIAツアーは過去のことのようです。

それに、これまでの東京・名古屋・大阪公演の感想も書いてきたので、本当に横浜で想った事だけ書いておきたいと思います。

今回こそ本当に「感想」だけの情報なしかも。



○ NEO FANTASIA
 本編最後の曲、NEO FANTASIA
横浜公演の感想として、この曲を絶賛する方が多かったようですね。

初日東京公演から良かったとは思っていたのですが。
公演を重ねるごとに、歌も演奏も照明も、全てが練り上げられていったような印象があります。
横浜公演で初めて見た方は、最高の状態を見ることが出来て幸せかも。
でも、わずか4公演の間に曲が成長する様を見届けられた私も、かなりの幸せかも。

また、この曲はこれからの茅原実里の方向性に大きな影響があると思います。
音域が大きく上がったりするのはこれまでの曲と同じなのですが。
サビとかの盛り上がる部分でも、結構低音~中音域の力強さを活かしてる気がします。
みのりんとしては、あまり喉を締めすぎることなく豊かな声を出せる音域だと思うし。
カラオケでは尾崎豊や中島みゆきを歌ってるというみのりんとしては、一番自分らしい歌が歌えるんじゃないかなと。
実際、これまでにない力強さと広がりの感じられる歌でした。
新たな地平を切り開こうとする詞の内容ともピッタリだったし。

まあ、今回のツアーのコンセプトありきの曲かもしれないので、この曲自体が頻繁に歌われるようになるかどうかわかりませんが。
でも、是非とも、今後もこういう方向性の曲を歌ってほしいと思いました。

あっ、もちろん、みのりんのカワイイ声で歌う曲や、ソリッドな高音で上り詰めていくような曲も大好きなんですよw


○ 成長
 横浜では「3!2!1!ハッスル!ハッスル!」からの「1!2!3!ダー!」と、大阪以上に荒ぶるMCを見せた大先生w
さらには大阪に続いて、謎のギタリストとしてLush march!!を盛り上げて、みのりんから「5年前はこんな人だとは思わなかったよ!」とお褒めのお言葉wをいただいていましたwww
そう、Paradeツアー追加公演となった5年前のパシフィコではストリングス隊を率い、「みのりんはみんなの日曜日」なる心温まる明言を残したシャイなバイオリニストだったはずなのですが・・・

ただ、やっぱり芸術家・室谷光一郎は凄かった。
NEO FANTASIA冒頭のバイオリンソロ。
これまでの3公演以上に鋭く、重く、カッコよく。
ド迫力でした!
この出だしで、この日のこの曲の高評価は約束されていたと思います。

でも。

おそらく、5年前のみのりんなら、過去3公演でもリハーサルでも見せなかったであろう、このド迫力のソロを受け止めきれなかったと思う。
そう、人格が変わったのかと思うほどの変なwMCと同じく。

みのりんの成長を実感している大先生だからこそ、羽目を外したMCも出来れば、リミッターを振り切ったかのような演奏もできるんじゃないかと。

そんなことを感じていました。


○ あ、変わってる!
 みのりんのMCって、基本ツアーを通してずっと同じでしたよね。
これまでのツアーでは。
このツアーでも大阪まではそうだったんだけど。
最終横浜にきて、急にちょこちょこ違うことを言ってました。

Lonely Dollでみんなに心配されて、私は元気だよーのくだりは丸ごと無かったし。

大阪まで続けてた、CMBとの「ポップコーンは食べた?」「まだー」ってくだりを続けるためにポップコーンを隠してたのに、斎藤PがCMBに食べさせちゃったとか。

5/16の重大発表について頑なに何も言わなかったのに、さすがに最終公演だからってことで7月の新曲発売を発表したわけですが、そこにいたるやりとりがw
「知りたい?」「知りたーい!」「知りたい?」「知りたーい!」「教えてあげなーい♡」とかw
「知りたい?」「知りたーい!」「知りたい?」「知りたーい!」「禁則事項です♡」とかw
遊びまくってましたwww


みのりん自身のMCも成長してるなーと。



○やっぱりねぇ
 でも、この日のMCで一番記憶に残ったのは、大先生でもみのりんでもなく。
ようちゃんですw
この日は5月11日。
そう母の日です。
ステージの上からお母さんへの感謝を伝えるなんて。
これで好感度アップ的な茶化しも入れてましたが。
この人やっぱり優しいっていうか暖かいっていうか。
好青年過ぎますね。

この日は、大阪までとは違って機材トラブル?のようなことも無くて、カッコいいギターをガッツリ聞かせてくれました!
是非、次のライブでもようちゃんにギター弾いてほしいです。


○ インスト
 今回のインストは、キーボードのじゅんぺーさんが作曲してくれたんですね。
この曲、冒頭はゆったりと始まって、途中からテンポが変わって激しく盛り上がるんだけど。
その変わる瞬間のメロディーが、T-SquareのOmens of Loveって曲を思わせるんですよ。
フュージョン大好きなおじさんにとっては、ぐわっと血が燃え上がるような瞬間でした。


○ きせきのきひんせき
 横浜公演は2階席でした。

が!

ほぼ中央の席で前から4列目。
3列目までは招待席らしく、みなさんご着席。
しかも私の前とその左右は何故か空席。

立って良し!座ってよし!ブレード全力で振り放題!
さらに、私の隣の隣も空席だったので余裕持って跳び放題!

ステージ全体が見渡せるので、ダンスのフォーメーションが良く見えるし。
音のバランスも良くて、Planet Varkylieの映像流してる時も、Little wingの歌詞が良くわかった!

さらにさらに。
2階席だからってことで、ライブで初めてオペラグラス用意してて。
MCの時に表情が良く見えたのは予想通りでしたが。
Lonely Dollと真白き城の物語でステージの上段に上がって歌う時、2階席中央がほぼみのりんの視線上に来て!
みのりんがずっとこっち見て歌ってる(オモイコミヽ(^。^)ノ
せつないアトラクションコーナーのせつない表情を堪能できました!
みのりん自身の表情だけじゃなくて。
真っ白だけどラメの入った衣装が照明に照らされていろんな表情を見せてくれるのも堪能できましたよ!

全く期待してなかった2階席でしたが、奇跡的に最高のエンターテイメントを楽しめる席だったなーと思ったのでした。














スポンサーサイト

【2014/05/18 23:13】 | NEO FANTASIAツアー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。